メールマガジンバックナンバー

vol.489 捨てられる銀行3の巻~ 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.489 平成31年2月25日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「捨てられる銀行3の巻~ 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

忙中学びあり

パッションリーダーズ大阪例会に参加して、
近藤太香巳代表の講演を拝聴しました!

沢山の学びがありましたが、

⇒ 続きは、編集後記で

バージョンアップした洲山セミナーのおしらせ
資金調達・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成31年4月16日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成31年4月18日(木)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

お申し込み>> https://gmmi.jp/seminar

本号は、喜望大地・大阪本社の常務執行役員で、
元地域金融機関の本部・部長経験者で、金融コンサルタントの
宮内正一が、捨てられる銀行3の巻~の中身を鋭く解説します。

浪速のターンアラウンドマネージャー、宮内です。

…何かが抜けてますね…そう「体育会系」です。

実は先日マラソン練習で25km程走った際、
心拍数の高さが気になったので、
念のため冠動脈CT検査を受けました。

するとまさかの動脈硬化が発覚!

お医者さんから、
以後ハードな運動はNGと診断されちゃいました( ;∀;)

日常生活や軽いジョギングは問題無しなんで、
不幸中の幸いと前向きに捉えるしかありません。

…しかしこの半年、フルマラソンサプ4を目指して
1000km走ったのに…残念無念でございます。

気を取り直して、今回は本の紹介です。

その名も「捨てられる銀行3『計測できない世界』を読む」
(講談社現代新書・橋本卓典)です。

2016年第一弾が出版された際、
このメルマガでも取り上げた記憶がありますが、
そのシリーズ第三弾の登場です。

で、この本。

事業再生関係者、金融機関と取引する企業経営者にとっては、
ナカナカ面白いと思いますので紹介する次第です。

決してメルマガのネタが切れて、
困ったから無理やり選んだ訳ではありません、悪しからず(笑)

その面白いというココロは何かと言うと…

1.随所に金融庁長官及び金融行政を持ち上げるクダリがある
…著者と金融庁トップは密接に繋がっている、と思われる

2.前長官・現長官及び関係者への取材がすごい
…もはや取材ではなく、出版の打ち合わせレベルと推量できる

という2点を挙げます。

つまりは金融検査マニュアルがこの3月に廃止されて、
新体系の金融検査が始まる事を周知徹底させる為に、
金融庁が著者に書かせた本、と取れるシロモノだからです。

そもそも1年前でしょうか、
金融庁が「金融検査マニュアルを廃止する方針」という報道が
なされた際、現場の銀行関係者は半信半疑でした。

何せ20年間も日本の金融行政の根幹を成したマニュアルですからね~。

「どうせポーズだけで大して変わらんやろ」
というのが現場の声だったからです。

本書には、金融検査マニュアルが不良債権処理には
必要であったものの、現在には全く即していない、
という説明が長々と記載されています。

又、現場に即して数年間を移行期間を設ける、
という銀行を安心させる方針も紹介されています。

但しこの本の残念な点は、金融検査マニュアル廃止の
意義は強調されているものの、
その後の新しい内容についてはほとんど
伺い知れないところでしょうか。

…そりゃ金融庁の発表前に、
内容が出せるはずが無いのは当たり前ですけど…

つまりこの4月以降、金融検査マニュアルが廃止されて、
全く新しい体系が導入されるカウントダウンに突入です。

ここで中小零細企業の皆さんに提案です。

新たなマニュアルは必ず金融庁のHPにアップされます。

本編はかなりの大部になると思われますが、
同時に概要をまとめた小冊子程度のペーパーも出るはずです。

本編はともかく、
概要小冊子内の中小企業金融の記述については目を通しませんか?

今後金融機関が、どのような方針・考え方で中小零細企業に
対応するかの方向性が理解できるはずです。

尚、弊社クライアントの社長様については、
いちいち金融庁のHPを閲覧しなくとも、
遠慮なく私どもコンサルタントにお問い合わせ下さいませ。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業13周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■ バージョンアップした洲山セミナーのおしらせ
資金調達・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成31年4月16日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成31年4月18日(木)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

お申し込み>> https://gmmi.jp/seminar

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

■坂本利秋著 今こそ売却のチャンス!

「会社を売りたくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4569840205/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

忙中学びあり

パッションリーダーズ大阪例会に参加して、
近藤太香巳代表の講演を拝聴しました!

沢山の学びがありましたが、特に印象に残ったのは、
企業存続の条件は、
『なくてはならない会社になる』
です。

https://www.facebook.com/gmminet/

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.495 令和元年を寿ぎ、新年の決意 特集号
  2. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.305 住民税に関するナニワの評論家の声『返せ!俺の住民…
  3. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.464 平時と有事(=戦争)の対応策考察 特集号
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.89 2007年を振り返り、光り輝く2008年に向けて …
  5. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.301 製造業の皆様、7つのムダを意識して生産活動をされ…
  6. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.207 金融円滑化法案の傾向と対策! 特集号
  7. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.357 金融庁ニュース解説と銀行との付き合い方 特集号
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.420 チェリーピッカーにご用心! 特集号
PAGE TOP