メールマガジンバックナンバー

vol.397 SMAP解散! それがなにか?を論評します 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.397 2016年8月22日号 発行部数22,137部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「SMAP解散! それがなにか?を論評します 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える悩める社長の救世主
洲山(しゅうざん)です。

いよいよ台風シーズンですね。

風と大雨の対策は怠らず、
まさか、 に備えましょう。

名古屋で100年を超える老舗料亭蔦茂で、
歴史の重みを感じました。

⇒ 続きは、編集後記で、

洲山セミナーのお知らせです。
事業承継・事業再生・M&Aをお考えの経営者にお勧めです。
8月は、セミナーお休みして、
9月からは、バージョンアップしたセミナー開催します。

日時:9月27日(火)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

日時:9月28日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

日時:10月20日(木)14:00~16:00
場所:各線名古屋駅 桜通口徒歩5分
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
ウインクあいち

さて、本号は、ナニワの熱血評論家こと
大阪本社 常務執行役員 神崎和也が、
人気アイドルグループの解散騒動の本質を斬ります。

今回のテーマは、

『SMAP解散! それがなにか?』

お盆の最中、ベッドに寝ころび、
錦織VSマリーの熱戦を見ていた時、
TV画面上部に『SMAP解散』とテロップが流れた。
『それがどうした。』『そやからなんやねん。』
また明日からマスコミがはしゃぎだすやろなぁ、
とうんざりしたのを憶えています。

そもそも、こんな事、速報で流すようなことでしょうか?
40を超えたおっさん5人組が解散しようがどうしようが
自分たちで決めたことなのだから放っておいたらええがな。

こいつらは今年の初めにも辞めるや辞めへんで大騒ぎ。
衆議院予算委員会で阿保な民主党議員が安倍首相に
このことでコメントを求めたり、
石破茂地方創成担当大臣が
『キャンディーズの解散に匹敵するくらい大きな出来事だ!』との
コメントをだしたのはお茶目なところをアピりたかったからでしょうか。

しかし、私は声を大にして言いたい!
『キャンディーズと一緒にすな!!!!!』
彼女達は一人一人がじっくりと考え、
みんなで十分話し合った結果、ステージ上で解散宣言をし、
その後一切ぶれる事はありませんでした。

しかし、SMAP君達は周りの利害関係者から
色々プレッシャーをかけられブレブレ、
解散は撤回するは、TVで公開謝罪はするは、
みっともないったらありゃしない。

NHKまでがテロップを流し、異例の臨時ニュース。
案の定、翌15日のTV、新聞、NET上はこの
SMAP解散報道一色である。

またどっかのアホが、『世界に一つだけの花』の購買運動を始めたらしい。
あの、『No.1になれなくていい、もともと特別なOnly one』
とかいうゆとり世代向けの蓮舫テーマソングである。

しかし、メンバーが嫌々やってるのを見てて何が面白いのでしょう。
これが、10代のアイドルだったら、
まだ自分達で判断できる状態ではないとか、
先行投資したものが回収できていないとか、
事務所の都合とかいろいろあるかもしれませんが、
もう25年近く第一線でやってきたのだから、
本人たちを含め、
関係者たちはお腹いっぱいになっているはずです。

多分、ゲップだけでも数億円になるんじゃないですか。
もうええやん、ほっといたりぃや。好きにしてください。

と、ここまで書いていたら、TVから
『韓国の国会議員団が竹島へ上陸』とのニュースが流れてきました。

こいつらはいったい何なんだ!
日本の国会議員が靖国神社へ参拝する事には必死で
ギャーギャー文句を言うくせに、自分達は日本に対して何を言っても、
何をしても許されると勘違いしている。
内政干渉もいいところである。

安倍首相も、ちょっとは期待していた稲田防衛大臣も参拝しないと言う。
こら、稲田!海外出張で参拝できないって、そんなん言い訳やろ。
この時期にわざと出張を入れたくせに!
日本人の8割はあなたの姿勢に共感していたのに、
ここまで来て日和見するなんて見損なったぜ!

菅官房長官も『極めて遺憾である。』との
ワンパターンのフレーズを繰り返し、
取り敢えず抗議したというポーズを取る。

しかしそんなステレオタイプの対応では、
面の皮の厚い奴らには屁のツッパリにもならない。
百の言葉より、一つの行動で示して頂きたい。

外交は、舐められたら終りやで。
一歩引いたら二歩踏み込んでくる奴ら相手に、
日本人の『相手の気持ちを忖度する。』
というのは通用しないことを過去の事例から学んでください。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業11周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営戦略』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:3,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「あなたの会社をお救いします」プレゼント)+
個別無料相談タイムを用意しています。

日時:9月27日(火)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

日時:9月28日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

日時:10月20日(木)14:00~16:00
場所:各線名古屋駅 桜通口徒歩5分
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
ウインクあいち

問合せ先:大阪本社 TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

名古屋の老舗料亭蔦茂において、
歴史的な会議がありました。
大正2年創業されて、103年の老舗料亭の
風情漂う数寄屋造りの和室にて、
歴史的な会議を開催しました(*^_^*)
ターニングポイントとなる記念日に相応しい
会場でしたから、また利用したいですね(^o^)
歴史的な建造物は、安易に取壊したりせずに、
大切に永く使う工夫が嬉しいですね。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.236 オリンピックを楽しみましょう! 特集号
  2. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.228 生活保護の闇に迫る、社会派コラム「どうせただやか…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.101 洲山処女作「銀行にカネは返すな!刊行記念トークシ…
  4. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.286 人手不足の実感 特集号
  5. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.302 記録的な大雪被害に対するTwitterによるリス…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.340 破産覚悟から事業承継し、5千万円の純資産確保し、…
  7. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.440 中小企業にこそチャンスの話 特集号
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.180 なぜ社員は社長の言う事を聞かないのでしょうか? …
PAGE TOP