メールマガジンバックナンバー

vol.399 品質管理部担当者の心得 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.399 2016年9月8日号 発行部数22,137部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「品質管理部担当者の心得 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える悩める社長の救世主
洲山(しゅうざん)です。

今話題の映画『シン・ゴジラ』を笑いながら鑑賞しました。
特撮技術の素晴らしさと、見慣れた東京のビルが次々と破壊される様を―――

⇒ 続きは、編集後記で、

洲山セミナーのお知らせです。
事業承継・事業再生・M&Aをお考えの経営者にお勧めです。
9月からは、バージョンアップしたセミナー開催します。

日時:9月27日(火)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

日時:9月28日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

日時:10月20日(木)14:00~16:00
場所:各線名古屋駅 桜通口徒歩5分
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
ウインクあいち

さて、本号は、喜望大地東京本部 常務執行役員 石井博が、
「品質管理部担当者の心得」を分かりやすく解説します。

ご支援している製造メーカー様で最近、得意先からのクレーム
および工程内での不良等が多発しており、
再発防止に努めているが一向によくなる気配がない、
品質が安定しない、どうすればよいか、
とのお問い合わせを受けました。

そこで、前回のメルマガは、
『製造業 不良を削減させるためには、品質を安定させるためには』と題して
小職の考える不良削減方法、品質安定化方法についての見解を
記載させていただきました。

今回は、品質管理部の担当者として何をどの様に管理していく必要があるのか
についてご説明させていただきたいと思います。

ご支援しているクライアント先では暫定的に出荷検査時に
検査要員を増員して、不良品を流出しない様に努められておりますが、
この状態を未来永劫続けるわけにはいきません。
出荷検査要員を増員しているわけですから、
見積り以上の労務費が発生し、製造原価が高騰し、
結果、売上総利益(粗利益)が低減してしまいます。
出荷したらしただけ、売上高には寄与しますが、
営業利益にて赤字幅が増していくことになるかもしれません。

では、品質管理部の担当者としては何をすればよいのか、
これが『正解』ということではありませんが、
どの工程で不良を出すのかを見極め、
その工程内で加工した部品の統計的品質管理をしていくことを
多くの製造メーカー様では実施されていることだと思います。

統計的品質管理とは、決して難解な統計学を用いることではなく、
むしろ、なるべく平易な手法を用いて、技術的に解決困難な問題を
分析することを目的としているようです。

問題を解決する順番としては、
まず不良要因のデータを収集してヒストグラムをつくり、
製品の品質特性の分布の状態を把握することから始まり、
さらに、特性要因図をつくり、
これに対してパレート図をつくることにより、
特性要因図中の各項目に重みをつけることなどが行われます。
また、工程を安定させる方法としては
Xバー-R管理図が用いられ、品質の保証を確実にするためには
抜取検査が適用されることが多いようです。

それでは、工程を安定させるためのXバー-R管理図について
簡単に概要からご説明させていただきます。
工程を安定した状態に保つために、上方と下方に管理限界点を設けて、
管理状態がこの内側にあり安定しているか、
それとも管理限界点を超えている異常な状態なのかを見分けます。

異常値が発生した場合には、
暫定的な対策と恒久的な対策を講じる必要がある、といことです。

統計的品質管理手法を使用して不良を軽減させることも重要ですが、
現場作業員の方々へ不良に対して意識付けも同様に重要だと思います。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業11周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営戦略』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:3,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「あなたの会社をお救いします」プレゼント)+
個別無料相談タイムを用意しています。

日時:9月27日(火)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

日時:9月28日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

日時:10月20日(木)14:00~16:00
場所:各線名古屋駅 桜通口徒歩5分
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
ウインクあいち

問合せ先:大阪本社 TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

話題の映画『シン・ゴジラ』は、特撮技術の進化の感心しつつ、
想定外の出来事が発生した際のパニック時での政治家の実像・
縦割りの官僚組織・役に立たない御用学者等の姿と
日本の産業の底力を垣間見る明るい話と、
東京のランドマークと言える誰もが知っているビルが
次々破壊されるシーンなど見どころ満載です。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.5 『ピンチをチャンスに変える』鉄則! 「連帯保証人引受…
  2. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.345 トマ・ピケティの「21世紀の資本」書評 特集号
  3. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.368 社長はみんな知っている!の巻 特集号
  4. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.176 ABLを知っていれば、資金繰りは廻ります♪♪ 特…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.374 平成27年有難うございました 特集号
  6. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.448 私の読書法いや違う、選書法 特集号
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.418 品質安定に層別分析を活用しよう 特集号
  8. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.335 集客ノウハウのヨコ展開コラボ作戦にて、解く 特集…
PAGE TOP