メールマガジンバックナンバー

号外  『ピンチをチャンスに変える』鉄則! 「競売→強制執行スケジュール」

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『借金30億からの逆転!洲山(しゅうざん)レポート』
  事業再生・復活請負人 洲山 号外・永久保存版 2005年7月11日
 『ピンチをチャンスに変える』鉄則! 「競売→強制執行スケジュール」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

資産のある方の債務整理には、
必ず資産処分による債務者へ弁済が発生します。

その資産を処分する方法として、
債務者の任意により売却処理する「任意売却」と
債務者の任意によらず、裁判所の職権で強制的に売却処分する「競売」
があります。

今日は、第5号の号外として且つ保存版として 「競売」の流れを解説します。

競売は、地域により
「きょうばい」 と言ったり 「けいばい」 と言ったりします。
その流れは、下記の通りです。

(1)ローン返済停止 ※3ヶ月間
    銀行からの督促がきます
       ↓
(2)信用情報事故登録 ※ローン返済停止から最低3ヵ月後
    ブラック情報入りとなります
       ↓
(3)担保処分の要請(任意売却の強要) ※3~6ヶ月間
    銀行から「家を売って返せ」と強要されます
       ↓
(4)期限の利益の喪失
    内容証明書が次々とやってきます
    (出入金などの禁止、預金の相殺、担保差し押さえ通知など)
       ↓
(5)保証会社、保証協会に代位弁済
    返済条件の交渉が成立してここでSTOPの場合と
    NON STOPで先に通過する場合があります
       ↓
(6)競売開始決定 ※代位弁済から約3ヵ月後
    裁判所からの通知書が届きます
    (もう銀行から何も言ってこなくなります)
       ↓
(7)配当要求の広告 ※競売開始決定から1ヶ月以内
    事件番号が付きます
    以後、舞台は裁判所になります
       ↓
(8)執行官による現況調査 ※約6ヶ月間
    裁判所からハガキや電話で「何日に調査に行く」と連絡があります
    ※ここから長い期間をかけて競売の3点セットを作成します
     (1)物件明細書
     (2)評価書(不動産鑑定士)
     (3)現況調査書
       ↓
(9)期日が入る(債権者及び債務者のみに通知がある) ※3点セット完了時
    最低競売価格と入札の日時が決定します
       ↓
(10)売却実施の広告
    新聞に広告が載ります
       ↓
(11)裁判所の閲覧室で物件資料が見られる ※2週間
    3点セットが公開されます
       ↓
(12)入札開始 ※1週間
    入札者は基準価格の2割金を保証金として入れます
       ↓
(13)入札終了 ※1週間後
    公示されます
       ↓
(14)開札 ※1週間後
    入札なしの場合は第2ラウンドへ。第3ラウンドで終わりです。
    →特別売却期間は1ヶ月(早い者勝ち)
       ↓
(15)売却許可決定 ※1週間後
    債務者から「執行抗告」されると、2~3ヶ月延びる場合もあります
       ↓
(16)売却許可決定の確定 ※1週間後
    高等裁判所へ抗告される場合もあります
       ↓
(17)代金納付 ※約1ヶ月間
    残金を納付します(但し、裁判所により若干異なる)
       ↓
(18)所有権移転登記 ※約2週間
    裁判所の職権ですべての抵当権は抹消されます
       ↓
(19)引き渡し交渉 ※数ヶ月間
    買い受け人(落札者)と住人との引き渡し交渉が始まります
       ↓
(20)明け渡し
    話し合いがついた場合はここで終わります
       ↓
(21)引き渡し命令の申し立ての訴訟手続 ※6ヶ月以内
    住人(債務者)と明け渡しの合意ができない場合
       ↓
(22)強制執行
    執行官や関係者約20人の日当など約150万円は落札者が負担します

───────────────────────────────────
■洲山お勧め書籍
八木宏之著
『借りたカネは返すな!』
 事業再生のプロ 八木社長曰く 「借りた金は借りてまで返すな!」
 大ベストセラーになった本です。
───────────────────────────────────
■オリジナル小冊子
『夜逃げせずに復活する7つの鉄則』無料プレゼント中!
30億701万円5千円の負債から、洲山自身が体験し、学んだ、
経営危機を乗り越えるために必須の7つの鉄則!
毎月先着50名様に無料プレゼント中です。
───────────────────────────────────
■編集後記
会社がつぶれると、風物詩のように必ず発生する競売についての特集でした。

思い出のいっぱい詰まった家屋敷を手放さざるを得ない悔しさが
何ともいえないですが
物は考えようであり、資産処分により「リセット」でき、
一から再スタート切るのだと考えることが出来るかどうか?
によってその後の再生・復活の可能性が違います。

また、競売にならずに、大事な資産を守る方法論もあります。

倒産したからと言って、
来月すぐに競売になり家を追い出されるわけでもありません。

オリジナル『夜逃げせずに復活する7つの鉄則』には
そんな心構えについての元気の出るフレーズもありますから
是非お読みください。
───────────────────────────────────
○知人・友人への転送や回覧は自由です。その際必ず全文を改変せずに転送し
 て下さい。
○転載・引用の際には必ず出典を明記して下さい。
○読者投稿を本メルマガでご紹介させて頂くことがあります。その際著作権は
 本メルマガ発行者に属するものとしますので、ご了承の上でご投稿下さい。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.254 購買管理、外注管理の要諦 特集号
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.114 崖っぷち企業を再生する跳び箱理論とは何ぞや? V…
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.353 大阪観光局理事長溝畑宏氏の大分での奇跡に学ぶ 特…
  4. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.161 会社の健康診断のお話 特集号
  5. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.477 会社を売りたくなったら読む本 特集号
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.24 リスクマネージメントノウハウその6 住宅ローンリス…
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.224 製造業の皆様、VA・VE活動を実施し価値を向上さ…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.405 ビリギャルを育成した坪田先生に学ぶ 特集号
PAGE TOP