メールマガジンバックナンバー

vol.557 『非上場株式相続税評価額』を論評します

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.557 令和3年2月24日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、「『非上場株式相続税評価額』を論評します」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

コロナショックによる影響が大きく、
資金繰り難の企業を救う緊急相談窓口を用意しましたので、
お気軽にご相談ください。

⇒ フリーダイヤル0120-59-8686

喜望大地緊急無料相談窓口(Web面談も実施しています)

https://gmmi.jp/contact/

名古屋市金山にある
ANA CROWN PLAZA HOTEL GRAND COURT NAGOYAのロビーフロアにて、
素敵なお雛様を発見したので、撮影しました。

春も近くにやってきてるので、
早くコロナ禍が収束して、ジイジ、バアバと孫たちが、

⇒ 続きは、編集後記で

本号は、喜望大地・大阪本社専務執行役員で、
ナニワの辛口批評家こと神崎和也が、
『非上場株式相続税評価額』を論評します。

弊社は現在『株式買取相談センター』事業を行っています。

読んで字のごとく、発行会社に交渉しても、
一向に買取に応じてくれない非上場株式を買い取る事業です。

親族から相続したり、創業時に友人から頼まれて
引き受けた株式を保有していても配当もなく、
発行会社に買取を依頼しても、
『お金が無い。』『買い取る義務は無い。』等とはぐらかされ、
泣く泣く持ち続けるしかありません。

でも、あの会社どう見ても儲かっているみたい、
社長はベンツに乗ってるし、
社員もどんどん増えていってるし、
工場も増えていってるし、
最近社長の奥様もどんどん派手になってきて
似合いもせんのにルブタン履いて、
バーキン持ってるし、ええ加減にせい!

このような悩める少数株主に出来る事は
あまりありませんが、そのまま放置しておくと
あなたにもしもの時があれば、
相続人(奥様やお子様)が非常に困ることになりかねません。

発行会社が買い取ってくれなくても、配当がなくても、
その会社に価値があると税務署が判断したら、
税務署なりの計算で勝手に株価を算定し、相続税が発生してしまうのです。

逆に貴方のご両親が財務状態のすこぶる良い
非上場会社の株式を持っていたとしたら
悲劇が起こりかねません。

換価できない株式に対して、税務署が
計算した株価を基に相続税がかかってきます。

勿論、相続税は現金で納付しなければなりませんし、
その株式だけを相続しないと言うわけにはいきません。

こんな理不尽な事はありません。

税務署が株価(相続税評価額)を決めれるなら、
その株価で発行会社に買い取る義務を負わせるべきです。

せめて相続による取得の場合くらいは特例として、
『発行会社に買い取る義務が生じる。』というくらいに会社法を
改正してもらわなければなりません。

でも安心してください。

その時こそが我々『株式買取相談センター』の出番です。

⇒ https://kabukaitori.com/

今保有している非上場株式や、
今後相続予定の非上場株式がございましたら、
是非ご相談ください。

我々が適正な価格で買い取り、
相続時のご心配事を少しでも減らせるようお力になれると思います。

詳しくは、弊社代表 喜多洲山著
『非上場株式を高価売却する方法』(幻冬舎刊)を
読んで頂けますようお願い申し上げます。

⇒ https://amzn.to/30pcRCW

PS 税務署さんにも伏してお願いさせていただきます。

課税するならするで、その納税に対する原資がしっかりと
確保できるよう法改正をしてください。

現状では発行会社側があまりにも有利であり、
少数株主はその会社の株価が簿価純資産方式やDCF方式で計算した場合、
数万円、数十万円であっても換価する方法はありません。

(発行会社が買取を拒否した場合)
換価できないものに課税するのは、
おかしいと思いませんか?

弱者保護の観点からも会社法の改正を切に願います。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業16周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■喜望大地 2030年ビジョン 2030.03.02.創業25周年記念式典

延3万社を救い、延自立型経営者10万人の育成、延100万人の雇用を守る

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 その非上場株式、高く売れます!

「少数株主のための非上場株式を高価売却する方法」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344928342/

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

───────────────────────────────────

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

編集後記

名古屋市金山にある
ANA CROWN PLAZA HOTEL GRAND COURT NAGOYAのロビーフロアにて、
素敵なお雛様を発見したので、撮影しました。

春も近くにやってきてるので、
早くコロナ禍が収束して、ジイジ、バアバと孫たちが、
親しく交流出来る世の中に、戻れる日を祈念します!

https://www.facebook.com/gmminet/

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.19 『ピンチをチャンスに変える』鉄則!「リスクマネージ…
  2. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.401 『金融庁のレポートと方針』を分かりやすく解説 特…
  3. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.435 求人サイト利用の考察 特集号
  4. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.324 さぁ中小企業の皆さん、便乗値上げの時がやってきた…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.361 49期連続黒字の滋賀ダイハツの後継者育成に学ぶI…
  6. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.185 連帯保証人制度の改革のお知らせ 特集号
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.135 製造業の皆様、予算を作成していますか?を考える …
  8. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.226 中小企業金融円滑化法の最終延長を踏まえた中小企業…
お問い合わせ

PAGE TOP