メールマガジンバックナンバー

vol.455 製造業の皆様、予算は作成されていますか? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.455 平成30年4月9日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「製造業の皆様、予算は作成されていますか? 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

忙中学びあり

飛行機に乗ること自体が目的となる航空会社を目指す
を経営目標に掲げて、見事に起死回生した感動する物語です^ ^

⇒ 続きは、編集後記で

元地域金融機関本部部長経験者の、宮内正一による、
出版記念セミナーを4月18日(水)
喜望大地大阪本社セミナールームにて開催しますので、
奮ってご参加下さい。

https://gmmi.jp/miyauchi/

本号は、喜望大地・東京本部の常務執行役員で、
製造業V字回復コンサルタントの石井博が、
「予算作成方法」を解説します。

今回のテーマは、
『製造業の皆様、予算は作成されていますか?』です。

小職がご支援しているクライアント先は3月期決算のクライアント様が多く、
現在、2019年3月期予算もほぼほぼ完成して最終確認を
している状況ですので、今回は予算作成方法について
ご説明させていただきます。

いきなり本題に入りますが、『皆様、予算を作成されていますか?』

『うちは、100%受注生産だから、
得意先からどのくらい注文をもらえるかまったくわからない。』 とか、
『得意先別に売上高だけは予算化しているよ。』 とか、
『来月の受注状況もわからないのに予算なんか組んでも意味がない。』
等の答えが大半であると思います。

しかし、本当にそれでよいのでしょうか。

例えば、『ここ4、5年賞与も払っていないし、
ちょっとは皆に払わなければまずいな。
このぐらいなら払えるだろう。』と
思いながら賞与を支払っているのが現実ではないでしょうか。

ではなぜ、予算を作成する必要があるのでしょうか。

『年間これだけの賞与を皆さんに支払いたい。』、
『少しばかりの昇給は考えないとまずい。』、
『機械が古くなってきたから修繕しなければならない。』、
『設備投資も考えなければならない。』、と
やりたいことが沢山あるはずです。

そのやりたいことを全部やることはムリでも、
優先順位を付けて実行するためにも予算作成が必要であると思います。

小職の実家も民事再生法を申請し事業再生を成し遂げましたが、
スポンサー(株主)が某金融機関系の
ファンドであったことから、
予算については非常にシビアで予算必達、未達成はありえない、
というスポンサー(株主)でした。

予算作成(算出根拠)については時間を掛けて丁寧に作成しました。

幸運にも同社を取り巻く外部環境がその時は良かったこともあり、
同社にて事業再生に携わった4年間は毎期、予算をクリアーしておりました。

では、予算作成と前回のメルマガでご説明させていただいた
作業報告書をどのように結び付けたか、をご報告させていただきます。

作業報告書を活用することで部品別のEBITDA管理ができるようになったことは
前述しましたが、部品別に1部品当りの材料費、購入部品費、外注費、
運送費、梱包費等はいくらか、をエクセルで計表化していることにより、
製造原価のうち変動費は把握できます。

後は、固定費の算出です。固定費についてもアバウトにこのぐらいの
金額と決めつけるのではなく、丁寧に算出することをお勧めします。
固定費の中で割合が大きいものに人件費(労務費)がありますが、
人件費(労務費)の算出については、個人別(役員含む)に標準報酬月額は
いくら、各種手当が存在する場合はいくら、等を丁寧に計表化していきます。

また、リース契約、割賦契約をしている場合も、
リース物件ごとに支払い金額、
再リース金額、割賦金額を丁寧に算出していきます。
支払手数料、租税公課等につても同様です。

要は、支払うべき金額が明確な勘定科目については
丁寧に算出することをお勧めします。

支払う金額が不明確な勘定科目については、総勘定元帳から勘定科目ごとに
月別のトレンドを考慮しながら予想して支払い金額を確定させる。

または、残高試算表の売上高構成比から金額を確定させる等を実行しました。

前述した作業を丁寧に実行し、後は、月別に損益計算書に落とし込んでいけば
予算は作成できると思います。

色々と予算作成の仕方はあると思いますが、
小職はこのような方法で予算を作成しました。

費用面はこれで算出できましたが、
一番重要なのは、得意先別に月別に部品別に売上高を予想することです。

得意先別に月別に部品別に売上高を予想することに
一番時間を割いていたと思います。調査し過ぎということはないと思います。

売上高の増減によりEBITDA額が増減します。

EBITDA額の増減により、やりたいことがどこまでできるか、
ということになるからです。

実家は、一次下請けメーカーであったことから、
まずは得意先の購買担当者から年間月別フォーキャスト(購買計画)を
入手することから始めました。

また、機種別に得意先の年間販売計画数もあわせてヒアリングしました。
機種ごとに同社が受注している部品は
何部品あるかもあわせて検証をしました。

また、前年、前々年のフォーキャストと前年、前々年の受注実績の乖離を
月別に検証し、受領したフォーキャストを加工して同社が受注している
部品ごとに月別に受注予想数量を確定させました。

機種別の年間販売計画数については、アナリストの予想、各種団体、
工業会の見解等もネットにて検索して参考にしました。

また、既存受注部品以外に新規受注予想部品も
予算化する必要があることから、
設計部隊へのヒアリングも実施しました。

あくまでも予算は予想に過ぎませんが、
この1年間でやりたいことを実現するためには予算作成は必須と思います。

折角、時間を掛けて作成した予算ですから、
机の中に丁寧にしまっておくのではなく、大いに活用しましょう。
やりたいことを実現するためにです。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業13周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■宮内正一セミナーのおしらせ

銀行交渉のポイント伝授・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成30年4月18日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

お申し込み>> https://gmmi.jp/miyauchi/

問合せ先:大阪本社 TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

忙中学びあり

飛行機に乗ること自体が目的となる航空会社を目指す
を経営目標に掲げて、見事に起死回生した感動する物語です^ ^

如何なる環境下でも、リーダーが率先垂範して、
未来に希望を持ち、全社員のベクトルを合わせて前進すれば、
不可能も可能になるお手本のストーリーです^_^

小さな事で、ウジウジ悩んだり、
出来ない言い訳ばかり考えている経営者は、必見です^ ^

喜望大地は、平成17年に創業して、風雪に耐え、
第14期経営成長計画発表会を開催しました^ ^

洲山から、新年度の方針を発表して、
幹部社員から、力強い決意表明がありました^_^

その後、経営実践研究会の藤岡理事長の記念講演も拝聴して、
しっかりお勉強してから、
交流会にてアドバイザリーボードの先生方と交流しました^ ^

https://www.facebook.com/gmminet/

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。
また1年間、メルマガでお会いできるのを嬉しく、感謝しています!
本年もよろしくお願いいたします。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.353 大阪観光局理事長溝畑宏氏の大分での奇跡に学ぶ 特…
  2. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.441 製造業の皆様、ECRSの原則をご理解されています…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.37 リスクマネージメントノウハウその18 倒産社長の告…
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.410 『春日大社での初詣と海賊と呼ばれた男』を熱く語り…
  5. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.195 IT化は、進んでいますか? 特集号
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.359 製造業V字回復の軌跡その1 特集号
  7. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.329 2015年大予測~の巻 特集号
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.125 銀行はコワい?
PAGE TOP