メールマガジンバックナンバー

vol.402 金融庁のレポートをこう読む 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.402 2016年9月26日号 発行部数22,137部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「金融庁のレポートをこう読む 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える悩める社長の救世主
洲山(しゅうざん)です。

金融庁の方針が大きく変わり、
銀行本来の融資機能の強化に舵を切ったようです。
森信親・金融庁長官が剛腕を揮う、金融改革とは何か。

⇒ 続きは、編集後記で、

洲山セミナーのお知らせです。
事業承継・事業再生・M&Aをお考えの経営者にお勧めです。
9月からは、バージョンアップしたセミナー開催します。

日時:9月27日(火)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

日時:9月28日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

日時:10月20日(木)14:00~16:00
場所:各線名古屋駅 桜通口徒歩5分
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
ウインクあいち

中小零細企業の経営者限定!
「自ら主導権を握り、銀行とわたりあうテクニック!
経営者自らが未来を切り拓く実践セミナー」
日時:10月13日(木)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

経営者のための特別セミナー
あなたの会社の売却価格をその場で計算!
日時:11月22日(火)15:00~16:30
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

さて、本号は、喜望望大地大阪本社・ 常務執行役員 宮内正一が、
元地域金融機関部長職経験者として、
「金融庁のレポートをこう読む」を分かりやすく解説します。

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー宮内です。

先週は久々にバイクをぶっ飛ばしてご機嫌です。

車はどうしてもトロトロ走りになるのですが、
最終回を迎えた「こち亀」本田よろしく、
バイクに乗ると人格が一変!

…てな事にならないよう、安全運転安全運転(^^♪

早速ですが、今回のテーマは、
金融庁が平成28年9月に発表した「金融レポート」を
宮内はこう読む!てなお話しを少々。

日本の金融行政はオープンになりました。
自らの方針を今ではきっちりHPに載せてくれます。
…大昔はコソコソだったんですよ~(笑)

しかしながら、文面は専門用語のオンパレードで、
ナカナカ素人には手出しできません。
何より、「文章の本当の奥を読んで見んかい!」
「正直に書くと思たら大間違いやど!」という匂いが
ぷんぷんしますので、宮内流に解説してみたいと思います。

・ページ数…いっぱいです、とても読む気になれません
・国際金融、フィンテック、フィデューシャリー・デューティー…
中小企業経営者にはぜーんぜん関係ないことが沢山書いてあります

なので、メルマガ読者に関係あると
思われる箇所だけをかいつまんで見ましょう。

と、ここまで書いたところで、同ネタの弊社メルマガがリリース
…こまったなー…まぁ、視点が違うところもありますので、
ご容赦ください…締め切りが厳しいので(;^ω^)

「我が国の金融システムの評価とその健全性に影響を及ぼしうるリスク」
という項目に、「過去との比較において特に高い伸びではないが、
不動産向け貸出(アパートローンを含む)を含めた与信の集中リスク」
とあります。

宮内の読みでは
「お前ら銀行な、貸すとこないから言うて不動産ばっかし…
素人へのアパートローン貸しすぎなんじゃ!
他の業種にもちゃんと貸さんかい!」

つまり現在活況の不動産融資は、早々に手じまいされる可能性が高いです。
借入需要がある人は早く借りたほうが良いでしょう。
逆に不動産を売却したい人は、
あんまりのんびりしてると市況が悪化を始めるので注意!
という事になります。

「金融仲介機能の十分な発揮と健全な金融システムの確保」という項目に
「預金を集めても、国内外の貸出利鞘が低下する中、
貸出規模の拡大による収益確保がより困難に」

これは「収益上がらん銀行はとっとと合併か経営統合が再編しやがれ!」
…つまり銀行経営者を半ば脅している文言と読めます。

「地域金融機関」という項目は特に重要です。
「担保・保証に依存した単純な貸出業務の収益性は更に低下するおそれ」
「顧客企業も、貸出金利の低さより、
事業の理解に基づく融資や経営改善等に向けた支援を求める傾向」

実はこの指摘、金融機関にとっては超耳の痛い話です。
この20年間金融庁は、不良債権退治の為、
全金融機関に不良債権を出さない経営を求めました。
その結果、中小零細企業の融資の多くは保証協会付きに変わり、
又本来多短期資金で対応すべきニーズも長期資金に置き換わりました。

そして起きた事は何か?半沢直樹の追放失脚…
つまり顧客によりそい、事業性を理解し、
最善策を生み出す銀行員は過去の遺物…
ノウハウが全く枯渇してしまったのです。

「客の事考えてる暇あったら、不良債権回収、
金融庁検査対策せんかい!」というスタンスが
20年も続いたのです。そりゃノウハウも失われます。

「金融庁の言う通り歯食いしばって頑張ってきたのに、
今更方針変更は無いやろ!」という支店長達の
怨嗟の声が聞こえてきます。

しかしお上の方針は絶対です。
担保・保証に依存せず事業性を評価した融資…
日本全国の金融機関は、大きく舵を切ることは間違いありません。

しかし、もう一度言います!
そのようなノウハウは銀行から失われています。

私のクライアントの多くは
「大昔は銀行員もよう来たけど、
この10年以上は用事あるとき以外は来えへんわ」
と言います。
そんなスタンスで、担保・保証に依存しない事業性を評価した
融資なんて出来るはずがありません。

兎に角定期的に事務所や現場に顔を出す。
社長の話を良く聞く。というのは最低レベル。
銀行員なら決算書や試算表だけでなく、
次のような事をすべきと私は教えられました。

・事務所や現場の雰囲気を見る…前向きな会社は活気がある。
・事務所や現場のスケジュール、ボード、
 兎に角書いてあるものをチェックする
 …コミュニケーション能力の高い会社は、色々な情報が書かれている。
 何もない会社は「社員に社長の方針が伝わっていないかも?」と危惧する
・在庫を定期的に見る…不良在庫が溜まっていないか
・受取手形を預かる…直近の売上やプロジェクトが把握できる
・ネットバンキングを導入してもらう…支払い状況が確認できる
・給振を導入してもらう…社員の扱いが垣間見える
・流動性預金の残高を常にチェックして、資金繰りを気遣う
・消費税支払い用定期積金を契約してもらう…資金繰りと計画性が垣間見える
・小売り飲食業関係なら、どれくらい流行っているか、常に客数を数える
・奥さん、事務員、お嬢さんと仲良しになる…本当の事が判る etc

等々書きましたが、直ぐに銀行員がここまで出来るはずがありません。
となれば、こちらから銀行に判らせる努力が必要になります。

てな事で、宮内がスピーカーとしてこんなセミナーを開かせていだきます。

中小零細企業の経営者限定!
「自ら主導権を握り、銀行とわたりあうテクニック!
経営者自らが未来を切り拓く実践セミナー」
日時:10月13日(木)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

宜しくお願いしまーす(^_-)-☆

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業11周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営戦略』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:3,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「あなたの会社をお救いします」プレゼント)+
個別無料相談タイムを用意しています。

日時:9月27日(火)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

日時:9月28日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

日時:10月20日(木)14:00~16:00
場所:各線名古屋駅 桜通口徒歩5分
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
ウインクあいち

問合せ先:大阪本社 TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!
───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

金融庁の森長官大改革が分かる本があります。

講談社現代新書・橋本卓典著「捨てられる銀行」

森信親・金融庁長官が剛腕を揮う、金融改革とは何か。会議の一新。
銀行を飛び越えて、取引相手の中小企業に銀行について徹底ヒアリング。
金融検査マニュアルを実質廃止して、金融機関の事業性を評価する新基準。
始まったばかりの改革の行く末と狙いを明らかにする。
森信親、金融庁長官の素顔。森長官が地銀から異例の一本釣りをして
改革の担い手として抜擢した日下智晴氏の正体。
地域金融のトップランナー、多胡秀人氏の信条。
金融検査マニュアルや信用保証協会の存在で、顧客を見なくなり、
目利き力を失った金融マンの問題とは。
ノルマ達成がメインだった人事評価を一変せよ!
稚内信金、北國銀行、きらやか銀行、北都銀行など、
改革をいち早く始め成果を上げた地域金融のケーススタディ。

金融庁が、型破りのエース森長官が進める大改革で、大きく変わります。
そこで、生き残る銀行と捨てられる銀行を分かりやすく解説した本です。
良い方向性だと思います(^O^)
出所:アマゾン内容紹介

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 阿部事務局長宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.354 問題解決8つのステップに学ぶ 特集号
  2. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.245 製造業の皆様、内段取り・外段取りを実施しています…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.71 手形不渡りを回避する作戦! 特集号
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.291 靖国神社に昇殿参拝して、平和な日本に感謝 特集号…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.84 ブライアン・トレーシー流危機脱出法に学ぶ! 特集号…
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.316 製造業の皆様、人的要因による凡ミス(ポカミス)を…
  7. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.204 日本サイセーケイカク 特集号
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.271 社長の『選択』と『自己責任』についての考察とアド…
PAGE TOP