メールマガジンバックナンバー

vol.456 間接金融は軍事統制!?の巻~ 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.456 平成30年4月10日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、 「間接金融は軍事統制!?の巻~ 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

忙中閑あり

48年前の高校3年の夏の暑い盛りに、

大阪万博に通った懐かしい思い出の場所、

太陽の塔の内部を見学しました^ ^

⇒ 続きは、編集後記で

元地域金融機関本部部長経験者の、宮内正一による、
出版記念セミナーを4月18日(水)
喜望大地大阪本社セミナールームにて開催しますので、
奮ってご参加下さい。

https://gmmi.jp/miyauchi/

本号は、喜望大地・大阪本社の常務執行役員で、
地域金融機関本部・部長経験者で金融コンサルタントの宮内正一が、
お題「間接金融は軍事統制!?の巻~にて解説します。

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー、宮内です。

2冊目を出版した事は既にお知らせ済かと思います。

おかげさまで、宮内家内での当主株はうなぎのぼり!
…と思いきや女性軍からは…

「お父さん、あの浪速のなんとかかんとかマネージャーって何?
はっきり言ってウザいキャッチやで」と非難の声が!

…そんなにウザいの…
みんな優しいから今まで黙ってくれてたのね(≧◇≦)

しかし、出版というのは何よりも自分の為になりますね。

何時も言葉に出している様々な内容も、
書くとなるときっちり裏付けを明記しなければなりません。

出典・日時・詳細は活字になると、
ごまかしききませんからね~。

という事で、改めて勉強する事が多々ありました。

その中で中小企業金融の歴史的経緯についても
勉強していたのですが、
先日NHKでよか放送があったので、ちょっくら紹介です。

「欲望の経済史~日本戦後編」というタイトルで、
かの高名な経済学者・野口悠紀雄先生の説で進められていました。

その時の放送で「これは!」と思ったものを
iPhoneにメモっておりましたので、少々開陳いたしますと…

・1940年から始まる戦時体制が現在の金融経済システムの始まり
・現在の金融機関システム=間接金融を中心として
 企業に円滑に資金を供給するのは、この時の体制から始まった
・それまでは、企業は直接金融で資金を調達する事が多かった
・間接金融は軍事統制の一環であり、それが現在まで機能し続けている

…「これは知らんかった!」とびっくりする宮内でした。

因みに間接金融というのは、
金融機関が集めた預金を原資として企業に貸出し、
経済活動を支えるというものです。

逆に直接金融というのは企業が社債などを発行して、
市場から直接資金を集める事、って感じです。

確かに間接金融が主力であれば、
今のように金融庁が銀行に監督命令するだけで、
企業活動や経済体制をコントロールできますからね~。

そんな間接金融ですが、
野口先生は既に限界に達していると明言してましたね。

となると昨今金融庁が金融機関に対して
危機感を煽っているのも、
歴史的な大きな流れと考えられるかもしれません。

なんか先行きの暗い金融の話でしたが、
金融以外でも結構ネガティブでした。

・日本型経営の衰退
・中国が世界の工場化
・日本は中国との共同に失敗したがAppleは成功した
・日本のピークは95年だった
・日本の経営者は結果的に企業の中で偉くなった人
・本来はプロの経営者という職業があるべき
・企業の国に対する依存が大きくなっている…補助金等…1940年体制強化
・IT革命で夢見たフラットな社会とは逆方向に進んでいる
・それらはAIで更に加速される…ビッグデータは
 Google、Apple、Amazon、Facebookらによる寡占となる
・アメリカの学生は非上場のユニコーン企業を志望する。
 日本の学生は安定大企業を目指す
・それは日本社会が再挑戦を認めないから

放送時の同時メモからの抜粋ですから、
細かいところは間違っていたらすみません

大先生のお説ですから傾聴には値しますが、
全てが正しいとは限りません。

全く違う説を唱える大先生もいますしね。

次回は明るいネタ探しときまーす(^^)/

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業13周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■宮内正一セミナーのおしらせ

銀行交渉のポイント伝授・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成30年4月18日(水)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

お申し込み>> https://gmmi.jp/miyauchi/

問合せ先:大阪本社 TEL:06-6372-1313 担当:吉田
フリーコール:0120-59-8686

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

忙中閑あり

48年前の高校3年の夏の暑い盛りに、
大阪万博に通った懐かしい思い出の場所、
太陽の塔の内部を見学しました^ ^

昭和45年当時は、人が多過ぎて
見れなかったのですが、凄い迫力があり、
圧倒されます^_^

岡本太郎の、「芸術は、爆発だ」のメッセージが、
ビンビン伝わって来ます^ ^

IRと共に、大阪万博が2025開催されます事を祈念します^ – ^

https://www.facebook.com/gmminet/

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。
また1年間、メルマガでお会いできるのを嬉しく、感謝しています!
本年もよろしくお願いいたします。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.320 金融庁時事ネタを宮内正一流解説 特集号
  2. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.297 神崎和也流正しい目標の立て方 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.69 ビジネスモデルを再点検しましょう! 特集号
  4. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.193 「信用保証協会と日本政策金融公庫」について 特集…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.21 リスクマネージメントノウハウその3 借入条件変更(…
  6. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.311 『中小企業生支援協議会』活用のススメ 特集号
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.131 キャッシュフロー経営による脱どんぶり宣言! 特集…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.187 サービサーをよく知ろう! 特集号
PAGE TOP