メールマガジンバックナンバー

vol.443 しっかりしてや『池井戸潤』 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.443 平成29年11月17日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「しっかりしてや『池井戸潤』 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

忙中閑あり

長野県に用事があり、諏訪湖、安曇野、軽井沢とまわりました。
かねてより、行きたかった 軽井沢万平ホテルを訪ねて、
ジョンレノンファミリーが、

⇒ 続きは、編集後記で

バージョンアップした洲山セミナーのおしらせ
資金調達・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成29年11月22日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成29年11月28日(火)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

お申し込み>> https://goo.gl/wG6Pij

M&Aを検討したい方に分かりやすい会社の売り方ノウハウ

http://www.gmmi-ma.jp/

さて、今年の10月は秋晴れのイメージとはかけ離れ、
台風が続いて2つも上陸し雨の続く10月となりました。

本号は、喜望大地・大阪本社所属の常務執行役員で、
ナニワの辛口評論家こと神崎和也が、
「しっかりしてや『池井戸潤』」をテーマに、
大阪漫才を一人語ります。

私、TVドラマはほとんど見ないのですが、
この前たまたま池井戸潤氏原作の『陸王』の
第一回を見てしまい、事業再生コンサルタント
としての興味もあり、ついつい第三回まで
連続で見てしまいました。

池井戸潤氏と言えば、皆様ご存知の
『倍返しだぁ!!!』(半沢直樹)で
有名なコミカル経済小説家ですよね。

慶応義塾大学から旧三菱銀行へ入行と言う
元エリート銀行マンとしても有名です。

その時の経験を基に前述の『半沢直樹シリーズ』や
『下町ロケット』等々の、何か実在モデルが
在りそうな無さそうなお笑い経済小説を
得意にされていらっしゃいます。

私も活字中毒の怪しい事業再生コンサルタントして、
池井戸大先生の著書は一応コンプリート
させていただいております。

『努力は報われる。』『勧善懲悪』
『主人公は一度、必ずどん底まで堕ちる。』
そうです、そうなんです。
根底にある勧善懲悪、
そう、水戸黄門様と同じです。

賢明な皆様は既にご存知だと思いますが、
半沢直樹氏という名前の方が三菱東京UFJ銀行に
実在されているそうです。

『陸王』で言えば、『こはぜ屋』は埼玉県行田市にある
『きねや足袋株式会社』、マラソン足袋陸王は
杵屋の作った『きねや無敵』がモデルです。

ちなみに『アトランティス』は『アシックス』
(アシックスさんには小藪みたいな邪魔する奴は
居なかったし、しなかったそうです。)

そうです、そうなんです。

池井戸潤氏はお笑いパクリ小説家、いや失礼、
あまり世間に知られていないちょっとした
企業のエピソードをオマージュし、
我々愚民にも解り易いように若干コミカル且つ、
デフォルメした表現を多用した手法を
得意とした先生なんですね。

しかし、小説として読むぶんにはそれなりに
リアリティがありますが、TVドラマになったとたん、
もう無茶苦茶です。

デフォルメした小説をTVがよりデフォルメする、
デフォルメの2乗になってしまいますから
もう笑ってしまうしかありません。

役所広司演じる主人公、
宮沢社長が銀行へ融資依頼に行ったときなんて、
あまりにもあり得ない展開で笑ってしまいました。

銀行員が取引先の企業に対して事業性が無いだとか、
上から目線で説教するのはご愛敬でしたが、
融資が下りなくて落胆している宮沢社長に対して、
埼玉中央銀行の坂本君
(こはぜ屋に肩入れしすぎて前橋支店に異動、出世?左遷?)が、
『社長、今から言うのは、私の独り言だと思って聞いてください。』
と言って、どんな素晴らしいソリューションを提案するかと思えば、
『定期預金解約』って、、、、、、

そんなこと普通の中小企業のおっさんだったら真っ先にしてますって!

第一まだ融資を受けようとしているという事は、
約定弁済をしているということだから、
定期解約⇒リスケジュールまでは、いろはの『い』、
空手で言えば『型』、
カレーに『福神漬け』くらい当たり前の事でしょう。

また、こはぜ屋はどでかい工場の真ん中でたった10数人が
働いているだけだし、テレビで見る限り市街地の中に
工場があるんだから、土地の一部売却とか
マンション建設とか何とでも有効利用出来るでしょうに、、、、

足袋製作一筋なんだから土壌汚染の心配もないはずです。

ぱっと見たところ、最低500坪はあるはず、
いやここは事業再生コンサルタントして
正確を期すためにも現地調査を実施してみたところ、
約700坪はありました。

所在地は埼玉県行田市向町、行田市駅から徒歩12分、
坪単価約15万円、最低でも5,000万円にはなるはずです。

上白石萌音ちゃん演ずるところの宮沢社長の娘
『茜(高校3年生)』が『私留学する事に決めた!』と言って、
300万円~と書かれたパンフレットを持ってきたときは、
なんて空気の読めない娘なんだ、

親がこんなに苦しい時に、
なんて奴だ!これじゃ俺の息子と一緒じゃないか!と、
わが身に置き換え怒りに震えておりましたが、
なんのなんの、
茜ちゃんはしっかりと計算していたんですね。
工場のオフバランス化なんかを、、、

それに引き換え、
先代から50年も経理をやっている玄さん(志賀廣太郎)、
能力無さ過ぎ。

損益計算しかできない、しない、
経理屋さんだったんですね。節約命!
こんな真面目な人が銀行員に手玉に取られるんでしょうねぇ。
宮沢社長も可哀そう。

さぁ、こんな風に困っている方は私どもにご連絡ください。

こんなケースは滅多にないでしょうが、
少なくとも銀行との交渉に頭を痛めておられる社長は迷わずお電話を。
私以外の優秀なコンサルタントが
御社の状況に合わせたベストなソリューションを提案してくれるでしょう。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業12周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact/

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■洲山セミナー「借金があっても事業承継」
『富士山経営戦略』セミナー・永遠に存続成長するコツを伝授」

洲山が30億円の負債を抱えて破綻のピンチを乗り越えた実践的な
事業再生・事業承継ノウハウ、「借金があっても事業承継セミナー」

悩める社長の救世主として、笑顔と勇気を与え続けるセミナーです。

会費:3,000円 参加特典:(洲山著「借金があっても事業承継」+
「あなたの会社をお救いします」プレゼント)+
個別無料相談タイムを用意しています。

洲山セミナーのおしらせ
資金調達・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成29年11月22日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成29年11月28日(火)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

お申し込み>> https://goo.gl/wG6Pij

問合せ先:大阪本社 TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine/

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

洲山著「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

洲山著 「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

忙中閑あり

長野県に用事があり、諏訪湖、安曇野、軽井沢とまわりました。

かねてより、行きたかった 軽井沢万平ホテルを訪ねて、
ジョンレノンファミリーが、利用されていた事でも有名な
カフェテラスにて、紅茶を飲みながら、
イマジン に想いをはせました^_^

万平ホテルのルーツは、明和元年1764年佐藤万右衛門が、
旅籠亀屋開業であり、嘉永3年1850年に、9代目であり、
初代万平が誕生し、明治元年1868年に、2代目万平が誕生しました。

明治27年1894年に、万平ホテル創業
昭和11年1936年現在の本館とも言えるアルプス館竣工の歴史があります^ ^

日本を代表するクラッシックホテルの風格がありますね(^^)

益々のご発展を祈念します^_^

https://www.facebook.com/gmminet/

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回またメルマガでお会いできるのを楽しみにしています!
ご縁に心から感謝しています!!

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact/

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.165 製造業の皆様、決めたことは、きちっと、ルール通り…
  2. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.171 製造業の皆様、現場で『見える化』に取り組んでいま…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vo l.44 消費者金融大手の過払い金関連費用は、ナ、ナント1…
  4. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.391 商標と特許の情報リサーチ法 特集号
  5. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.267 急激な円安に対するナニワの評論家の考察 特集号
  6. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.402 金融庁のレポートをこう読む 特集号
  7. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.278 参議院議員年収3,380万円に値する活動を願って…
  8. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.310 製造業の皆様、運搬のムダを意識して改善・改革に取…
PAGE TOP