メールマガジンバックナンバー

vol.550 当たるも八卦、当たらぬも八卦?宮内の来年度予測の巻  特集号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.550 令和2年12月2日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、銀行取引コンサルタント宮内正一による
「当たるも八卦、当たらぬも八卦?宮内の来年度予測の巻  特集号」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

コロナショックによる影響が大きく、
資金繰り難の企業を救う緊急相談窓口を用意しましたので、
お気軽にご相談ください。

⇒ フリーダイヤル0120-59-8686

喜望大地緊急無料相談窓口(Web面談も実施しています)

https://gmmi.jp/contact/

本号は、喜望大地大阪本社所属の常務執行役員で、
銀行取引コンサルタントの宮内正一が、
「当たるも八卦、当たらぬも八卦?宮内の来年度予測の巻」
として、大胆予測しました。

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー宮内です。

相変わらずの足底痛で、マラソン練習も筋トレもままならない日々…
お陰様で順調に体重と体脂肪が増強されております

( ;∀;)…故障明けの来年は、
中高年ダイエットからボチボチ始めまーす。

しかしこのコロナ禍、何時になったら収まるのでしょうか?

巷ではGoToどうすんねん議論が新聞やTVを賑わしています。

ホンマに来年以降はどうなるんでしょう。

かつて大手広告代理店や総合研究所は年末、
「来年予測」を大々的に発表していました。

かくいう私も金融機関の総合研究所部門に籍をおいた時期があり、
年末には各社が発表する来年予測を収集・分析したものです。

頭の体操として来年以降どうなるかを考えると、
大体3つのシナリオがイメージできます。

1.ワクチンが予想以上に早く普及し、コロナを制覇!
東京オリンピックも無事開催!
インバウンドも復活し、日本経済万歳!

2.経済のアクセルとブレーキを交互に交えつつコロナをコントロール。
徐々にこなれてきて、ボチボチ経済は回復するも以前の8-9割の低空飛行。

3.大パンデミック時代となって経済撃沈!

中庸ではないですが、多くの方々は
2.をイメージされているのではないでしょうか?

私も1.や3.よりも「2.が現実的かな~」と思ったりします。

そんな中ですが多くの中小零細企業は、
公庫や保証協会からのコロナ借入のおかげで、
業績はともかく手元キャッシュだけは
そこそこ保有している状態と思います。

先日クライアント社長のつぶやき…
「宮内さん、コロナの借入は元金返済据置やから
今はたんまりお金あるけど、元金返済が始まったら
大変やで。以前より元金返済額がむっちゃ増えるし!」

宮内も同感です。来年以降の危機感は
「コロナ借入元金返済据置期間あけ」です。

そのタイミングになった時、
2.の経済低空飛行状態であれば、
新たな資金調達が必要になるかもしれません。

しかし取引金融機関は、新たな資金調達に応じてくれるでしょうか?

保証協会付き融資が更に増額であれば問題ないでしょうが、
プロパー融資は間違いなく難しいでしょう。

借入残高が以前より大きく膨れ上がっている会社は猶更です。

多くの私のクライアントも危機意識は共通です。

そこで私は以下の二つをアドバイスしています。

1.幸い手元資金は余裕あり。

1-2-3年後の発展に備えて設備投資、人材投資をやっておきましょう!

先々キャッシュが枯渇すれば、前向きな投資が出来なくなります。

2.資金繰り管理を今まで以上に徹底しましょう。

危機到来6か月前には、次の銀行交渉ストーリーを作る為です。

当たるも八卦というタイトルにしましたが、
来年以降少なからずの中小零細企業に、
このシナリオが当てはまると思っています。

身に覚えのある社長様、是非弊社にご相談下さい。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業15周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 その非上場株式、高く売れます!

「少数株主のための非上場株式を高価売却する方法」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344928342/

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

───────────────────────────────────

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.274 製造業の皆様、現場にてグループ長は作業に従事して…
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.250 自己資本額と比率にビックリする会社? 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.304 銀行から“経営者保証に関するガイドライン”の説明…
  4. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.323 筋肉コンサル日記 特集号
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー 号外 アマゾンランク:会社経営1位 総合15位に躍進出来ました!…
  6. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.334 製造業の皆様、問題解決の8つのステップ(STEP…
  7. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.440 中小企業にこそチャンスの話 特集号
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.519 自宅は何があっても守りたい! 特集号
お問い合わせ

PAGE TOP