メールマガジンバックナンバー

vol.484 青山の騒動を斬る 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.484 平成31年1月11日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「青山の騒動を斬る 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

頌春

本年もよろしくお願いします(^_-)-☆

忙中学びあり

1月7日親しいザメディアジョン山近代表の、
経営方針発表会に参加しました。

若い、元気溢れる集団のパワーを頂きました^_^

⇒ 続きは、編集後記で

本号は、喜望大地大阪本社所属の常務執行役員で、
難波の辛口評論家こと神崎和也が、
「青山の騒動を斬る」
をテーマに、熱く語ります。

『いつから日本は、、、、』

先日TVを見ていたら、久々に香ばしい奥様を見つけてしまいました。
もう皆さまはお忘れでしょうが、
「このハゲー!」の豊田真由子様以来の
インパクトのあるセレブな奥様です。

そうです、南青山に住む「命の母A」、いや違った、
「3児の母A」様、そうです、
「港区子ども家庭総合支援センター」いわゆる
児童相談所の建設に反対していたあの方です。

TVでは流石に顔出しは無かったみたいですが、
その説明会に出席されていた、
所謂南青山在住のセレブな方々の前であれだけの事を
言い放った勇気には頭が下がります。

私のような大阪の片隅に住む下賤の者には想像もつきませんが、
「億を超える投資」くらいで、南青山で3人のお子様を含む
5人家族がゆったり伸び伸びと住める家が買えるものなのでしょうか。

せいぜい築5年、20坪の中古住宅が関の山だと思うのですが、、、
その程度の家に住むおばさん(既に格下げ)が
これだけの上から目線発言、笑かしてくれますよね。

引き合いに出された紀ノ国屋もいい迷惑ですね。

でもいつから日本はこんなエゴイストばかりの国になったのでしょう。

今回は児童相談所ですが、ごみ焼却場や保育所、
幼稚園に至るまで、何でもかんでも建設反対と声高に
叫ぶ輩が増えてきています。

その施設は絶対に必要だが、私の街には作らないで!

行政もいちいちそんな馬鹿どもに何度も説明会を開いたり、
ヒアリングをしたりするから調子に乗ってくるのです。

勿論、法律や条例等で禁止されているものはそもそも
行政が建築を許可しないでしょうし、
基本的に、公共の利益になるものを行政の判断に基づき、
建設する事に反対する事自体がまともな人間とは思えません。

前述の南青山児童相談所用地は国から港区が72億円で
買い取ったという事ですので、文句があるなら、
文句がある奴がそれを上回る時価(多分100億円を超える。)で買い取って
南青山のブランドイメージを更に押し上げるような、
公園、美術館、何でもいいけど、自分の好きなものを建てればいいのです。

所有権も占有権も、賃借権も、何の法的な権利も無いのに、
あれを建てるな、こんな用途に使うな、私の土地の価値が下がると
噛みつく輩は完全に無視すべきです。

ちょっと前の、せいぜい高層マンション建設による日照権
(懐かしい言葉ですね。)補償ならまだ理解できない事も
無いですが、、、、、、

そういえば港区白金台では「白金台保育室」建設でも
近隣住民が反対運動を起こし、建設が延期になったとか、、、、

もう少し、寛容に慣れないのでしょうかね
日本一所得の高い港区民の皆様。

昔から、日本には「金持ち喧嘩せず。」って言う
麗しき伝統があるじゃないですか。

いや!港区に住むセレブリティは
そんなはしたない事をするはずはありません。

あれは多分、港区の地価や家賃が下がったら困る
不動産会社から送り込まれた市民運動家であろう。

本当にお金があるセレブだったら、港区なんかじゃなく、
ロンドンのケンジントン、チェルシー、
ニューヨークのアッパーイーストサイド、グラマシーあたりに
引っ越せばいいじゃないですか。

ベタなところでビバリーヒルズやモナコもお勧めです。

3人の可愛いお子様もさぞかし伸び伸びと育つことでしょう。

でも多分、いや絶対に「億を超える投資」程度では難しいと思いますし、
その地区では相対的に一番貧しい家庭に分類されるでしょうね。

人種の壁もありますし、おばはんが見下している、
児童相談所からA小学校に通う児童を持つ家庭と、
今3人の子供をA公立小学校に通わせている
自称セレブおばはん家庭よりはるかに大きな経済的、
社会的な格差がそこにはあるでしょう。

私もチェルシーにいた時は英語で苦労しましたし、
何より、メイドや運転手等の使用人に対して、
思わず敬語を使ってしまい、
ご近所さんからよく笑われたものです。

経済的な格差なんてどこまで行っても相対的なものです。

かの有名な紀伊国屋文左衛門よりも、現在の庶民の方が
はるかに便利で快適な生活をしていますよね。

私の家の北側に公園がありますが、ここに児童相談所が
出来たり、保育園、幼稚園、いや、原子力発電所が
建設されると決まっても、反対運動は絶対に参加しない事を誓います。

原子力発電所や核排気物質貯蔵施設なんかだったら、
かえって行政サービスが飛躍的に良くなるでしょうから
個人的には大賛成です。

大阪市阿倍野区〇〇町です。

関西電力さん是非ご検討ください。

そもそも私の土地ではないのですから、
文句を言えるはずもありません。

自分の権利を不当に侵されるのは許せませんが、
それ以上に他人の権利を、それも利己的な考えで
侵害する事は、私には考えられませんし、
たとえ私が許したとしても、中村主水が許してくれないでしょう。

自分の物でもないのにケチをつけ、
「~権」を振りかざし、逆に他人の権利を脅かす、
いつのまにか日本にはそんなにさもしい人達が
増えてきたようにおもえてなりません。

あ~情けない。チェルシーに帰ろうかな。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業13周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

■坂本利秋著 今こそ売却のチャンス!

「会社を売りたくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4569840205/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

1月7日親しいザメディアジョン山近代表の、
経営方針発表会に参加しました。

若い、元気溢れる集団のパワーを頂きました^_^

今年から、出版部門のサポートをさせて頂きますから、
秘策を練って、業績UPを実現することを誓いました。

今後ますますのご発展を祈念申し上げます。

https://www.facebook.com/gmminet/

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.409 『税金のちょっとした大問題』を熱く語ります 特集…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.299 『冬来たりなば春遠からじ』 春に向けての挑戦のス…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.50 洲山の事業再生成功事例 特集号
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.353 大阪観光局理事長溝畑宏氏の大分での奇跡に学ぶ 特…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.361 49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶI…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.56 闇金の傾向と対策 ⇒ 警察は 頼りになるの巻 特集…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.280 一番になって儲かる方法を伝授します 特集号
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.368 社長はみんな知っている!の巻 特集号
PAGE TOP