メールマガジンバックナンバー

vol.462 製造業の皆様、会議は建設的ですか? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.462 平成30年6月19日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「製造業の皆様、会議は建設的ですか? 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

大阪府北部地震に被災された皆様へお見舞いを申し上げます。

昨日18日朝、最大震度6弱の大阪府北部地震が発生しました。
マスメディアによると、地震によって亡くなった方や怪我をされた方、
家屋や仕事場に大きな損害を受けた方がが多数いらっしゃるようです。
被災された皆様にお見舞いを申し上げると共に、
迅速な復旧へ向け尽力されている大阪府や交通機関など
関係各所の皆様に敬意を表します。

本号は、喜望大地・東京本部の常務執行役員で、
製造業V字回復コンサルタントの石井博が、
『製造業の皆様、会議は建設的ですか?』
を熱く語ります。

今回のテーマは、
『製造業の皆様、会議は建設的ですか?』です。

前回のメルマガでは、
予算作成から予算実績管理を徹底して経営改善ができた
小職の体験談を報告させていただきました。

今回のテーマは、予算実績管理を徹底していくためには、
現場管理者を交えてコミュニケーションの場(会議)を
持つことが重要であることを報告させていただきます。

会議を建設的に進めるためにも、
事前準備および決めたことをきちんとルール通りに
実行することが重要ではないでしょうか。

小職の実家(金属プレス加工および金型製作)も
私的再生(民事再生法申請)以降は、
株主が某金融機関系のファンド会社であったことから、
予算必達が使命として課せられておりました。

そこで、予算達成するためには、
通期で達成すればOKという感覚ではなく、
毎月予算を達成させ、その積み重ねの結果、
通期で予算達成される。そのためには毎月どうすればよいか、
ということを考えました。

正直、毎月予算を達成させることは
色々な制約があり難しいと思いますが、
少なくとも四半期で予算を達成する(達成させる)ためにはどうすればよいか、
ということを考えました。

そこで、同社は、毎週木曜日に会議を開催することにしました。

参加者は各部門の部長クラス、役員、
株主(ファンドの担当者数名)、計10名前後でした。

余談ですが、
小職が同社で事業再生に携わった4年弱で150回超の会議を
開催したと記憶しております。
議題については不変で大きく3つの議題について協議しました。

議題としては、
(1)損益報告
(2)生産・出荷状況報告
(3)営業活動・顧客動向報告

本メルマガでは、損益報告についてフォーカスし、
どのような管理をして、どのように会議にて
建設的に物事を進めていったかをご報告させていただきます。

生産・出荷状況報告、営業活動・顧客動向報告については、
後日、ご報告させていただきます。

損益報告については、月次の予算実績対比表(A4×1枚)を
もとにして議論をしました。

月次予算実績対比表のフォーマットは、
個々の会社様にて決定すればよいことと思いますが、
同社の場合は、損益計算書ベース(減価償却費は除く)で、
左側に月次予算、右側に当月予想の数値を書き込んでいきました。

そして、予算と予想の間に、
改善金額を記載するようなフォーマットを作成し、
当月予想の右側には改善事項を具体的に記載する欄を設けました。

このフォーマットは試行錯誤のもと完成した計表でした。

例えば、予算作成時に予想した売上高が100であり、
当月月初に各得意先から頂戴したと当月分の内々示、
内示、確定の予想売上高が80の場合は、
改善事項(改善金額)欄に▲20を記載する。

そして▲20になった要因を備考欄に記載する。

当然、売上高が減額している訳ですから、
製造原価も減額されるはずです。

材料費については、
予算作成時に部品別にエクセルにて限界利益表を
作成している訳ですから、材料費も把握できます。

購入部品費、外注費も当然把握することは可能です。

要は、変動費項目については、
予算作成時に使用したデータ(計表)を活用することで
把握は可能です。

後は、固定費をどのようにコントロールするか、
ということになります。

固定費だけではなく変動費につてもいかにコントロールするか、
各勘定科目ごとに改善事項(改善金額)欄に減額可能性のある
金額を記載していきます。

そして、備考欄に具体的にどうするかを記載し、
翌週開催される会議までにその施策を実施することとしました。

改善事項(改善金額)欄に減額可能性のある金額を記載し、
予算対比でEBITDA(減価償却前)率を確保するようにしました。

例えば、製造原価の労務費については生産計画を見直し、
残業時間を軽減させるとか、
事務所スタッフに依頼して現場を手伝ってもらうとか、
派遣業者と交渉して派遣社員の人数を減らしてもらうとか、
配車(配送)の検討をするとか、梱包費(配送用の段ボール)の
検討をするとか、
今月予算ではフォークリフトの修繕を予算化していたが
繰延するとか、等を実行しました。

そして、翌週の会議では、売上高については同日までの売上高に
翌日以降の内示、内々示、確定を予想して売上高を計上し、
費用面については、同日までの発生金額に翌日以降の
発生予想金額を記載して、同日現在での当月損益予想をしていきました。

この繰り返しの作業を毎週続けていきました。

現在、残高試算表の開示タイミングが遅く、
悩まれている社長様も沢山いらっしゃると思いますが、
残高試算表の開示タイミングを早めることは
間違いなく可能だと確信しております。

同社も、翌月末日になっても
前月の損益が把握できないような状況でしたから。

損益報告については、
上述した資料をもとに建設的に協議して進めていきました。

生産・出荷状況報告、営業活動・顧客動向報告については、
後日、ご報告させていただきます。

余談になりますが、
会議中は、リラックスできるようにジュース、
お菓子を沢山テーブルの上にのせ、
堅苦しい雰囲気を払拭して開催していました。

誰かに言われましたが、
口が動いている方が意見が出やすいそうです。

科学的な根拠があるか否かは知りません。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

以上

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業13周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

忙中閑あり

帰省して、孫との楽しいひと時を過ごしました(#^.^#)

580gで生を受けた我が家の5代目も、3歳が近づき、
機関車トーマスの線路を自分で敷いて、
列車を走らす技を身につけて、
創意工夫する智慧と忍耐力、
継続力が養われつつあり、嬉しい

猫の額のミニガーデンでは、
紫陽花が咲き誇って和めます^_^

https://www.facebook.com/gmminet/

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.424 『メルカリ』で、儲かってまっか? 特集号
  2. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.342 ええオトナのすることか! 特集号
  3. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.232 担保になってる不動産は誰のもの? 不動産の任意売…
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.360 49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶ …
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.69 ビジネスモデルを再点検しましょう! 特集号
  6. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.190 為替デリバティブの解決方法が大きく変わる 特集号…
  7. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.219 ビジネスバックダイジェストの勧め! 特集号
  8. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.426 製造業の皆様、設備管理は実施されていますか? 特…
PAGE TOP