メールマガジンバックナンバー

vol.492 製造業の皆様、品質管理チェックシートを活用されていますか? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.492 平成31年3月25日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは
「製造業の皆様、品質管理チェックシートを活用されていますか? 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

忙中閑あり

『メガバンク最終決戦』が面白いです!

三菱東京UFJをモデルにしたドラマですね。

また、途中の信用不安から取りつけ騒ぎのシーンでは、
見せ金を店舗に積むシーンがありますが、
これは歴史的には、実際にあった出来事です。

⇒ 続きは、編集後記で

バージョンアップした洲山セミナーのおしらせ
資金調達・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談もご活用下さい。

■日時:平成31年4月16日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成31年4月18日(木)15:00~17:00
場所:JR線『品川駅』高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

お申し込み>> https://gmmi.jp/seminar

本号は、喜望大地・東京本部の常務執行役員で、
製造業V字回復コンサルタントの石井博が
『製造業の皆様、品質管理チェックシートを活用されていますか?』
を分かり易く解説します。

前回のメルマガでは、
生産管理体制の構築についてご説明させていただきました。

中日程、小日程を立案して作業の優先順位については
現場の方々に任せる、現場の方々の意見を反映した中日程、
小日程の立案が重要な旨 ご説明させていただきました。

今回のテーマは、
品質管理チェックシートの活用についてご説明させていただきます。

得意先の納期通りに生産計画を立案して、
現場に対しての作業指示をしても、品質に不備があり、
出荷検査時に不具合が発見され、出荷停止となった場合、
その不具合を手直しする必要が発生します。

そうなると、生産計画自体も絵に描いた餅になってしまいます。

そこで、現在、ご支援しているクライアント先では以前、
不具合が多く発生する工程にて、次工程に渡す際に、
自工程で品質100.0%保証をするという考えのもと、
品質管理チェックシートを活用することとしました。

現場責任者、不具合頻度が多い工程の作業者、
次工程の作業者、出荷検査担当者交えて、
どの様な不具合が多いのか、
どの部分に気をつけてモノづくりする必要があるのか、
過去のトラブルは、という様に不具合が発生しそうな
現象含め洗い出をしていただきました。

結果、以前は出荷検査時に約10.0%前後の手直しが
発生しておりましたが、
品質管理チェックシートを活用し始めてからは
手直し率がほぼ0(ゼロ)になったとのことです。

同社の様に手直しができる部品であれば、
工数は発生しますが良品とすることができます。

しかし、手直しができない様な部品であれば
不具合品はすべて廃棄となってしまします。

また、社内にて不具合品を流出防止できればまだ良いですが、
得意先に納品され、結果、ロットアウト、最悪、ライン補償となり、
取引停止、という様なこともあり得る話だと思います。

モノづくりにおいて、
100.0%良品を製造することは非常に厳しいことである、
と理解しておりますが、少しでも不良率を低減させることで、
製造原価が低減し、売上総利益(粗利益)が増加し、
結果、営業利益が増加するのではないでしょうか。

同社では自工程で製造する部品については、
100.0%保証して次工程に渡す気概で取り組んでいただいております。

また、更に、作業者のレベルアップをはかるために、
作業標準書を作成して、
誰が製造しても同レベルになる様な活動も開始しております。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業13周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■ バージョンアップした洲山セミナーのおしらせ
資金調達・事業再生・事業承継・M&Aの
実例中心に経営のヒントを語ります。
セミナー受講特典の無料面談も活用下さい。

■日時:平成31年4月16日(火)15:00~17:00
場所:JR線『大阪駅』中央北口徒歩6分
大阪市北区芝田2-8-7 八木ビル3F
喜望大地本社会議室

■日時:平成31年4月18日(木)15:00~17:00
場所:JR品川駅高輪口徒歩3分
東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
喜望大地東京本部会議室

お申し込み>> https://gmmi.jp/seminar

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

■坂本利秋著 今こそ売却のチャンス!

「会社を売りたくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4569840205/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

忙中閑あり

『メガバンク最終決戦』が面白いです!

鳥居祐一先生が、面白かったので2回フライト機上で観た。

との情報から、DMMダウンロード版で鑑賞しましたが、実に面白かったです。

三菱東京UFJをモデルにしたドラマですね。

また、途中の信用不安から取りつけ騒ぎのシーンでは、
見せ金を店舗に積むシーンがありますが、
これは歴史的には、実際にあった出来事です。

出所:Wikipedia:高橋是清は、1927年(昭和2年)に昭和金融恐慌が発生し、
瓦解した第1次若槻内閣に代わって組閣した田中に請われ
自身3度目の蔵相に就任した。

高橋は日銀総裁となった井上準之助と協力し、
支払猶予措置(モラトリアム)を行うと共に、
片面だけ印刷した急造の200円札を大量に発行して銀行の店頭に
積み上げて見せて、預金者を安心させて金融恐慌を沈静化させた。

物語は、東西帝都EFG銀行(TEFG)は、帝都銀行を中心に東西銀行、
EFG銀行が金融庁主導で合併して誕生したメガバンク。

合併以来、帝都銀行出身者が主導権を握り、
行内では出身銀行ごとのヒエラルキーが強く残る。

そんな中、辣腕ディーラーの桂光義は、帝都銀行出身ではないものの、
手腕を買われて為替部門の専務にまで上り詰めていた。

一方、EFG銀行のさらに前身の銀行であり、TEFG内で“最下層”と
位置付けられている名京銀行出身の総務部、二瓶正平は、
そんなヒエラルキーには屈せず仕事に邁進していた。

ある日、TEFG上層部と金融庁官僚との密談で行なわれた
超長期国債の購入をきっかけに、TEFGは破綻の危機に陥る。

会社存続のため、桂は二瓶とともにTEFG買収を狙う外資ファンドや、
陰謀をたくらむ官僚たちに立ち向かう。

金融関連の方以外に、経営者も楽しめます。

https://www.facebook.com/gmminet/

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.365 リスケ企業の出口戦略 特集号
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.236 オリンピックを楽しみましょう! 特集号
  3. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.162 銀行に「取りあえず運転資金を貸して」は禁句です …
  4. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.398 助成金の情報入手ノウハウ 特集号
  5. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.217 製造業の皆様、QCサークル(QC活動)を実施して…
  6. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.343 最近数字にお疲れ気味…そんな時には古典もいいよね…
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー 号外 ひな祭りスペシャルのアマゾンキャンペーンのお知らせ
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.453 祝増刷!!!宮内正一著『会社を守りたければ売上は…
PAGE TOP