メールマガジンバックナンバー

vol.579 製造業の皆様、現場でムダ取りを意識していますか

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.579 令和3年11月22日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、製造業V字回復コンサルタントの石井博が、
「製造業の皆様、現場でムダ取りを意識していますか」を解説します。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

コロナショックによる影響が大きく、
資金繰り難の企業を救う緊急相談窓口を用意しておりますので、
お気軽にご相談ください。

⇒ フリーダイヤル0120-59-8686

喜望大地緊急無料相談窓口(Web面談も実施しています)

https://gmmi.jp/otoiawase/

忙中閑あり

健康に感謝

昨年11月11日に、腎臓病が悪化して、
幸い家族の協力で、生体腎移植が成功して
生還してから、早くも1年経過して、
腎生検と言う、検査入院しました。

針を腎臓に突き刺して、組織を採取して、
検査するのですが、
採取する際に、ガチョンと大きな音がし、
ギロチンが落ちる恐怖感? があります。

麻酔してますから、
痛みはなく、すぐに終わり、
やれやれ ですが、
辛いのは、その後、

続きは、
編集後記で、

本号は、喜望大地・東京本部所属の常務務執行役員で、
製造業V字回復コンサルタントの石井博が、
『製造業の皆様、現場でムダ取りを意識していますか。』
を、解説します。

トヨタ生産方式では、
ムダは『顧客にとって価値のある作業や業務(付加価値)以外の全てのもの』と
定義しており、このムダを無くすことが重要な取り組みです。

代表的なムダは7つあります。

1.つくりすぎのムダ
2.手持ちのムダ
3.運搬のムダ
4.加工そのもののムダ
5.在庫のムダ
6.動作のムダ
7.不良をつくるムダ

ムダは見えなければ(認識されなければ)排除することができません。

そのために『5S』が重要である、ということです。

基本は『5S』ということですね。

『5S』についても以前メルマガでご説明させていただきました。

トヨタ生産方式では、品質向上、原価低減を目的とせず、
ムダを排除するプロセスを重視しているように思います。

ムダを排除すれば、結果、品質向上、原価低減が
達成できると考えられております。

ムダを排除するプロセスを重視しているとは、
『人に光を当てる経営』をしていることにつながります。

『人に光を当てる経営』とは、次工程お客様主義を貫き、
自工程では不良をつくらない、不良を流出させない、
という現場の方々の意識が重要で、結果、ムダが排除できるということです。

ご支援させていただいているクライント先様も、
売上高構成比の上位商品は、機械加工後、人海戦術にて箱詰め、
梱包作業をされております。

完成品になるまで数工程掛っております。

機械加工に携わっているオペレーターの方々には、
源流管理の重要性、次工程お客様主義、
次工程では不良をつくらない、不良を流出させない、
という意識を持っていただき仕事、作業に取り組んで
いただけるようなご支援を心掛けております。

製造現場では、いかに時間当たりの出来高を上げるか、
いかに不良率を低減させるかが重要なことです。

トヨタ自動車のような大企業だから、
優秀な人材が沢山従事しているから、改善・改革ができるのではなく、
我々、中堅中小零細企業であっても
現場の方々の意識によってムダは排除できるのではないでしょうか。

現場の方々に、何故、時間当りの出来高を上げる必要があるのか、
不良率を低減させる必要があるのか、
をご理解いただくように努めることも経営者(社長)の
仕事の一つではないでしょうか。

我々、中堅中小零細企業の現場にそのまま
トヨタ生産方式である『JIT(Just In Time)』や
『自働化』を導入したとしても上手くいかないことが多いようです。

これは上述しましたが、
現場の方々の意識が従前と変わっていないことが要因の一つです。

モノづくりは、人づくりと言われているように、
目的意識を高めて仕事、作業に従事していただきたいものです。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業16周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/otoiawase

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 その非上場株式、高く売れます!

「少数株主のための非上場株式を高価売却する方法」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344928342/

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

───────────────────────────────────

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

忙中閑あり

健康に感謝

昨年11月11日に、腎臓病が悪化して、
幸い家族の協力で、生体腎移植が成功して
生還してから、早くも1年経過して、
腎生検と言う、検査入院しました。

針を腎臓に突き刺して、組織を採取して、
検査するのですが、
採取する際に、ガチョンと大きな音がし、
ギロチンが落ちる恐怖感?があります。

麻酔してますから、
痛みはなく、すぐに終わり、
やれやれ ですが、
辛いのは、その後、
腎臓の上に、重しを置いて、
翌朝迄、絶対安静なので、
寝返りもせずにねるのは、
ある意味、拷問の世界です。

昔読んだ、山口豊子著の不毛地帯に
出てくるシベリア抑留のロシア拷問は、
かくあったのでは、
と、シベリア抑留軍人の苦労に、
思い重ねました!

安静解除時の疲労困憊の顔と、
退院時の明るい顔が、
自分でも、分かり易い、
ビフォー、アフター です。

幸せとは、
自由に寝返りが出来て、
用を足したい時には、
自分の足でトイレに行け、
起き上がり、食事が出来る事で、
喜びを感じることだと確信します。

残り人生を健康で生きる決意です。

https://www.facebook.com/gmminet/

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/otoiawase

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.221 守れる約束を積み重ねる 特集号
  2. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.240 製造業の皆様、なぜなぜ5回真意の追求を実施されて…
  3. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.254 購買管理、外注管理の要諦 特集号
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.19 『ピンチをチャンスに変える』鉄則!「リスクマネージ…
  5. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.176 ABLを知っていれば、資金繰りは廻ります♪♪ 特…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.269 偉大な経営者『出光佐三』に学ぶ 特集号
  7. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.305 住民税に関するナニワの評論家の声『返せ!俺の住民…
  8. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.440 中小企業にこそチャンスの話 特集号
お問い合わせ

PAGE TOP