メールマガジンバックナンバー

vol.420 チェリーピッカーにご用心! 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.420 平成29年5月2日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「チェリーピッカーにご用心! 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

PHP京都本社にて、
松下幸之助経営塾に弟子入りして、学んでいます。
第2回目は、松下真々庵にて、
松下幸之助哲学を学ぶ思索の場視察がありました。

⇒ 続きは、編集後記で、

洲山セミナーのおしらせ
資金調達・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成29年5月23日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成29年5月26日(金)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

さて、本号は、喜望大地大阪本社勤務の常務執行役員で、
元地域金融機関本部・部長経験者の宮内正一が
チェリーピッカーにご用心!について、語ります。

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー宮内です。

今回のお題は「チェリーピッカーにご用心!」でございます。

「チェリーピッカー」とは「サクランボ摘み」
=マーケティング界でよく使われる用語です。

例え話としては…朝刊の折り込み広告に、
近所のスーパーのチラシが入っていたとします。

堅実な主婦(夫?)は、
「いつもはAスーパーに行くけど、
 Bスーパーのチラシの特売がむっちゃ安いやん!
 今日はBスーパーで買い物しましょ!」
という行動をとるかもしれません。

チェリーピッカーとは、
「安けれゃええやん」という考えで、特定のお店へのロイヤリティもなく、
ただ特売・大安売り商品=企業の赤字商品、
ばかりを狙い撃ちする顧客層の事です。

Bスーパーとしては、「特売を目玉に、
多少赤字でも新規顧客を増やすんだ!」
という事は明白です。

しかし、Aスーパーも黙っていません。

「Bスーパーに負けてたまるか!」という事で、
新たな特売商品のチラシを打ちました。

その結果トクするのは「堅実な主婦(夫?)」
=「チェリーピッカー」ですよね。

しかもこの主婦(夫?)はAとBだけでは飽き足らず、
C,D,Eスーパーのチラシにも目を通し、
常に特売だけを追っかける行動が想定されます
=筋ガネ入りのチェリピッカー!。

つまり各スーパーは、
良かれと思って特売チラシを打ち続け、
結果ネバーエンディング消耗戦に自らはまっていくわけです。

こんな事続けていたら、
経営の屋台骨は間違いなくグラグラになるでしょう。

そんなネバーエンディング消耗戦に巻き込まれた結果、
弊社の門を叩いたクライアントの何と多いことか。

そんなクライアントに、私がアドバイスするのは、
概ね次の3つです。

1.顧客維持…既存顧客を生涯取引いただける顧客にし続ける方策を考える
2.クロスセル…イチ顧客に複数の取引を促し、WIN-WINの状態に導く
3.既存顧客からの口コミ紹介を促す方策を考える

「なんや具体的方法はアドバイスしてくれへんのか?」
と思われる方は、書店で分かりやすいノウハウ本を探すかも知れません。

しかし、それでよいのでしょうか?
ノウハウ本を否定する気は無いですが、忘れてはいけない事があります。
ほとんどのノウハウ本は「特殊理論に過ぎない」という現実です。

ノウハウ本を執筆される方は、
当然経験と実績をお持ちの皆さんですから、
それを否定するのではありません。

「個々人の経験と実績はその方特有の特殊なものである」
という当たり前の事実です。

例えば、業種、客層、地域、時代、予算、商品、店舗、
タイミング…等の諸条件が社長の事業と近似値であれば、
そのノウハウ本の施策は有効でしょう。

しかし、そんな偶然がそうそうあるでしょうか。

多くの社長さんは、
社長さん独自の事業を展開しているはずです。
であれば、学ぶ理論は特殊理論ではなく、一般理論です。
一般的に通用する理論からエキスを抽出し、
自分の事業に合わせた施策を考え、
実践する事が重要だと私は考えます。

とはいえ、「何を勉強したらええねん」と
なるかも知れませんが、そこはお任せ下さい。
喜望大地は事業再生・財務をメインとしつつ、
マーケティングでもお役に立てるメンバーを揃えています。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業11周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営戦略』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:3,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「あなたの会社をお救いします」プレゼント)+
個別無料相談タイムを用意しています。

洲山セミナーのおしらせ
資金調達・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成29年5月23日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成29年5月26日(金)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

問合せ先:大阪本社 TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

幸之助翁が眺めた庭を拝見して、歩かれた庭を歩きました。
根源の社にもお参りしました。
偉大なる経営者であり、思想家、哲学者の松下幸之助翁が
辿り着いた世界は、日に新たに、生成発展する、
等奥が深く、道は遠いです^^

厖大な資料や書籍を読み、記録動画を見られて
「運命をひらく」のタイトルにて本田健さんが上梓された本が、
読みやすく分かりやすくて、良かったですo(^_^)o

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回またメルマガでお会いできるのを楽しみにしています!
ご縁に心から感謝しています!!

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.316 製造業の皆様、人的要因による凡ミス(ポカミス)を…
  2. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.471 P生命保険 VS JRA 仁義なき戦い 特集号
  3. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.284 製造業の皆様、ECRSの原則をご理解されています…
  4. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.267 急激な円安に対するナニワの評論家の考察 特集号
  5. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.202 ビミョーなニュース速報 特集号
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.405 ビリギャルを育成した坪田先生に学ぶ 特集号
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.245 製造業の皆様、内段取り・外段取りを実施しています…
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.261 金融円滑化法終了! 次の目玉は『暫定リスケ』? …
PAGE TOP