メールマガジンバックナンバー

vol.379 銀行当たりはずれの巻~ 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『喜望大地・会長:洲山・事業再生・事業承継・M&Aコラム』
vol.379 2016年2月24日号 発行部数22,137部

「永遠に存続成長する『富士山経営戦略レポート』」

今回のテーマは、「銀行当たりはずれの巻~ 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永遠に存続発展する『富士山経営』を提唱推進し、
『地獄に仏』と感謝され、社長と企業の成長をサポートする
洲山(しゅうざん)です。

LCC(ローコストキャリア)の雄であり、関西経済の救世主とも言われる
ピーチの井上社長の講演会に参加しました。
実績とビジョンが、凄いです!!!

⇒ 続きは、編集後記で、

洲山セミナーのお知らせです。
事業承継・事業再生・M&Aをお考えの経営者にお勧めです。

日時:2月25日(木)・3月24日(木)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

日時:3月17日(木)14:00~16:00
場所:各線『名古屋駅』徒歩3分
名古屋市中村区名駅4-5-27 大一名駅ビル3F(1F JTB)

日時:3月23日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

名古屋駅オフィスパーク名駅プレミア会議室 307室

さて、本号は大阪本社・常務執行役員の
浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー、宮内正一が、
銀行との付き合い方を熱く語ります。

回りでやたらインフルエンザが流行っております。
私にもその兆候がチラホラ…という中での原稿書き…
皆様、くれぐれも注意しましょう。

今回のネタは「銀行当たりはずれ」の巻~

私はNHKの朝ドラを見てから出勤するのがパターンなのですが、
劇中「銀行は志ある者を支援する」みたいなセリフがありますよね。
行員教育に力を入れるシーンもありますし、まさに日本近代黎明期の美談!

しかしながら現在の銀行現場、少々ハズレのお話をみかける事があります。

あくまで一部ですが、中小零細企業にとって、取引銀行がハズレの場合、
企業の存亡にかかる大事件になりかねません。

その1…担当者がハズレのパターン

1.リスケ中のA社
・最終期日1ヶ月半前に経営改善計画を提出し、条件変更を依頼
・計画書の中身は何ら問題無しにも関わらず、
 期日に間に合わないときは延滞利息を付けると言い張る担当者

2.増加運転資金を依頼したB社
・1-2ヶ月後に増加運転資金の必要がある事を担当者に依頼し、資料提出
・必要時期直前になっても音沙汰なし
・当方から問い掛けると「正式な申し入れは聞いてない」との一点張り

いずれも私のクライアントで経験した実体験です。
現実には1.2.とも問題にならないよう対処しましたが、
気分の悪いハナシです。

一般的にこのような事態を避けるには、
支店長、又は融資責任者を巻き込む事です。
銀行の稟議書は担当者が起案する、という建前がありますので、
融資関係の申し入れは担当者にするしかないですが、
同時に支店長又は融資責任者に対し
「○○君に○○の事案をお願いしているので、宜しくお願いします」
と声をかければ、ほとんど回避できる話と思われます。

とはいえ、こんな担当者は早く転勤してもらいたいものですよね~。

その2…支店がハズレのパターン

3.銀行が作った経営改善計画書を強要されたC社
・これも近頃散見される事象です
・支店成績を下げたくない為、取引先にとって出来もしない経営改善計画を
 銀行が作成し、無理にハンコを押させるパターン

4.計画書内容は了承するも、元金返済増額だけを主張されたD社
・計画書通りであれば、理論上返済不可能な元金返済額。
 了承すれば、当然破綻へ至る可能性大

やはり3.4.も私のクライアントで実際にあった出来事です。
…因みに当該事案は波風立たせず解決済です(^^)/

これらの横暴は支店レベルですから、
対処方法が前述の担当者レベルとは大きく異なります。
一言で言えば、銀行本部を巻き込む事で対処すべきです。

銀行のホームページには必ず、苦情相談窓口のTELNO.が掲載されています。
「所詮同じ銀行やから苦情言うても仕方ないんちゃう?」
と思われるのは大間違い。これが結構ちゃんと話を聞いてくれます。

あくまで支店と別個の独立部署ですし、
金融庁が銀行検査に入った際は
「苦情処理の適切対応」がチェックされています。

私のクライアント場合でも、相談窓口に連絡を入れた後、
支店の担当者が借りてきた猫のように大人しくなる、
のを何度も経験しました。

「銀行員が言うのはしゃあない」と思って諦めている社長。
常識的に考えて「おかしい」と思われるものは
必ず問題があると考えましょう。

「志あるものを支援するのが銀行」と言っても、
銀行員の全てが朝ドラのような訳ありません。
自社を守る自衛方法は、ちゃんと身に着けておきたいものです。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

10周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営戦略』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」
です

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:3,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「事業再生家」プレゼント)+個別無料相談タイムを用意しています。

日時:2月25日(木)・3月24日(木)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

日時:3月17日(木)14:00~16:00
場所:各線『名古屋駅』徒歩3分
名古屋市中村区名駅4-5-27 大一名駅ビル3F(1F JTB)
名古屋駅オフィスパーク名駅プレミア会議室 307室

日時:3月23日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室

「一般社団法人社長の夢を実現する支援センター」は、
「赤字や倒産をゼロにしよう!」と言う強い使命・志のもと、
経営情報の発信や会員企業のビジネスマッチング・異業種交流の場の
提供を通じて、社長の夢の実現を支援致します。
入会金・会費すべて無料なので、お気軽にご参加下さい。

https://www.sipstool.com/nbckikakubu/anq/index.php?p=20160129143127

問合せ先:大阪本本社  TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-69-8888

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました。

ピーチの快進撃を数字で示すと、
1.就航率99.1%
2.搭乗率85.9%
3.定時就航率78.3%
4.旅客数3年半で累計1,200万人

その脅威の安さは、
1.関空-札幌:4,890円~
2.関空-成田:3,690円~
3.関空-那覇:4,890円~
正しく、『空飛ぶ電車』の価格ですね!(^^)!

2008年頃は、「沈む関空 視界ゼロ?」とマスメディアに報道され、
お先真っ暗状態が、ピーチ就航で関空を救い、インバウンドの爆買いで、
関西経済が潤っています。関西経済の救世主となっています。
当日の画像は、FaceBookにて、公開しています。
ピーチの益々のご活躍を祈念します(^^♪

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-69-8888

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vo l.44 消費者金融大手の過払い金関連費用は、ナ、ナント1…
  2. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.278 参議院議員年収3,380万円に値する活動を願って…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.29 リスクマネージメントノウハウその11 公正証書契約…
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー 号外 資金繰りの悩みから解放される方法~洲山が語る資金調達と事業…
  5. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.357 金融庁ニュース解説と銀行との付き合い方 特集号
  6. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.307 外国人労働者受け入れの機会を活かすには 特集号
  7. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.416 中小零細企業の銀行取引防衛術の巻 特集号
  8. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.404 『不良品削減ノウハウ』を考察します 特集号
PAGE TOP