石井博コンサルタントコラム

製造業の皆様、VA・VE活動を実施し価値を向上させていますか?

前回のメルマガでは、
現場での品質管理活動にスポットを当てQCサークル活動を通じて、
現場での改善・改革の重要性をご紹介させていただきました。

今回は、VA・VEについてご紹介させていただきます。

VA(Value Analysis:価値分析)、VE(Value Engineering:価値工学)は、
同じものと考えてよいようです。

購買部門を対象にしたVAが、購買以外の設計・製造部門などに広がりを見せ
VEとよばれるようになったそうです。

社団法人日本バリューエンジニアリング協会の定義によると、
『最低の総コストで、必要な機能を確実に達成するため、
 組織的に、製品またはサービスの機能の研究を行う方法』とのことです。

VA・VEでは価値を次のように考えています。

価値=機能÷コスト

この価値を高めるための方策としては、次のようなものがあります。

(1)機能を一定に保ち、コストを小さくする。

(2)コストを一定に保ち、機能を大きくする。

(3)コストを大きくするが、機能をもっと大きくする。

(4)機能を拡大し、しかもコストを小さくする。

留意点としては、コストを機能以上に下げて
価値を向上するという考え方はしません。

要は、機能を下げて、それ以上にコストを下げる、という考え方です。

商品(部品)の機能は、
使用機能と貴重機能(魅力機能)に大別され、
さらに使用機能は基本機能(一時機能)と補助機能(二次機能)に大別されます。

使用機能とは、製品やサービスを使用するために
備えていなければならない機能のこと。

基本機能(一時機能)とは、その機能を欠くと
その対象の存在価値がなくなる機能のこと。

補助機能(二次機能)とは、基本機能を達成するための手段ないしは
補助的な機能のこと。

貴重機能(魅力機能)とは、外観など顧客(使用者)に
魅力を感じさせる機能のこと。

と言われております。

現在、ご支援させていただいている食品加工メーカー様では、
商品別EBITDA(=実力利益)管理計表が整い、
商品別の損益が把握できるようになったことから、
EBITDA(=実力利益)が赤字(営業赤字)の商品を
どのように黒字に改善・改革するか、
のお手伝いをさせていただいております。

以前は受注ロットも多く、規模の経済、経験曲線効果等も発揮され
利益を享受していただいていた商品も、
現在では受注ロットも少なくなり、売値も従前のまま、であることから
営業赤字を余儀なくされる結果となっています。

そこで、『コストを大きくするが、機能をもっと大きくして、
価値を高める、売値を上げる』ことを検討しよう、
ということになりました。

具体的には、中身に使用している材料を現状使用している材料よりも
高級な(高額な)材料にして、パッケージ等も高級感を出し、
高級品として市場に投入する、ということです。

この改善・改革もVA・VEの一つではないでしょうか。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

 

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、ECRSの原則をご理解されていますか?
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、管理会計を導入していますか?
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、SCMの構築に取り組まれていますか?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業V字回復の軌跡
  6. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場で『ムダどり』を意識していますか?
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、生産管理体制構築に経営資源を投下していますか?
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、人的要因による凡ミス(ポカミス)を撲滅する努力をさ…
PAGE TOP