メールマガジンバックナンバー

vol.412 QC7つ道具の「ヒストグラム」 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.412 平成29年2月1日号 発行部数22,137部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「QC7つ道具の「ヒストグラム」 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える悩める社長の救世主
洲山(しゅうざん)です。

事業再生を目指す企業に、資金サポートをする
GoodHopeCapital(グッドホープキャピタル)が活動を開始し、
第1号の投資案件であるゴリラジムの真辺龍太社長と
キックオフの決起大会開催しました。

⇒ 続きは、編集後記で、

洲山セミナーのお知らせです。
事業承継・事業再生・M&Aをお考えの経営者にお勧めです。
バージョンアップしたセミナー開催します。

日時:平成29年3月28日(火)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

日時:平成29年3月29日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

日時:平成29年4月13日(木)14:00~16:00
場所:各線『名古屋駅』桜通口徒歩5分
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
ウインクあいち 1310

■『会社売却で絶対後悔しない極意公開』セミナー
日時:2月22日(水)15:00~16:30
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室・講師:坂本利秋

さて、本号は、
喜望大地大阪東京本部所属の常務執行役員で、
製造業V字回復コンサルタントの石井博が、
QC7つ道具の「ヒストグラム」を熱く語ります。

ご支援している製造メーカー様で最近、
得意先からのクレームおよび工程内での不良等が多発しており、
再発防止に努めているが一向によくなる気配がない、
品質が安定しない、どうすればよいか、とのお問い合わせを受けました。

そこで、前回のメルマガは、『QC七つ道具』のうち、
一般的に多く活用されている『特性要因図』について
ご説明させていただきました。

『特性要因図』 は、考えられるすべての要因を1枚の用紙に書き出し
分類と体系をすることです。
この作業をすることで発想や、気づきが出やすくなります。
また、体系化することで全体の構造を俯瞰することができ、
重要な要因を推測することも可能になることをご説明させていただきました。

今回のメルマガでは、『QC七つ道具』 のうち、
『ヒストグラム』についてご説明させていただこうと思います。

『ヒストグラム』とは、
縦軸に度数、横軸に階級をとった統計グラフの一種で、
データの分析状況を視覚的に認識するために主に統計学や数学、
画像処理等で用いられるグラフです。

柱図表、度数分布図、柱状グラフともいいます。

また、『ヒストグラム』は、散らばりを表すのに用い、
項目の分布を感覚的に把握することができます。

また、異常値の発見、データの集中度合いがわかりやすいグラフです。

『ヒストグラム』は、『棒グラフ』と似ておりますが、『棒グラフ』は、
複数の項目を比較するために用います。
つまり、独立した項目を比較するためのグラフが 『棒グラフ』 であり、
縦軸と横軸の長方形の面積を表現しているのが
『ヒストグラム』ということです。

縦軸と横軸の面積を表現していることから、
横軸の項目でどの位置に集中しているか、
どの位置の横軸が少ないか等散らばり具合がわかる様になっております。

現場で品質改善をする場合のデータを見るときに、
データが1つしかないということはあまりないと思います。
いくつかのデータが集まっているのが普通だと思います。
この様な場合に、そのデータについて
次のような特性を知ることが不可欠です。

1.データの代表する値は何か
2.データのバラツキはどのくらいあるか
3.規格値に対してどのくらいの不良が含まれているか
4.工程の管理状況は良好か

上記の様な情報を得るために 『ヒストグラム』 を用いることが有効です。
小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業11周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営戦略』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:3,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「あなたの会社をお救いします」プレゼント)+
個別無料相談タイムを用意しています。

■日時:平成29年3月28日(火)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

■日時:平成29年3月29日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成29年4月13日(木)14:00~16:00
場所:各線『名古屋駅』桜通口徒歩5分
名古屋市中村区名駅4丁目4-38
ウインクあいち 1310

■『会社売却で絶対後悔しない極意公開』セミナー
日時:2月22日(水)15:00~16:30
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室・講師:坂本利秋

問合せ先:大阪本社 TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

事業再生を目指す企業に、資金サポートをする
GoodHopeCapital(グッドホープキャピタル)が活動を開始し、
第1号の投資案件であるゴリラジムの真辺龍太社長と
キックオフの決起大会開催しました。

ゴリラジムは、福岡県柳川市と久留米市に
キックボクシングゴリラジムを経営しています。
真辺龍太社長は、現役のキックボクサーでもあり、
3月18日東京新宿で大会に出場されるので、
応援団を組織して、応援に行きます。

皆様のご参加・応援をよろしくお願いします!(^^)!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回またメルマガでお会いできるのを楽しみにしています!
ご縁に心から感謝しています!!

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.435 求人サイト利用の考察 特集号
  2. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.274 製造業の皆様、現場にてグループ長は作業に従事して…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.71 手形不渡りを回避する作戦! 特集号
  4. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.246 社会保険料延滞問題のソリューション実態調査レポー…
  5. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.469 会社売却支援で選ばれる理由 特集号
  6. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.375 金融庁の銀行政策と銀行の対応の本質を解く 特集号…
  7. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.326 大事な不動産を守り活用する法 特集号
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.82 再生のスタートは、社長の見栄とプライドを捨てること…
PAGE TOP