石井博コンサルタントコラム

製造業の皆様、QCサークル(QC活動)を実施していますか?

前回のメルマガでは、4M管理を徹底し、変化点が発生する場合は
特に気を付けて管理することで品質の向上につながる
ことをご紹介させていただきました。

今回のメルマガも品質管理について、
現場での品質改善活動にスポットを当てご紹介させていただきます。

QCサークル、QC活動、小集団活動と言われている活動をご存じですか。

QCサークルとは、
同じ職場内での品質管理活動を自主的に小グループで行う活動のことである。

全社的品質管理活動の一環として自己啓発、相互啓発を行い、
QC手法を活用して職場の管理、改善を継続的に全員参加で行うものである。

『出典:ウェイキペディア(Wikipedia)』

基本理念として、
1.企業の体質改善、発展に寄与すること
2.間性を尊重し、生きがいのある明るい職場を作ること
3.人間の能力を発揮し、無限の能力を引き出すこと

QCサークルが上手に活動できていれば、
現場の方々の『学ぶ喜び』、『学んだことを実践する喜び』、
『仕事を通じて会社に貢献する喜び』等を味わうことができる、
と言われております。

確かに、資金繰りに窮している状況でQCサークルなんて、
それどころではない、やっていられない、と思われることと思いますが、
利益の源泉は現場であり、
いかに改善・改革することが自社の利益に結びつくか、
ということになると思います。

品質第一主義に徹し、得意先の期待以上の商品(部品)、
サービスをご提供することが
得意先から魅力のあるパートナーとして位置付けされ、
引いては利益が捻出できる会社になるのではないのでしょうか。

では、どの様にしてQCサークルを進めていくのでしょうか。

一般的にはPDCAの管理サイクルを回していくことだ、と言われております。

計画P(Plan)を立て、それに従って実行D(Do)、
その結果を確認C(Check)、必要に応じて改善・改革A(Action)をする、
ことだと言われております。

国際規格である、品質マネジメントシステムISO9001、
環境マネジメントシステムISO14001においても
継続的に改善していくPDCA管理サイクルを構築することが要求されています。

先ずは、現場で計画P(Plan)を立案する必要がありますが、
これも事実にもとづいた、
データにもとづいた計画を立案しなければ意味がないと思います。

以前発行したメルマガでQC七つ道具のパレート図を利用して、
不良要因の大きいものから改善・改革していくことをご紹介しました。

データにもとづいた計画とは、まさに、
現場の現状認識からあるべき姿とのギャップを埋めていくことだと思います。

製造業では突き詰めると、いかに時間当たりの出来高を上げるか、
いかに不良率を低減させるか、ではないでしょうか。

現場での地道な改善・改革をすることで
高収益企業に生まれ変われることと思います。

そのためにもQCサークル、QC活動、小集団活動を活発化させることが
重要ではないでしょうか。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

 

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、7つのムダを意識して生産活動をされていますか?
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、ECRSの原則をご理解されていますか?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、作業報告書を改善・改革するために活用されていますか…
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、外部資源の活用をされていますか?
  6. 石井博コンサルタントコラム 部品別実力利益管理計表から何を読み取り、どの様に活用、改善・改革…
  7. 石井博コンサルタントコラム 『製造業V字回復の軌跡(実力利益率20.0%超の優良企業へ)』
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場グループ長の役割ってなに?
PAGE TOP