メールマガジンバックナンバー

vol.540 『e-Taxにマイナンバーカード』に物申す! 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.540 令和2年7月22日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「『e-Taxにマイナンバーカード』に物申す! 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

コロナショックによる影響が大きく、
資金繰り難の企業を救う緊急相談窓口を用意しましたので、
お気軽にご相談ください。

⇒ フリーダイヤル0120-59-8686

喜望大地緊急無料相談窓口(Web面談も実施しています)

https://gmmi.jp/contact/

親なきあと 藤井奈緒先生セミナー配信スタートしました。

⇒ 続きは、編集後記で

本号は、喜望大地大阪本社所属の常務執行役員で、
なにわの辛口評論家こと神崎和也による
『e-Taxにマイナンバーカード』に物申す!
です。

やっぱり私は公務員の意識改革を要望します。

元々意識改革が必要だと思っていましたが、
今週の出来事で本当にイヤになってしまったんです。

公僕(Public Servant)という意味を
分かっているとは思えません。

さぁ皆さん、聞いてください。(浜村淳調)

私は元来、素直な性格ですので、
お国がe-taxを導入した時も、
マイナンバーカード作成を奨励した時も
誰より早く手続きをし、e-taxで納税し、
顔写真入りのマイナンバーカードを作りました。

しかし、使った人は解ると思いますが、
これらは何の役にも立たない代物でした。

先日、私の愛する奥様の会社が決算期だという事もあり、
中小機構のセーフティネット共済の前納手続きに行ってきました。

私もナンチャッテコンサルをしているくらいですから、
こう言う手続きはお手の物です。

必要添付書類は申込書に記載されている順番に
キッチリと揃えており、MUFG銀行の方に褒められたくらいです。

しかし、数分後、窓口から呼び出しがあり、
添付書類に不備があると『中小機構の担当者様』が
言っているとの事。

どういう事が尋ねたら、法人税の納付書に納付スタンプが
押されていないから駄目だとケチをつけているらしい。

すかさず、私は銀行の窓口から中小機構の担当部署に
電話しましたがな!

『コラワレ!お前らがe-taxで納付してくれと頼んできたから、
e-taxで納付したったんやで!

ちゃんと通帳のコピー(引落の印字部分)を
添付してるんやからそれでええやろ!

文句あんねんやったら、e-Stampも一緒に作らんかい!
おぅワレ!コラ!』とまくしたて、

いや、誠意をもって説明したのですが、全く聞き入れてもらえません。

『先日のコロナ融資の時、日本政策金融公庫では
それ(通帳のコピー)でOKでしたよ、何とかお願いできませんか?』

と何度お願いしても、駄目なものはダメ、
当機構の規則では受け付けられませんと強情に言い張る担当者。

『お前な、こっから税務署に行ってまたここまで戻って来るのに
どれだけの時間がかかると思ってんねん!

お前らと違って民間人は忙しいねん!

あぁっ、もうわかった今から納税証明を取りに行って
今日中にレターパックで送る事を神に誓いますから、
取り敢えず手続きをさせてください、お代官様。』と

今度はお願い作戦に切り替えましたが、流石公務員、
全く聞く耳は持っていません。

政治家には過度の忖度をし、命じられれば糞マスクを
何十億円分も訳の分からん会社に発注する癖に、
民草の願いを聞き入れようとはしないのです。

これ以上は時間の無駄と判断し、
税務署に向かいましたが、そこでもまた激怒です。

今度は、代表者じゃないから納税証明を出せないと抜かすのです。

委任状が必要だとの事。

あのな、ここに私の身分証明書(免許証、パスポート、健康保険証、
キャッシュカード、そして伝家の宝刀顔写真入りマイナンバーカード、
おまけにTポイントカード)があるから
代表者と生計を一にしてる配偶者である事は明白なんだから、
それでええやろ、そもそもお前ら(税務署)がe-taxで
納付してくれというから納付したったのに、
なんでこんな面倒な事になるんや!

なんやて?
規則ですからこの委任状に代表者様の印鑑を貰ってきてください?

あぁっ!なんて奴らだ!こんな奴らと言い争うのは時間の無駄や、
と本日二度目、人生で54回目くらいの深い反省をし、
そのおっさんから委任状をひったくり、その窓口で、
税務署のおっさんの目の前で、
これ見よがしに委任状を書いてやりました。

もちろん奥様の名前を私の字で、
それを渡すとすんなりと納税証明書を発行してくださいました。

なんやねん!
こいつら、委任状の意味が解ってんかい!

どう見ても委任されてへんやんけ、お前見とったやろ!
と言いたい所でしたが、それこそ時間の無駄、
形式さえ整っていたら役所はOK!

やれやれ、何はともあれ後は銀行へ戻って手続きをするだけや、
と税務署を出ようとする私の目に一枚のポスターが
目に入ってしまったのです。何々、、
『e-taxを使った納税証明書のオンライン請求を是非ご利用ください!!
(とても便利)』と書いてあるではありませんか。

Exclamation markがダブルでついているくらいだから、
これは便利に違いない、最初からこれを言わんかい!

やっと役所も仕事をするようになってきたなぁ、と思ったのもつかの間、
詳しく読んでみると、

1.自宅等で請求データを自分で作成してオンライン請求
2.税務署の窓口まで出向き、身分証明書を提示後受取

なんじゃこりゃ!

お前らの入力業務をさせられてるだけやんけ!
手数料が安くなる?

400円が370円って、30円安なるだけかい、
やっぱりこの国は国民を舐めきっています。

その晩、5000円のマイナポイント欲しさに
マイナカード登録手続きをしました。

あとはご想像ください。
このような公務員達がいる限り、先行きが不安です。

真の公僕の出現を期待します!

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業15周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■洲山著 その非上場株式、高く売れます!

「少数株主のための非上場株式を高価売却する方法」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344928342/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

親なきあと 藤井奈緒先生セミナー配信スタートしました。

障がい児者の親御さん向けのセミナーを
相続まるごと解決センターが、動画セミナーと
親心の記録 をプレゼントしますので、
0120-69-8888 にお申し込みください。

https://www.facebook.com/gmminet/

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.161 会社の健康診断のお話 特集号
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.87 洲山流事業再生三原則発表! 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.294 銀行の本決算である3月末に向けての『新年の資金繰…
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.3  『ピンチをチャンスに変える』鉄則! 「自分の城は自…
  5. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.499 最近のトンデモ案件の巻 特集号
  6. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.393 正しい銀行とのモメ方 !? 特集号
  7. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.440 中小企業にこそチャンスの話 特集号
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.4  『ピンチをチャンスに変える』鉄則! 「問題の先送り…
お問い合わせ

PAGE TOP