メールマガジンバックナンバー

vol.510 相続まるごと解決センター事業説明会案内 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.510 令和元年10月1日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「争族(あらそうぞく)とならない円満相続のサポート開始、
相続まるごと解決センター事業説明会案内 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

忙中祈りあり

神武天皇陵にお参りしました!

日本を建国された神武天皇を祭神とする橿原神宮は、
何度もお参りしましたが、神武天皇陵にはお参りしたことがなかったので、
橿原神宮にて、クライアント様の弥栄をご祈祷して、
御垣内参拝をした後に、お参りしました。

⇒ 続きは、編集後記で

一般社団法人 相続まるごと解決センター を設立しました。
https://souzoku-all.jp/

本号は、喜望大地代表の洲山から、事業承継コンサルの折に、
ご要望の多かった、相続に関するサポートを
ワンストップで可能な団体として、
一般社団法人相続まるごと解決センターを設立して、
スタートしますので、そのご案内をさせて頂きます。

今回は、専門士業の先生方やライフプランナー・生命保険代理店様への
事業説明会のご案内です。

少子高齢化と医学の進歩で、いま大きな問題となっているのが、
財産を持った高齢者の認知症対策です。

認知症になる確率は、
90歳だと、男性で、約49.0%で、女性は、65.1%なので、
男性で二人に一人、女性で三人に二人は、認知症になります。

男性の平均寿命は、80.98歳ですが、健康寿命は、72.14歳であり、
女性の平均寿命は、87.14歳ですが、健康寿命は、74.79歳です。

つまり、不健康期間が、男性では、8.84年、女性は、12.35年もあるのです。

認知症になると、自分の財産である定期預金も引き出せなくなり、
ご自身の治療費や入院費の支払にも難儀します。

唯一の相続人であるべき息子や娘でも、引き出しは出来ません!

そこで、引き出すには成年後見人を付けるしかなくなり、
それは、親族ではなく、専門士業がほとんど選任されるので、
費用が発生します。

例えば、財産5千万円の方に、成年後見人が選任されると、
後見監督人(成年後見人の見張り番的な立場)も含めて、
毎年108万円の費用が発生し、10年生存されると1,080万円、
20年生存だと、2,160万円もの巨額費用が、財産から流出します。

所有不動産が、いい買手がついても、成年後見人がつくと、
自由に売買出来なくなります。
理由は、成年後見人の使命は、依頼人の財案を守り減らさない事なので、
今が売り時とかの判断は、馴染まないのです。

そこで、準備すべきは、ご自身の意識がしっかりしている時に、
『任意後見契約』で、信頼できる家族や団体を後見人に選任しておけば、
大きな費用発生は、防止できます。

また、争族(あらそうぞく)とならない、円満相続のためには、
正しい『遺言』と『生命保険』の知識が必要です。

そこで、専門士業の先生方やライフプランナーの方々と
パートナーシップを組んで、相続のサポートを実現致したく、
事業説明会を開催しますので、
是非、ご参加下さい。

東京会場:10月8日(火)
1部:14:00~15:00
2部:17:00~18:00

10月18日(金)
1部:15:00~16:00
2部:18:00~19:00

大阪会場:10月9日(火)
1部:14:00~15:00
2部:17:00~18:00

10月17日(木)
1部:15:00~16:00
2部:18:00~19:00

注:1部、2部とも、同じ内容なので、ご都合のいい時間にご参加下さい。

参加のお申し込みはこちらのフォームから
⇒ https://souzoku-all.jp/briefing/

もしくは、相続まるごと解決センター0120-69-8888
にTELお願いします。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業14周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

■坂本利秋著 今こそ売却のチャンス!

「会社を売りたくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4569840205/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

忙中閑あり

神武天皇陵にお参りしました!

日本を建国された神武天皇を祭神とする橿原神宮は、
何度もお参りしましたが、神武天皇陵にはお参りしたことがなかったので、
橿原神宮にて、クライアント様の弥栄をご祈祷して、
御垣内参拝をした後に、お参りしました。

紀元前660年2月11日に初代天皇として即位された神武天皇は、
八紘一宇の神勅として、世界民族の共存共栄と平和親愛の精神を
建国の理念とされました。

また、皇孫養成の神勅として、徳を以って民を慈しみ、
清く正しい政治を行う精神を日本国の理念とされました。

この建国の理念により、奴隷制度がなく、
西洋列強の植民地支配にされずに、
独立国家として近代化を成し遂げた、
精神的バックボーンであると感謝して、
偉大な神武天皇の偉業に想いを馳せました。

https://www.facebook.com/gmminet/

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.359 製造業V字回復の軌跡その1 特集号
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー 号外 実践的な経営戦略セミナーのお知らせ
  3. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.188 『貸し剥がし』から『新規融資』へ奇跡の逆転劇! …
  4. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.421 クライアント様にエールを送る! 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.181 社長の家計を見直す 特集号
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.377 製造業V字回復の軌跡 特集号
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.238 年金機構による最近の回収事例体験談 特集号
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.484 青山の騒動を斬る 特集号
お問い合わせ

PAGE TOP