メールマガジンバックナンバー

号外 資金繰りの悩みから解放される方法~洲山が語る資金調達と事業再生

自社の資金繰りをより改善したい…。資金の心配なく事業活動に集中したい。
全ての経営者に共通の望みではないでしょうか?

本日は喜望大地経営株式会社より、9月15日、21日に大阪で、9月16日に東京で
開催されるセミナー「資金調達と事業再生~借金30億円の地獄からの復活」に
ついてお知らせを申し上げます。

突然ですが、御社の資金繰りは何ヶ月先まで見えていますか?もし今月から
取引先の倒産などにより売上が激減したとして、
何ヶ月間まで耐えられますか?

会社の窮境状態にもいくつかの段階があり、いくつかの質問への答えによって
御社が現在どのような段階にあるのか、判断することが可能です。
上記の質問はその一例です。

他にも毎月資金がショートしていたり、
税金・社会保険の滞納がある場合などは窮境状態には相違ありませんが、
脱出の可能性はまだ十分に残されています。

仕入先に約定どおり決済できず未払いがある、
高金利のシステム金融から借り入れがある、といった場合は、
重度の窮境状態ですが、望みは捨てないで下さい。
今すぐ、対処すれば間に合う可能性があるかもしれません。

当セミナーでは、5 年で300 社の再生に成功した弊社会長・洲山が
あなたの会社の現状にあわせた
資金調達のノウハウを余すところなく伝授いたします。
ご来場いただいた皆様に
特にお持ち帰りいただきたいポイントは以下の3つです。

1.資金繰りの改善と資金調達の知恵とノウハウ
2.経営改善の知恵とノウハウ
3.売上、利益を増やすための具体的な道筋

当然のことですが、資金調達が間に合わなくなれば、
全ての企業活動はストップしてしまいます。
資金繰りのノウハウは、
全ての経営者が知っておかなければならない知識です。

ぜひ当セミナーで、プロの資金調達のノウハウを学び取ってください。

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

■資金調達・経営改革セミナー 詳細情報

【大阪会場】
・日程
9月15日(水)
9月21日(火)
16:00~17:45(開場15:40~)

・会場
JR 線『大阪駅』中央北口徒歩3 分
大阪市北区芝田2-4-4 日生ビル新館3F
OBS 会議室 TEL (06)6372-2121

【東京会場】
・日程
9月16日(木)
16:00~17:45(開場15:40~)

・会場
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-7-4
矢満登ビル ルノアール貸会議室プラザ
JR 東京駅八重洲北口から徒歩1分 TEL(03)3274-7788
(1 階はCafeRenoir ニュー八重洲北口店です。)

【参加費】 3,000 円(テキスト+本2 冊付)
※当日会場にてお支払い下さい。

【定員】 20 名※会場準備の為、前日までにお申込み下さい

※弊社では複数回の面接の上、
 お客様にご納得をいただいた場合のみご契約をいただいており、
 セミナー当日の強引な営業等は一切行いませんのでご安心下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今なら、ご来場者全員に下記の書籍2冊をプレゼント!

◎銀行にカネは返すな!(フォレスト出版) 洲山著
会計士・税理士では手に負えない会社を再生するテクニック!

◎金儲け哲学(かんき出版) 糸山英太郎著
株式相場における名勝負とその裏に隠された投資哲学を明らかにした1冊

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

事業を再生させたい経営者の方はもとより、現在事業が安定している経営者の
皆様も、「転ばぬ先の杖」としてぜひこの機会にお申し込み下さい!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.21 リスクマネージメントノウハウその3 借入条件変更(…
  2. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.374 平成27年有難うございました 特集号
  3. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.45 競売から任売に変わった七方良し(七光り?)の物語 …
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.83 ICHIROに学ぶ、目標設定こそ、事業再生の鉄則!…
  5. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.306 製造業の皆様、手待ちのムダを意識して改善・改革に…
  6. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.103 銀行にカネは返すな!出版記念・大阪講演会 特集号…
  7. 石井博メールマガジンバックナンバー vol.316 製造業の皆様、人的要因による凡ミス(ポカミス)を…
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.248 政策の“崖”!?支援なきままに出口へ追い出される…
PAGE TOP