石井博コンサルタントコラム

製造業の皆様、運搬のムダを意識して改善・改革に取り組んでいますか?

前回のメルマガでは、製造現場において7つのムダを意識して
生産活動をしているか、その7つのムダの中で重要視されている
『つくり過ぎ(加工)のムダ』『運搬のムダ』とともに改善効果が
大きく、優先的に取り組む必要がある『手待ちのムダ』について
ご紹介させていただきました。

今回は、『運搬のムダ』についてご紹介させていただきます。
運搬は、すべての作業につきものですが、
運搬自体は付加価値を生まないので、ムダと考えられております。
倉庫から原材料、副資材や部品を運ぶ、次工程へ部品を送るために仮置きや
移し替えなどをする等は、加工を施す作業が発生しないので、
すべてムダな作業と言えるのではないでしょうか。

ムダな運搬を削減、排除するためには、レイアウト、工程編成等を検討して、
運ばなくてもよいようにすることが重要ではないでしょうか。
その次に運搬手段の合理化を検討されてはいかがでしょうか。

トヨタ生産方式のうち、『在庫のムダ』、『つくり過ぎ(加工)のムダ』、
『手待ちのムダ』、『運搬のムダ』の
削減に大きく貢献する改善方法として、
『間締め(まじめ)』というものがあります。

『間締め(まじめ)』とは、工程を連結して生産の流れをつくることであり、
空間的間締め、時間的間締め、組織的間締め、が存在する様です。

空間的間締めとは、工程を隣接させてムダを排除することです。
時間的間締めとは、仕掛品をつくらない、持たないことです。
組織的間締めとは、素早い対応をすることです。

現場の方々からの意見を聞き、どの様なレイアウトにすれば効率良く生産が
できるか、『間締め(まじめ)』 ができるか、引いては『運搬のムダ』を
軽減、削減できるか、答えは現場の方々がお持ちではないでしょうか。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

 

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 『不良品削減ノウハウ』を考察します
  2. 石井博コンサルタントコラム 品質安定に層別分析を活用しよう
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、SCMの構築に取り組まれていますか?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場グループ長の役割とは?
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、問題解決の8つのステップ(STEP:2現状を把握す…
  6. 石井博コンサルタントコラム 部品別実力利益(EBITDA)管理計表をどの様に作成していくのか…
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、問題解決の8つのステップ
PAGE TOP