メールマガジンバックナンバー

vol.427 初心者先生?そらあかんで~! 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.427 平成29年6月19日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、
「経営改善計画書を出したのに、なぜかリスケ交渉がまとまらない…
 初心者先生?そらあかんで~! 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

中国からの飲食業団体24名をお迎えして、
日本の融資システムをレクチャーさせていただきました^_^

⇒ 続きは、編集後記で、

バージョンアップした洲山セミナーのおしらせ
資金調達・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成29年7月26日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成29年7月28日(金)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

さて、本号は、喜望大地大阪本社の常務執行役員で、
銀行対応スペシャリストの、宮内正一が、
「経営改善計画書を出したのに、なぜかリスケ交渉がまとまらない…
 初心者先生?そらあかんで~!」を熱く語ります。

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー、宮内です。

去る休日、初めて息子とバイクでプチツーリング!
超初心者のへっぴりライダーですから、
こっちはリードに気ぃつかう気ぃつかう…

そんなヘタレの分際で、
「おやじの夢一つかなえさせたったな」
などと偉そうにほざいておりました(笑)

ところでこのメルマガ執筆中、
ちょい嬉しい出来事が…Googleで「不渡り」を検索すると、
過去私の書いたメルマガがWikiの次に出てくるやん!
ようけ見てくれる人おるんやから、
ちゃんと書かなあきまへんなー、と思った次第

で、今回のネタは
「経営改善計画書を出したのに、なぜかリスケ交渉がまとまらない…
初心者先生?そらあかんで~」
でございます。

弊社では大阪と東京を中心に、随時セミナーを開催しています。
セミナー参加者には、
何と、コンルタントとの無料面談特典付きでございます。

そんなセミナー後の無料面談の一コマ。
「税理士の先生に作っていただいた、経営改善計画を
銀行に出したのに、リスケが全然通らないんです」との事でした。

事業内容はいたって普通の中小企業です。
社長が本業をおろそかにしたのが、
業績悪化の原因と見受けられますので、
リスケを取引銀行に理解してもらい、
時間をかけて社長が本業回帰すれば、
十分業績回復できそうです。

「ちゃんとした税理士先生の経営改善計画書があって、
何でリスケがでけへんねやろ?」、と不審に思い、
早速その計画書を見せていただきました。

資料を手に取り…
「そら、あかんわ」としばし絶句する私でございます。

決して手抜きの計画書でありません
。逆に先生は、一生懸命クライアントの為に作られた事は重々わかります。
ではなぜ????? Why?

Answer⇒計画書の目的が、思いっきりズレてるやん!

「これからええ会社にしようぜ、社員みんなで売上どうするか、
原価どうコントールするか前向きに考えよーぜ!」
…つまり平時、経営者と社員が共有する事業計画書そのものでした。

これでは金融機関にリスケを依頼する、経営改善計画書にはなりません。

1.なぜリスケをお願いする事態に至ったのか
2.自助努力はどこまで、何をしたのか
3.リスケの内容の明確化…元金返済を1年間ゼロにする、等
4.その間の具体的経営改善策は、
 売上は、原価は、経費は、当然役員報酬は削減
5.全取引金融機関に対し、公平に依頼しているか

通常の事業計画に1~5は含まれません…4はあるかな…。
しかし、金融機関にリスケを依頼する以上、
1~5が抜けている経営改善計画書は、何の意味もありません。

つまりこの先生、税務・会計のプロとして、
事業計画書は立派なものを作るスキルが十分あるのですが、
事業再生やリスケについては、知識だけでほとんど経験が無い?
…申し訳ないですがその方面では、初心者先生と思われます。

業界ではメジャーな経営計画ソフトを駆使し、
5年間にわたる貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、
が網羅されたカラーの計画書ですから、見た目はばっちりです。

しかしこの計画書を受け取った銀行員は、
大変困惑したでしょう…
「これじゃ、リスケの稟議書書かれへんがな!」
「ちゃんとリスケを依頼する計画書にしてくれよ!」

士業は俗に「先生」と称されます。
しかし、「先生」には「先生」の専門分野があり、
専門以外は初心者という事を理解しましょう。

税務・会計は税理士先生へ。事業再生は喜望大地へ。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業12周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に!

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営戦略』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:3,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「あなたの会社をお救いします」プレゼント)+
個別無料相談タイムを用意しています。

洲山セミナーのおしらせ
資金調達・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成29年7月26日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成29年7月28日(金)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

問合せ先:大阪本社 TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

宮内 海先生プロデュースの中国からの飲食業団体24名をお迎えして、
喜望大地大阪本社会議室にて、日本の融資システムをレクチャー
させていただきました^_^

プレゼン資料も中国語に翻訳して貰い、日本語でプレゼンして、
通訳して貰いました^ ^

初めての試みなので、どこまでご理解いただけたか不安ですが、
質疑応答もあり、拍手も貰えたので、良かったです^ ^

改めて、日本の金融を研究すると、
政府系の支援策の手厚さに気付きましたー(((o(*゚▽゚*)o)))?

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回またメルマガでお会いできるのを楽しみにしています!
ご縁に心から感謝しています!!

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.139 都銀が我が社にやって来た 特集号
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.209 2012年事業再生10大予測 特集号
  3. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.420 チェリーピッカーにご用心! 特集号
  4. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.328 もうはまだなり、まだはもうなり。 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.28 リスクマネージメントノウハウその10 会社が倒産寸…
  6. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.196 リスケ中の企業にとって悪いニュース? 今後、リス…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.86 元・産業再生機構COO富山和彦著「会社は、頭から腐…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.23 リスクマネージメントノウハウその5 商工ローン借入…
PAGE TOP