メールマガジンバックナンバー

vol.395 実力利益20%超の優良企業へ 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.395 2016年7月20日号 発行部数22,137部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「実力利益20%超の優良企業へ 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える悩める社長の救世主
洲山(しゅうざん)です。

梅雨明けの声が聞こえてきましたね。

さあ、夏本番ですが、
昨日は大分で、熱中症になりそうでした(>_<) ⇒ 続きは、編集後記で、 洲山セミナーのお知らせです。 事業承継・事業再生・M&Aをお考えの経営者にお勧めです。 8月は、セミナー開催しませんので、 お盆までに生き残り戦略を考えたい社長はご参加ください。 日時:7月21日(木)14:00~16:00 場所:JR線『名古屋駅』桜通口徒歩5分 ウインクあいち 日時:7月26日(火)15:00~17:00 場所:JR品川駅高輪口徒歩3分 東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F 喜望大地東京本部会議室 日時:7月27日(水)15:00~17:00 場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分 大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F 喜望大地本社会議室 さて、本号は、製造業V字回復コンサルタントこと 東京本部常務執行役員 石井 博が、 実力利益20%超の優良企業へ を熱く語ります。 今回のテーマは、 『製造業V字回復の軌跡(EBITDA率20.0%超の優良企業へ)』 と題して、最近セミナーのスピーカーとして上記題目について ご説明させていただいておりますので、 メルマガでも簡単にセミナー内容について ご説明させていただきたいと思います。 前回のメルマガでは、 『部品別EBITDA管理計表』から部品別に儲かっているか否か、 EBITDAが黒字か赤字か、赤字であれば何をどのように 改善・改革するのかのポイントをつかむために計表を 活用していただければよい旨、ご説明させていただきました。 今回のメルマガは、『部品別EBITDA管理計表』 より 改善・改革するポイントは明確になったが、 実際に改善・改革していくのは現場の方々の仕事ですから、 いかに現場の方々にやる気になっていただき、 いかに現場の方々を燃える集団に変革させていくのか、 ということについてご説明させていただきたいと思います。 ご支援しているクライアント先には、 常に申し上げていることですが、マネジメント層の方々だけが 事業再生させる意志・意欲があっても、 実際に実作業をしていただくのは現場の方々ですから、 いかに現場の方々を巻き込み事業再生に取り組んで いただく必要があるのかを常に申し上げております。 小職が実家で事業再生していた時に実施していた方法で、 現在ご支援しているクライアント先でも概ね同様な手法で 現場の方々(現場管理者の方々)を交え打ち合わせの場を 持たせていただいております。 では、どの様にして現場の方々(現場管理者の方々)を 巻き込んでいるのか、について ご説明させていただきたいと思います。 現場の方々(現場管理者の方々)を巻き込んでの 打ち合わせでは、大きく4つの項目について ご説明させていただいております。 1.損益計算書の構造をご理解していただく 2.製造原価の構成をご理解していただく 3.月次残高試算表を開示して内容をご理解していただく 4.毎月末に現物在庫の棚卸を実施していたく意味をご理解していただく 1.損益計算書の構造をご理解していただくとは、  自ら現場で作業していることが損益計算書のどの勘定科目に  ヒットするのかを把握していただき、  時間当たりの出来高を増やすこと、不良率を低減させること、  張り付いている人員を削減すること等が  製造原価低減に寄与することをご理解していただき、  説得するのではなく、理解、胎落ちしていただくまで  何度となくご説明させていただいております。 2.製造原価の構成をご理解していただくとは、  各勘定科目の定義を社内共通言語として、  特に製造原価の内訳は、材料費、労務費、外注費、  その他製造経費…、と 『そらで言える』 状態にする  ところまでご説明をさせていただいております。 3.月次残高試算表を開示して内容をご理解していただくとは、  翌月営業日中旬(目標は翌月営業日5日)には、  前月の損益結果である残高試算表を開示して、  現時点での会社の状況を把握していただくようにしております。  『部品別EBITDA管理計表』 をもとに、  部品別に改善・改革を進めていけば間違いなく損益は  よくなるはずですから、  毎月残高試算表の数字を見ることが楽しくなると思います。 4.毎月末に現物在庫の棚卸を実施していただく意味を  ご理解していただくとは、  実施後数ヶ月はカウントし忘れ、ダブル計上等の不具合が  発生すると思いますが、毎月末に現物在庫の棚卸を  していただくことで、現場の方々も数え易いように  工夫をし始めると思います。  そうなると、5Sの整理・整頓・清潔を心がける様になり、  5Sの本来の意味をご理解いただけるようになると思います。 結論として、 事業再生を成し遂げるためには、 1.マネジメント層の強い意志・意欲が必要である 2.生半可の気持ちではなく、死ぬ気で事業再生に取り組む 3.従業員の方々を巻き込み、当事者意識を持たせる 現場の方々を巻き込み事業再生に取り組んでいただければ、 必ず事業再生は成し遂げられると自らの経験、体験から自負しております。 小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。 私たち喜望大地のコンサルタントは、 いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。 お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。 創業11周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。 このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、 笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。 『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!! 前進しましょう!』 いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、 ご相談はお気軽に! お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー) ─────────────────────────────────── ■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典 延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る ─────────────────────────────────── ■洲山セミナー「借金があっても事業承継」 『富士山経営戦略』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」 洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な 事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」 悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。 会費:3,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+ 「あなたの会社をお救いします」プレゼント)+ 個別無料相談タイムを用意しています。 日時:7月21日(木)14:00~16:00 場所:JR線『名古屋駅』桜通口徒歩5分 ウインクあいち 日時:7月26日(木)15:00~17:00 場所:JR品川駅高輪口徒歩3分 東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F 喜望大地東京本部会議室 日時:7月27日(水)15:00~17:00 場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分 大阪市北区芝田2-8-7 喜望大地会議室 問合せ先:大阪本社 TEL:06-6372-1313 担当:吉田 フリーコール:0120-69-8888 ─────────────────────────────────── ■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中! 30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、 経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則! ─────────────────────────────────── 著書のお知らせ: ■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載 洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」 ⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

昨夜は、大分市内から、国東半島の大分空港近くまで、
4件訪問しながら車で移動しましたところ、
普段は車に乗らないので、車中の高温とエアコンの風への
免疫がなく、熱中症寸前の危機でした。

皆様も暑さとエアコンの風に気を付けましょう。

窮境人生からの脱出を目指す経営者は、
セミナーにご参加ください。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-69-8888

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.274 製造業の皆様、現場にてグループ長は作業に従事して…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.76 ブリッジとしての機能による、再生支援作戦! 特集号…
  3. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.377 製造業V字回復の軌跡 特集号
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.310 製造業の皆様、運搬のムダを意識して改善・改革に取…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.105 事業再生のスタート地点はどこからか? 特集号
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.313 三浦雄一郎のチャレンジ魂に学ぶ 特集号
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.229 製造業の皆様、設備管理は実施されていますか? 特…
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.388 事業再生、最後はヒトやな~ 特集号
PAGE TOP