メールマガジンバックナンバー

vol.476 『融資取引』 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.467 平成30年8月1日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、 「『融資取引』 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

忙中学びあり

日本の資本主義の父と尊敬される渋沢栄一翁の5代目となる
渋澤健様のレクチャーを経済界例会にて、拝聴しました^ ^

分かりやすい内容で、渋沢栄一翁が目指してたのは、
日本の国力を高める事であり、
その為には民間の活力を生かして産業を興す志でした。

⇒ 続きは、編集後記で、

本号は、喜望大地・大阪本社の常務執行役員で、
ナニワの辛口批評家こと神崎和也が、
『融資取引』を熱く語ります。

『融資取引』

今私の前に、銀行研修社発刊の『銀行実務』と言う月刊誌があります。

銀行研修社とは
『国内の金融機関職員を対象に、雑誌・書籍の発行、通信教育、
研修講師の派遣事業などを行っている。』
会社みたいですね。

HPを見てみると、創業55年、
自己資本比率84.6%の超優良企業です。

100ページ弱の月刊誌を一冊1,300円で
売ったらそりゃ儲かるでしょうね。

その銀行実務2018年7月号『今月の指針』に
『融資取引』と言う面白いというか、
滑稽な記事が掲載されていましたので、ご紹介させていただきます。

表題は『取引先の赤字水準と社長の役員報酬額との関係』です。

この記事によると、金融機関営業店の融資担当者から見ると、
この時期(6月頃?)は取引先の企業から新しい決算書を徴求し、
『融資のチャンスがあるのではないか?』と楽しみに思う
イベント的な側面を持っているんですって!

徴求した決算書を見て、「あっー、赤字だ!」
「これでは、新たな融資が難しいな。」と
一喜一憂らしいです。
ホンマかいな。

しか~し、赤字決算だからと言って融資を諦めるのはまだ早い。

赤字が1,000万円で、オーナー社長の役員報酬が2,000万円なら、
合わせて一本!1,000万円のプラスになる!

つまり、この会社はオーナー社長の報酬を調整すれば
黒字決算にする余力があると書いてあり、
極めつけは「赤字決算だからと言って諦めるのはまだ早い。」
と書いてあります。

なんじゃこりゃ! オーナー社長の報酬を勝手にゼロにすんなよ!
社長は霞を食うて生きてんかい!

バブル期に何千億の欠損を出しても高額な役員報酬を食んでいた
金融機関関係者のいう事とは思えません。

中小零細企業のオーナー社長の役員報酬なんて
所詮バッファなんでしょうね。

この記事を書いた人たちからすれば。

こんなイロハのイみたいな事を権威ある『銀行実務』に書くなよ。
それも冒頭のページに!

それともこんな事が記事になるくらい『銀行実務』の
読者層は幅広いのか?

これはおかしい、なにかある。

疑り深い私は、じっくりと時間をかけて、
この記事を調べてみました。

先ずは、秘密兵器、(ハズキルーペで見る。)特に異常なし。

でも少し見え易くなった。

俺もそろそろ老眼か。

(舐めてみる。)ちょっぴりビター。タンニンが強いかな。

(嗅いでみる。)フルボディ。はっきりとしたアタック。

メドックのグランクリュだろうか?

(水に漬ける。)ゲッ、破れそう。これはまずい。

洲山会長に叱られる。

何とかしなければとドライヤーで急いで乾かそう。

ばれないうちに、、、

アッ!なんだこれは、

「赤字決算だからといって諦めるのはまだ早い。」の後に

何か文字が浮かんできたぞ。

ナニナニ、

「*役員報酬を調整して経営実態を表し保証協会の保証による借入実行策*」

なんだ、炙り出しだったんだ。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業13周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

忙中学びあり

日本の資本主義の父と尊敬される渋沢栄一翁の5代目となる
渋澤健様のレクチャーを経済界例会にて、拝聴しました^ ^

分かりやすい内容で、渋沢栄一翁が目指してたのは、
日本の国力を高める事であり、
その為には民間の活力を生かして産業を興す志でした。

先ずは、産業の血液とも言える金融機関を設立して、
出資者を募る東京証券取引所を設立して、
更に東京商工会議所も設立されました。

同時に、東京海上火災、王子製紙、日本郵船、東京瓦斯
など約500社もの会社設立に関与されました。

その上、一橋大学、東京女子大学等の教育機関設立にも
寄与され、日本赤十字等の福祉の世界でも
多大なる貢献をされています。

そして、論語と算盤の教えを説かれ、その教えは、
現在でも通用する永遠の真理だと、確信します^ ^

渋澤健様は、コモンズ投信を創業され会長をされてます。

孫の将来の夢実現をサポートするために、
長期投資が良いと学びました(#^.^#)

渋澤健様の益々のご活躍を祈念申し上げます^_^

https://www.facebook.com/gmminet/

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー 臨時増刊PR号 専門家としてのブランド確立。経産省後援事業認定専…
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.331 地方再生のモデル『オガールプロジェクト』の現地視…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.67 事業再生家の活動は、資金ショート問題を解決する 特…
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.426 製造業の皆様、設備管理は実施されていますか? 特…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.29 リスクマネージメントノウハウその11 公正証書契約…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.203 種籾(もみ)を食べてはいけない! 特集号
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.418 品質安定に層別分析を活用しよう 特集号
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.420 チェリーピッカーにご用心! 特集号
PAGE TOP