石井博コンサルタントコラム

製造業の皆様、手待ちのムダを意識して改善・改革に取り組んでいますか?

前回のメルマガでは、製造現場において7つのムダを意識して
生産活動をしているか、その7つのムダの中で重要視されている
『つくり過ぎ(加工)のムダ』 についてご紹介させていただき、
現在、お手伝いしているクライアント様の改善・改革事例を
ご紹介させていただきました。

今回は、『つくり過ぎ(加工)のムダ』、『運搬のムダ』 とともに
改善効果が大きく、優先的に取り組む必要がある『手待ちのムダ』
についてご紹介させていただきます。

『手待ちのムダ』 とは、加工、運搬、検査など、いろいろな場面で
発生する作業したくてもできない手待ちのことであり、
前工程からくるワークを待っていたり、
自動加工している機械の監視をしていたり、
設備の故障停止、およびつくり過ぎによる
順番待ち等のことをしめしています。
機械の稼働率よりも人の待ちを重視しなければならないと思います。

人の待ちを重視するためには、ムダをだれが見てもムダであると、
はっきりとわかる様にすることが重要であると思われます。

現場作業員の方々に標準作業をしっかり守っていただき、
それ以外のことはやらせない、早めに手がけることを止めさせる等の
管理をすることで、
ムダを見つけやすい様にすることが重要ではないでしょうか。

現場作業員の方々には多台持ち、多工程持ち等の対策を講じて、
機械設備は稼働していなくとも
人は稼働している状況をつくることではないでしょうか。

多台持ちとは、1人または2人以上の作業者が、作業工程の流れの順に関係なく
単独に加工する複数台の機械を受け持って行う作業のこと、
と言われております。

多工程持ちとは、作業工程の流れの順に、
作業者が複数の工程を受け持って行う
作業のこと、と言われております。

『手待ちのムダ』 が発生しないよう、
現場監督者はムダが見つけやすいように
職場環境を整備することが重要ではないでしょうか。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

   

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、VA・VE活動を実施し価値を向上させていますか?
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、設備管理は実施されていますか?
  3. 石井博コンサルタントコラム 『不良品削減ノウハウ』を考察します
  4. 石井博コンサルタントコラム QC7つ道具の「ヒストグラム」
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業V字回復の軌跡
  6. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場グループ長の役割ってなに?
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、なぜなぜ5回真意の追求を実施されていますか?
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?part2
PAGE TOP