メールマガジンバックナンバー

vol.511 どこにあるかでお金の価値は変わるのか? 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.511 令和元年10月3日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「どこにあるかでお金の価値は変わるのか? 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

忙中閑あり

大阪城ホールにて、君と歩いた青春を観賞して、
過ぎ去りし青春の思い出に、浸りました!

杉田二郎、伊勢正三、イルカ、南こうせつ、太田裕美等の
懐かしいヒット曲とトークにて、昭和40年代?50年代中心に、

⇒ 続きは、編集後記で

一般社団法人 相続まるごと解決センター を設立しました。
https://souzoku-all.jp/

そこで、専門士業の先生方やライフパートナーの方々と
パートナーシップを組んで、相続のサポートを実現致したく、
事業説明会を開催しますので、
是非、ご参加下さい。

東京会場:10月8日(火)
1部:14:00~15:00 2部:17:00~18:00

10月18日(金)
1部:14:00~15:00 2部:18:00~19:00

大阪会場:10月9日(火)
1部:14:00~15:00 2部:17:00~18:00

10月17日(木)
1部:14:00~15:00 2部:18:00~19:00

注:1部、2部とも、同じ内容なので、ご都合のいい時間にご参加下さい。

参加のお申し込みはこちらのフォームから
https://souzoku-all.jp/briefing/

もしくは、相続まるごと解決センター0120-69-8888
にTELお願いします。

本号は、喜望大地大阪本社所属のなにわの辛口評論家こと神崎和也が、
『どこにあるかでお金の価値は変わるのか?』を熱く語ります。

私がこの仕事を始めてから、
一番戸惑ったのは中小企業経営者の金銭感覚でした。

基本的に弊社に相談に来られる経営者は困窮の極みにある方が大半です。

なんせ、事業再生をメインにしているコンサル会社なのですから、、、

事業再生と言ったって、何も特効薬がある訳でもなく、
出費を抑え、入金を増やし、
キャッシュフローの改善を図っていくしかありません。

やりくりすれば短期的に立ち直るとまでは確約できないが、
当面事業継続が可能だと判断すれば、
それを『経営改善計画書』と言う形に纏め、
金融機関を中心とした債権者の皆様にご支援をお願いし、
時間をかけて事業の再構築を図っていく事が肝要です。

当然、我々はそのクライアントの事業に関して
特段の知見がある訳でもありませんので、
金融機関対策や、経営改善計画の作成のお手伝いと
それを予定通り実行できるように
サポートしていく事がメインになってきます。

その中で、当然販管費の適正化と言うのは、
固定費の削減の為の大きなファクターとなりますので、
各勘定科目を詳細にチェックさせていただいているのですが、
この時に非常に違和感を覚える事が多いのです。

簡単に言えば、BSやPLに記載されている10,000円と
自分の財布の中にある10,000円札の価値が等価である事を
あまり意識していない経営者が大半です。

『社長、倉庫の中や机の中を整理整頓すれば、
未使用の事務用品や消耗品がたくさんありますから、
半年間は買わないようにしましょう。』とか、
『このレンタル契約は解約しても問題ないじゃないですか。』とか、
数千円、数万円単位の削減策を提案しても、
『神崎さん、今、弊社に必要なのは
今月末に手形を落とすための2,000万円なんですよ。
そんな細かい費用はどうでもいいんです。』とかいう社長が多いのです。

勿論、こちらも素人ではないのですから、
そんな事は言われなくてもわかっています。

『手形の件は手形の件で何とか対策を打ちますが、
今自分自身の意思だけで出来る、
小さな出血も止めない手はないでしょう。

【隗より始めよ。】ですよ、社長。

先ずできる事からしていきましょうよ。

年商12億円の御社にとって5万円は誤差の内だという事は
私も理解しています。

でも、その5万円が会社の資金である場合と、
社長個人のお金の場合で価値は変わるのですか?

5万円は5万円ですよ。

その証拠に、私が今この場で社長の財布から黙って5万円を抜いたら、
流石に温厚な社長でも怒るでしょう。

逆に、奥様に何も言わず5万円をお小遣いだと渡したら
とても喜んでもらえると思いますよ。

つまり、どこにあっても、誰が持っていても、
5万円は5万円です。』

これは経営者だけではなく、一般社員にも言えます。

自分のお小遣いやへそくりから10万円無くなれば大騒ぎする人が、
会社のお金となれば10万円は
鼻くそみたいな誤差だと考えている人が多いと思います。

このあたりの感覚をどうしていくかが、
その会社が再生できるかどうかの大きな分岐点に
なってくると感じています。

そういう私も、ベネツィアンやサンズで目の前に
黒いチップ(一般的にUSD100)が100枚あっても、
その時のそれは100個のプラスティックの塊であり、
上から見ても横から見ても、ついでに齧ってみても、
とても108万円と等価には思えません。

と言うより、そう意識した瞬間、手が縮み
30分後にはスッカラカンになるのがオチでしょう。

こんなもん、ただのプラスティックの塊や、とことん行ってまえ!
引いたらまけじゃ!
と言って、本当に100回中90回は泣きながら帰ってくるものです。

いやぁ、まだまだわしも修行が足りん!

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業14周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

■坂本利秋著 今こそ売却のチャンス!

「会社を売りたくなったら読む本」
https://www.amazon.co.jp/dp/4569840205/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

忙中閑あり

大阪城ホールにて、君と歩いた青春を観賞して、
過ぎ去りし青春の思い出に、浸りました!

杉田二郎、伊勢正三、イルカ、南こうせつ、太田裕美等の
懐かしいヒット曲とトークにて、昭和40年代~50年代中心に、
歌手歴50年前後のベテランの味のある世界を堪能しました^_^

1万2千名超満員で、立見席までありました^ ^

還暦を過ぎて、古希前後のスターの皆様の、
今後益々のご活躍を祈念します。

https://www.facebook.com/gmminet/

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.493 人工透析は誰の為? 特集号
  2. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.189 製造業の皆様、商品・部品別EBITDA管理計表を…
  3. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.205 製造業の皆様、品質管理活動に経営資源を投入してい…
  4. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.394 シルバーデモクラシー!? 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.37 リスクマネージメントノウハウその18 倒産社長の告…
  6. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.328 もうはまだなり、まだはもうなり。 特集号
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.492 製造業の皆様、品質管理チェックシートを活用されて…
  8. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.159 さぁ日繰り表をつけてみよう! 特集号
PAGE TOP