メールマガジンバックナンバー

vol.544 株式買取相談センター 特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.544 令和2年9月9日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「株式買取相談センター 特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

コロナショックによる影響が大きく、
資金繰り難の企業を救う緊急相談窓口を用意しましたので、
お気軽にご相談ください。

⇒ フリーダイヤル0120-59-8686

喜望大地緊急無料相談窓口(Web面談も実施しています)

https://gmmi.jp/contact/

忙中閑あり 夏祭り
コロナ禍によりリモート参加した、
実家のファミリー夏祭り
金魚すくい、バーベキュー、花火大会と、

⇒ 続きは、編集後記で

本号は、喜望大地大阪本社所属の専務執行役員で、
少数株主の非上場株式高価売却コンサルタントの神崎和也が、
『株式買取相談センター』を熱く語ります。

我々の主要事業である事業再生の現場で、決算書類を精査していると、
貸借対照表の『投資有価証券』の項目に
結構な金額が計上されていることがあります。

すわ、これは換金できる上場株式か!と
喜んでいたのは(経験の少なかった)最初のうちだけで、
殆どは『昔友人に頼まれて出資した。』とか
『親父の代から載っているけど、とうにこんな会社無くなっとる。』
殆ど、いや、まったく換金性の乏しいケースばかりでした。

ただこれを実在性がないと見做して償却してしまうと
BSの見栄えがわるくなったり、
最悪債務超過に陥るので
そのまま放置している会社が多数を占めていました。

しかし、ある会社で結構な金額が有価証券の欄に記載されており、
詳しく聞いたら地元の有力企業との事。

70年ほど前に祖父が出資したまま配当金だけ受け取っているが、
5年前にどうしてもお金がいるから買い取ってほしいとお願いしたが、
額面価格でなら買い取ると言われ、どうしていいのか解らず、
そのまま放置してある。
という、レアなケースに遭遇したのです。

調べてみると、その会社は無借金経営かつ、
数十億円の現預金を持つ超優良企業だったのです。

そこで、わが社のノウハウを駆使し、租税負担も少なく、
大きな売却益を獲得することによりその会社は窮地を脱したのです。

詳しくは、弊社代表著書
『少数株主のための非上場株式を高価売却する方法』(幻冬舎)に
わかりやすく書いてありますので、
ぜひお買い求めくだされば幸いです。

https://amzn.to/30pcRCW

実際に現場で交渉をしていて感じた事ですが、
儲かっている会社、財務状態の良い会社のほうが買い渋るというか、
BPS(一株当たり簿価純資産)12,000円の株式の買取請求をしたときに、
『額面価格50円だけど、
プレミアムを付けて100円なら買ってやっても良い。』
みたいな、木で鼻を括ったような答えをしてくる事が多いのですね。

年商数十億円。
自己資本率90%以上、
年間売上以上の現預金を持っている会社がですよ。

そんな会社だからこそ、ここまで立派な会社になったのかもしれませんが、
私の敬愛する村上世彰さんなら激怒されることでしょう。

少数株主のことなんて、舐め切っています。

特にこんな会社で数十年経理部長をしている
プロパー社員なんて酷いものです。

『社長、なんか訳の解らん奴が、訳の解らん要求をしてきてますが、
 私が全て追い払いますから、お任せください。』
とか何とか言って、地元の顧問税理士に作らせたそれこそ
訳の解らん株価で買い叩こうとしてきます。

『どうせその株も相続した株でしょ。
 我々が血の汗を流し、
 不断の努力で気づき上げたわが社を何の努力もしていないあなた方が
 そんな無茶苦茶な要求をしてくるなんて非常識にも程がある。』
位の事は本気で思っています。

原資がなければ、即ち、出資する人(株主)がいなければ、
いまの御社は存在しないのですよ、と説明してあげても、
全く解ってもらえな事がおおいのです。

0×100,000,000=0という、
小学生でもわかる算数が出来ないんです。

そんな会社に虐げられている『少数株主』のお手伝いをさせていただき、
適正な報酬を頂戴する。

そんなコンサルタントに私はなりたい。

株式買取の相談はこちらから ⇒ https://kabukaitori.com/lp/

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業15周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■洲山著 その非上場株式、高く売れます!

「少数株主のための非上場株式を高価売却する方法」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344928342/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

───────────────────────────────────

■編集後記

最後までお読みいただき感謝します。

忙中閑あり 夏祭り
コロナ禍によりリモート参加した、
実家のファミリー夏祭り

金魚すくい、バーベキュー、花火大会と、
孫6人が、盛り上がっている様が感じられて嬉しい

猛暑をものともせずに、
健やかな成長を願っています^_^

https://www.facebook.com/gmminet/

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.248 政策の“崖”!?支援なきままに出口へ追い出される…
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.440 中小企業にこそチャンスの話 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.105 事業再生のスタート地点はどこからか? 特集号
  4. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.507 不渡りは倒産ではありません! 特集号
  5. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.462 製造業の皆様、会議は建設的ですか? 特集号
  6. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.427 初心者先生?そらあかんで~! 特集号
  7. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.196 リスケ中の企業にとって悪いニュース? 今後、リス…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー 号外 金融円滑化終了後に向けて、何から手をつけたらよいかわからな…
お問い合わせ

PAGE TOP