メールマガジンバックナンバー

号外 ダイヤモンド社主催でセミナーをします

リスケをしたのに、本業の売上が回復せず返済再開ができない。

もしかすると、あなたもそんなギブアップ寸前のピンチに
陥っているのかもしれません。

円滑化法終了後、貸し剥がしや貸し渋りが起こり、
資金繰りの悩みを解決できぬまま
6万件が倒産の危機に陥る可能性があると言われています。

でも、あなたのことですから、

愚痴を言わずに、

▼何か方法はあるはずだ

▼人の知恵も借りてみよう

▼周囲を見回してみよう

このように、どんなに苦しい場合でも、
あきらめずに知恵を振り絞って解決策を考えておられることでしょう。

そうは言っても、先行きは不安ですよね?

私の見解を申し上げると、
金融円滑化法が終了しても、
一部は厳しくなりますが、本質は変わりません。

ただ、十分な準備は必要です。
今から対策をすれば十分間に合います。

経営者が再生の決意ある限り必ず道は拓けます!

私はそんな再生の決意ある経営者に、
笑顔と元気と勇気を与えることが使命だと感じています。

今回、ダイヤモンド社主催のセミナーに洲山が講師としてお話し
させていただく機会を頂きました。

この機会に、解決策を考えこの危機を乗り切る準備をしませんか?

■8年で612社の資金繰りの悩みを解決した
 経営計画見直し・金融機関交渉セミナー

▼金融円滑化法終了までに、何をすればよいのか?
▼銀行以外からの資金調達方法は?
▼リスケ延長を左右する「経営改善計画書」の書き方と注意点
などなど、

あなたの資金繰りの悩みを解決する話が盛りだくさんです。

通常参加費10,000円ですが、メルマガ読者に限り
5,000円にてご優待参加させていただきます。

さらに、
今回はダイヤモンド社主催セミナーということで、
通常の弊社セミナーではありえない特別な特典もプレゼント!

セミナー参加特典として、通常スポット相談フィー5万円の
洲山との相談を無料にて承ります。

借金・負債の問題はなかなか他人には相談しづらいものですが、
この機会にお気軽にご相談ください。

■8年で612社の資金繰りの悩みを解決した
 経営計画見直し・金融機関交渉セミナー

 

関連記事

  1. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.108 富めるときも、貧しきときも、これを愛しーーー! …
  2. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.176 ABLを知っていれば、資金繰りは廻ります♪♪ 特…
  3. 神崎和也メールマガジンバックナンバー vol.204 日本サイセーケイカク 特集号
  4. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.150 ビジョナリーカンパニー3 衰退の5段階に学ぶ 特…
  5. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.208 ニュースの深読みシリーズ?金融円滑化法、最後の再…
  6. 坂本利秋メールマガジンバックナンバー vol.338 ターゲットとなる潜在顧客がどこにどれだけいるかわ…
  7. 宮内正一メールマガジンバックナンバー vol.442 銀行頭取のテンションが下がった日 特集号
  8. 洲山メールマガジンバックナンバー vol.243 社長がリスケの時に出した経営改善計画は果たして実…
PAGE TOP