メールマガジンバックナンバー

vol.439 金融庁の銀行貸付金返済方針の未来予測 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.439 平成29年11月13日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「金融庁の銀行貸付金返済方針の未来予測 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

忙中学びあり

アンジェラ教授のGRIT=やり抜く力を読みました。
論理明快で、御自身の体験と子育て経験及び成功者の

ヒヤリングなどから、やり抜く力が、

人生成功に重要であることを説明されています。

⇒ 続きは、編集後記で

バージョンアップした洲山セミナーのおしらせ
資金調達・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成29年11月22日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成29年11月28日(火)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

お申し込み>> https://goo.gl/o5sxZA

M&Aを検討したい方に分かりやすい会社の売り方ノウハウ

http://www.gmmi-ma.jp/

さて、本号は、喜望大地・大阪本社所属の常務執行役員で、
元地域金融機関本店部長経験者の宮内正一が、
「金融庁の銀行貸付金返済方針の未来予測」
を熱く語ります。

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー宮内です。

いよいよバイクシーズン突入!この日曜日には、
我がホームコース奈良県R369で愛馬を転がしておりました。

慣れ親しんだコースですから、
どこにネズミ捕りがあるかは把握しているのですが、
危険ポイントでは、すれ違うライダー達が必ずサインを送ってくれます!

サンキュー!捕まってたまるかいな…
「そんな訳ねえだろ!」って位ゆ~っくり、
おまわりさんの前を通過してあげました…安全運転安全運転(笑)

さてさて、今日は「来夏から自動的に銀行返済が減るかも?」
ってな「話題」です。

「話題」としたのは、実は金融庁から明確な指針が出ていないので、
あくまで宮内の私見になるからです…
でも、ええせん突いてるとは思っていますがね(笑)

ちょっと理屈になりますけど、ついてきて下さいね~。
まず、銀行借入は大きく二つに分類できます。

(1)借入返済原資が売上のもの
(2)借入返済原資がキッャシュフロー(当期利益+減価償却)のもの

(1)の代表格は建設業の工事立替金融資…
工事代金回収で借りたカネを返すって奴です。
昔は6か月毎に、社員へのボーナス資金融資何かも盛んに行われていました。
これは返済名目が明らかですから、あんまり問題ありません。

で、私が日本経済の大問題!と危惧しているのが、
(2)の借入返済原資がキャッシュフローのもの、です。

何が問題??????って大問題ですよ、
だってほとんどの会社は、
(1)以外(2)の借入金のほぼ全てを、毎月元金返済していますから…

具体的に言えば、
(2)の借入金は全て10年以内で返さないと不良債権になる、という現実です。

自社の状態を確認して下さい。
貴方の会社の借入は、10年で全て返済できますか?
相当な数の中小零細企業には、絶対不可能な水準です。

で、今の金融庁は何を考えているのか…それは
「(2)の借入でも、返さなくていいお金を決めよう」と考えていると、
宮内は想像します。

事例で考えましょう。

1.借入金3億
2.月額返済3百万
3.年間キャッシュフロー10百万
4.不動産担保1億
5.所要運転資金50百万
6.現預金50百万

この会社は年間36百万も返済していますが、年間CFは10百万しかありません。

当然資金繰りは毎年26百万苦しくなります。

幸い現預金が50百万あるので、何とかなっていますが、
1-2年毎に、銀行借換えでしのいでいるはずです…

50百万では2年持ちませんから…
毎度毎度銀行に頭を下げて…

これが、今の中小零細企業金融の実態です。

では改めて、良く考えてみましょう。

この会社は金融機関が支援すれば、
10年や20年で潰れっこないちゃんとした会社!というのが前提です。

4.の不動産担保分は、急いで返す必要があるでしょうか?
そうです。廃業する際に売っ払っちゃえば、
ちゃんと銀行は回収できるじゃないですか?

5.の所要運転資金は、健全な会社であれば常時必要な資金です。
これも返さなあかんの?

6.の現預金は、会社が健全であれば、銀行は強制回収できるやん…
同時に会社は潰れますが…

そうです!この会社が毎月返さなければならないのは、
3億ではありません!

3億から、不動産担保1億と所要運転資金50百万と
現預金50百万を引いた1億円だけです。

年間キャッシュフロー10百万の会社ですから、
10年で全て返済出来る事になります。

これが、金融庁が考えている次の一手と宮内は想像します。

報道関係を見れば、来夏金融庁は、
検査局を廃止し監督局に統合する方針との事ですが、
その際にはこんな指針が出ると考えています。

「困ったなー、そないに銀行が親切になったら、
わし等コンサルの商売あがったりになるかもしれんで」…と、
私の同業コンサル達は思うかもしれませんねー(笑)

でも最後に大きなカベがあります。

不動産担保力の目利き、所要運転資金の管理、
現預金の増減監視がキモですが、
それらを管理するには、
社長・財務担当者との頻繁な接触、
流動性預金のチェックが銀行員には欠かせません。

しかし今時、月に1度も会社に顔を出さない銀行員に、
こんな事が可能でしょうか?
金融庁が方針転換しても、
やっぱり事業再生コンサルタント必要になるでしょうね~

「当分クビにはならん見たいやわ」って、
うちの嫁さんにも説明しておきます(笑)

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業12周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact/

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営戦略』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:3,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「あなたの会社をお救いします」プレゼント)+
個別無料相談タイムを用意しています。

洲山セミナーのおしらせ
資金調達・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成29年11月22日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成29年11月28日(火)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

お申し込み>> https://goo.gl/o5sxZA

問合せ先:大阪本社 TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine/

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

忙中学びあり

アンジェラ教授のGRIT=やり抜く力を読みました。
論理明快で、御自身の体験と子育て経験及び成功者の
ヒヤリングなどから、やり抜く力が、人生成功に
重要であることを説明されています。

やり抜く力は、情熱と粘り強さです。

情熱とは、自分の最も重要な目標に対して、
興味を持ち続け、ひたむきに取り組むこと。

粘り強さとは、困難や挫折を味わってもあきらめずに努力を続けること。
今後の人生も、gridを背負って歩む決意をしました。

https://www.facebook.com/gmminet/

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回またメルマガでお会いできるのを楽しみにしています!
ご縁に心から感謝しています!!

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact/

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.315 事業経営における『失敗学』を考える 特集号
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.116 こうなったら会社はたたみなさい!に学ぶ 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.203 種籾(もみ)を食べてはいけない! 特集号
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.310 製造業の皆様、運搬のムダを意識して改善・改革に取…
  5. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.302 記録的な大雪被害に対するTwitterによるリス…
  6. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.241 風雲急を呼ぶ『尖閣諸島』 特集号
  7. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.220 今年は「えーびーえる」が流行るかも…? 特集号
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.276 『ソンかトクかっていう問題ちゃうんや!!』 事業…
PAGE TOP