メールマガジンバックナンバー

vol.572 コロナ借入で中小企業のバランスシートが壊れる!の巻

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.572 令和3年9月7日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、銀行取引コンサルタントこと宮内正一が、
「コロナ借入で中小企業のバランスシートが壊れる!の巻」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

コロナショックによる影響が大きく、
資金繰り難の企業を救う緊急相談窓口を用意しておりますので、
お気軽にご相談ください。

⇒ フリーダイヤル0120-59-8686

喜望大地緊急無料相談窓口(Web面談も実施しています)

https://gmmi.jp/contact/

忙中学びあり

山本敏行先生に学ぶ

帝国ホテル大阪にて、
経済界倶楽部の例会があり、
CHATWORK創業者で、
今はSEVENのfounderをされている
山本敏行先生の講演を拝聴して、
目に鱗の体験談や、発想を学びました。

世界に影響を与える、

⇒ 続きは、編集後記で

本号は、喜望大地・大阪本社所属の常務執行役員で、
銀行取引コンサルタントの宮内正一が
コロナ借入で中小企業のバランスシートが壊れる!
を解説します。

浪速の体育会系ターンアラウンドマネージャー宮内です。

今日の天気予報で大阪の最高気温予想は38度!

「アホちゃうか」レベルですね。

皆様もくれぐれも熱中症にはご注意下さい…

しかしオリンピックのマラソン、この暑さで大丈夫かいな
…死人出んかったらええけど…
(本番3日前の8/5に書いております)

早速ですが我が社は昨年から、新卒採用を始めました。

現在フレッシュな2名が頑張ってくれていますが、
私も大先輩の常務として、
優しく・丁寧に・時に厳しく・ちょいちょい「しばき」ながら、
日々彼らを教育しております。

そんなY君から質問です。

「某コンサルが、コロナ時代の中小企業経営者は
資本性劣後ローンで資金調達すべきと言ってますが、
意味が良く判りません」との事。

(宮内説明)

「日本政策金融公庫の資本性劣後ローンの事やな」

「確かに10-15年の超長期、元金返済がないから借りる方はええねん」

「ネックは金利が高い事やな」

「取引金融機関からは『資本』と見なせる事で、
 安全性が高い企業と認定されるのはメリットにはなるわな」

「でもな…」

「実質超長期借入やから、むっちゃしっかりした計画書がいるねん」

「更にメインバンクと協調するんが前提条件なんねん」

「しゃあから実態はむっちゃ難しいねん」

「金融機関の件数稼ぎの為に、
 借りる用事の無い優良企業が使ってるんがほとんどで、
 事業再生のお客さんには縁遠いハナシっちゅうのが実態やな」

と、説明しました。

ここでメルマガが終わっては学びが無いので、
もう少し突っ込んで説明させてもらいます。

まず借入金は大きく「短期借入金」と「長期借入金」があります。

金融機関の研修では
「短期と長期の区別とは1年を超えるか否か」と教わります。

事業再生の専門家としては
「流動資産に関する借入金が、流動負債の短期借入金」
「固定資産に関する借入金は、固定負債の長期借入金」
とした方がより正確だと思います。

流動資産に関する資金ニーズは、要するに運転資金です。

売掛金+在庫-買掛金、という計算で算出しますが、
全て流動資産と流動負債に含まれますよね。

固定資産に関する資金ニーズは、
要するに設備資金です。

バランスシートの固定資産に計上される設備・建物
などの資産に対する借入です。

本来の借入金は、短期と長期が厳然と区別され、
その上で返済されるのが正常な形と言っていいでしょう。

しかし中小企業の実態はそうなっていません。

長年の保証協会保証の異常な拡充によって、
短期と長期の区別が無くなっています。

これはバランスシートのバランスが
崩れかけていると言って良い状態です。

その上に今回のコロナ借入です。

保証協会のゼロゼロ(金利・保証料ゼロ)は
確かに有難いのですが、
これは本来の借入方法の短期・長期いずれに
分類すべきでしょうか?

名目上は長期借入ですよね?

でも設備投資をした訳でも無いのに…
何か変な感じ…と思うのは私だけでしょうか。

コロナ禍が一服した頃…年末・来年になるかな?

コロナ借入で膨れ上がった借入金の元金返済は、
以前より確実に重くなっています。

それはかなり危険な状態ではないでしょうか?

冒頭の資本性劣後ローンの話ではないですが、
今回のコロナ禍のような特殊な経済停滞状態では、
借入では無く資本を増強すべきであると私は考えます。

本来であれば長期借入では無いものを、
通常の長期借入として無理に弁済を続けると、
資金繰りに窮する中小企業が続発する可能性が高いからです。

かつてバブル経済崩壊後、
政府は金融機関救済の為に巨額の資本を注入し、
銀行の破綻を回避しました。

それらの資金は最近になってやっと弁済された訳ですが、
今回もそれに習うべき事態と考えています。

恐らく近々、幾つかの大企業に
「コロナ禍を克服する為の資本注入」という類の記事が、
新聞を賑わすと思っています。

しかし残念ながら、
多くの中小零細企業は資本注入の恩恵を受ける事は出来ないでしょう。

冒頭の話の通り、
資本性劣後ローンの実行は極めてハードルが高い為です。

コロナ借入・保証協会付き借入で、
バラスシートのバランスが崩れてしまった中小企業は、
金融機関や政府の匙加減に生殺与奪の権を
握られていると言ってよいかも知れません。

弊社にお声かけいただければ、
壊れたバランスシート修復・生殺与奪の権の奪還を
お手伝いさせていただきます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業16周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/contact

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 その非上場株式、高く売れます!

「少数株主のための非上場株式を高価売却する方法」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344928342/

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

───────────────────────────────────

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

忙中学びあり

山本敏行先生に学ぶ

昨日、帝国ホテル大阪にて、
経済界倶楽部の例会があり、
CHATWORK創業者で、
今はSEVENのfounderをされている
山本敏行先生の講演を拝聴して、
目に鱗の体験談や、発想を学びました。

世界に影響を与える、
ユニコーンが、日本には少ないので、
山本敏行先生の活動が、
世界で戦える日本の起業家育成に
パワーを発揮する、
と確信しました。

ご著書も予約したので、
到着次第に読み、学びます♪

山本敏行先生の益々のご活躍を祈念します。

https://www.facebook.com/gmminet/

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/contact

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.513 融資時の銀行の審査基準を知って資金繰りを改善しよ…
  2. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.479 なにわの辛口評論家が熱く語る大手ホテルから学ぶサ…
  3. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.461 こんなM&A業者には気を付けろ 特集号…
  4. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.334 製造業の皆様、問題解決の8つのステップ(STEP…
  5. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.212 大阪維新の会を率いる橋下徹を斬る 特集号
  6. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.320 金融庁時事ネタを宮内正一流解説 特集号
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.75 オフィス移転で、心機一転頑張ろう! 特集号
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.453 祝増刷!!!宮内正一著『会社を守りたければ売上は…
お問い合わせ

PAGE TOP