メールマガジンバックナンバー

vol.580 『公平って何?』を論評します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「社長に笑顔と勇気を与え続ける!」悩める社長の救世主:洲山(しゅうざん)
vol.580 令和3年11月26日号 発行部数21,488部

「地獄に仏と感謝され、ピンチをチャンスに変える、洲山レポート」

今回のテーマは、ナニワの辛口評論家こと神崎和也が、
「『公平って何?』を論評します。」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地獄に仏』と感謝され、ピンチをチャンスに変える
悩める社長の救世主 洲山(しゅうざん)です。

コロナショックによる影響が大きく、
資金繰り難の企業を救う緊急相談窓口を用意しておりますので、
お気軽にご相談ください。

⇒ フリーダイヤル0120-59-8686

喜望大地緊急無料相談窓口(Web面談も実施しています)

https://gmmi.jp/otoiawase/

忙中閑あり

1人退院祝い

無事に退院して、
帰阪途中に、明石海峡大橋を眺めながら、
1人退院祝いとして、
淡路玉葱ラーメンと、
鳴門金時サブレミルクソフトクリームを
食しました。

続きは、編集後記で、

本号は、喜望大地・大阪本社所属の専務務務執行役員で、
ナニワの辛口評論家こと神崎和也が、
『公平って何?』を論評します。

最近、巷で話題の『10万円給付金』。

支給条件が18歳以下だの、世帯主収入960万円以下だの、
現金給付だ、クーポンだと大騒ぎしています。

最初は給付要件や金額で揉めていましたが、
今はむしろ、公平だ、不公平だ、
に論点が移ってきたような気がするのは
私だけでしょうか?

そもそも万人が納得する『公平』なんて
あるわけないし、国民投票を実施し、70%以上の賛同を
得た案が出たとしても、キョーサントーさんなんかが、
『多数の横暴』だと民主主義を根底から覆す意見を
声高に喚き散らすかもしれないので、
全国民が納得する公平な案なんて出来る訳がありません。

給与所得360万円、源泉分離課税の株式譲渡益等が3,000万円の人、
世帯主のお父さんが年収600万円、
17歳の息子がプロのゲーマーで年収1,500万円とかいうケースは
どういう風にすれば公平になるんでしょう。

20歳の大学生が経済的に困窮し、
食費を削って凌いでいるというのをTVで見ましたが、
(大学に行きたかったけど)家庭の事情で中卒や、
高卒で社会に出て、
しっかり納税している人達から見れば
『何を贅沢な事言うとんねん!嫌やったら大学辞めて、働け!』
と思うのではないでしょうか。

折角マイナンバー制度があり、デジタル庁もできた事ですから、
全ての所得や口座、支出を紐づければ、
国民一人当たりの可処分所得なんかを正確に随分正確に
把握できるようになるでしょうし、
税務署の権限を強化し『歳入庁』を創出し、
脱税に対する処罰を超厳罰化すれば、
かなり公平な所得の再分配が出来るようになるでしょうが、
法律を決める当の国会議員達が財産を家族に
移しているような国では到底そんな事はしないでしょう。

そもそも、国会議員や公務員、地方公務員なんかは100%
マイナンバーカード作成を義務付け、
銀行口座、証券口座、その他徹底的にガラス張りにしてからだったら、
我々庶民も参加させていただきます。

そうすれば、かなり公平な給付金制度が
出来るのではないでしょうか?

私の個人的な意見を言わせていただければ、
『文書通信交通滞在費』で領収書の要らない経費を
月100万円支給されていて、
自らを律しようとしない国会議員(立法)や、
それを正そうとしない政府(行政)、
裁こうとしない(司法)が結託して既得権益を守っている、
云わば三権同舟では未来永劫、
『公平』な状態は生まれ得ないと考えます。

でも、そんな議員を選出したり、そもそも選挙に行かず、
投票という参政権を放棄している我々愚民には、
ちょうどお似合いかもしれませんね。

医療費や年金なんかも、年寄り偏重で到底、
公平な制度とは言えません。

一回10万円や30万円なんかの給付金なんて
比べものにならないくらい格差があるのに、
誰もその事に触れようとしません。

怒れ!若者達よ!
Young people get angry! Get up!

できたら私が死ぬまで待って欲しいけど、、、、

私たち喜望大地のコンサルタントは、
いかなる逆境もあきらめず、不撓不屈の精神で頑張る社長を応援します。

お気軽に、フリーダイヤル0120-59-8686 へお電話ください。

創業16周年謝恩の「初回面談無料」をご活用下さい。

このメールを1名でも多くのオーナーがご覧になり、
笑顔と勇気を与え続ける事が私たちの願いです。

『さあ、前を向いて一緒に明るく! 元気に!! 前向きに!!!
前進しましょう!』

いかなる問題も喜望大地の洲山チームが解決出来る可能性がありますから、
ご相談はお気軽に! ⇒ https://gmmi.jp/otoiawase

お電話のご相談は⇒ 0120-59-8686 (経営変革のゴングはハローハロー)

───────────────────────────────────

■オリジナル小冊子『事業再生7つの鉄則』無料プレゼント中!

30億の負債を乗り越えた、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!

https://gmmi.jp/mailmagazine

───────────────────────────────────

著書のお知らせ:

■洲山著 その非上場株式、高く売れます!

「少数株主のための非上場株式を高価売却する方法」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344928342/

■洲山著 過剰債務があっても事業承継できるノウハウ満載

「社長最後の大仕事ー借金があっても事業承継」
⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4478027439/

■洲山著 倒産寸前の会社を復活させる秘策満載!

「事業再生家─会社が蘇った奇跡の物語」
http://www.amazon.co.jp/dp/4883384489/

■洲山著 幻冬舎新書版 経営状態をよくしたい社長にお薦めです。

「あなたの会社をお救いしますー事業再生総合病院」
http://www.amazon.co.jp/dp/4344020987/

■宮内正一著 リスケジュール=借入金の返済条件変更を学びたい方に

「小さな会社のための正しい『リスケ』の進め方」
http://www.amazon.co.jp/dp/4495593412/

■宮内正一著 「ゾンビ企業」でも復活できる究極戦略

「会社を守りたければ売上は上げるな!」
http://www.amazon.co.jp/dp/4863673884/

───────────────────────────────────

メルマガを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

忙中閑あり

1人退院祝い

無事に退院して、
帰阪途中に、明石海峡大橋を眺めながら、
1人退院祝いとして、
淡路玉葱ラーメンと、
鳴門金時サブレミルクソフトクリームを
食しました。

自由に食べたいモノが食べれる幸せを満喫
但し、ラーメンは、
腎臓を労わる為、
月1に、自制しています。

https://www.facebook.com/gmminet/

事業承継・事業再生を志す方のメール相談を洲山が秘密厳守で承ります。

https://gmmi.jp/otoiawase

事業再生・M&A・事業承継に関してはお気軽にご相談下さい。

⇒ 0120-59-8686

執筆、取材、講演等を受け付けております。
お気軽にどうぞ。

⇒ 大阪本社:TEL(06)6372-1313 事務局宛

メルマガ登録は、⇒ https://gmmi.jp/mailmagazine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.233 金融円滑化法(返済猶予法案) 終了後の生き残り作…
  2. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.558 緊急事態宣言が明けたら、本当の『緊急事態』がやっ…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.42 事業再生の絶対条件とは何ぞや?
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.69 ビジネスモデルを再点検しましょう! 特集号
  5. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.539 ハイブリッド型リスケのススメの巻 特集号
  6. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.312 府と市を併せて『府市あわせ?』 特集号
  7. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.172 がんばろう日本! 特集号
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.92 大事な不動産を如何に守るか?の考察 特集号
お問い合わせ

PAGE TOP