石井博コンサルタントコラム

製造業V字回復シリーズ『目標を設定する』

前回のメルマガでは、
『トヨタの問題解決(著者:(株)OJTソリューションズ)』
という興味深い書籍に記載されていたトヨタ従業員の方々が、
問題解決をするための考え方には8つのステップがあり、
『ステップ2:現状を把握する』 について、
どの様に対応しているか、どの様なツールを活用して
現状把握をしているのかをご紹介させていただきました。

今回のメルマガは、『ステップ3:目標を設定する』 です。
目標は、『あるべき姿』 でも 『やること』 でも 『手段』 でもなく、
少し背伸びをする目標を立てることがポイントであるので、
達成目標を決めるときに気をつけなくてはいけないポイントが
4つあるのです。

1.『やること』 を目標にしない
 例えば、『改善提案件数を増やす』 というのは、
 実施する内容を表明したにすぎないので、具体的に
 『各人が改善提案件数を前期比20.0%アップさせる』
 というように目指す地点をしめす必要があるのです。

2.手段を目標にしないこと
 改善提案件数を増加させるためには、作業内容の確認、
 モノの流れ等を検証することが必要になると思いますが、
 これはあくまでも目標を達成するための手段にしかすぎず、
 手段が目標になってしまうと、
 手段を講じた段階で満足してしまい、
 問題の解決には結びつかないのです。

3.少し背伸びするような目標を立てる
 問題解決をするうえでよく発生するミスは、『あるべき姿』 と
 『目標』 を一致させてしまうことだそうです。
 例えば、『今期売上高を前期比20.0%アップにする』 というのが
 『あるべき姿』 であれば、『今期売上高を前期比20.0%アップにする』
 のままでは 『目標』 にはならないのです。

 『A得意先の売上高を10.0%アップさせる』 とか、
 『B商品の売上高を前期比20.0%アップさせる』 といったより
 具体的な目標になっていなければならないのです。
 つまり、目標設定の段階では、『あるべき姿』を実現する目標ではなく、
 そこに至る過程としての目標を立てることが重要です。

4.すぐに達成でできる目標を立ててしまうこと
 人は皆、どうしても簡単に達成できそうな目標を
 立ててしまいがちであるが、
 少し背伸びをしないといけないような目標を立てることが
 ポイントです。
 自分がこのくらいならできる、
 と思うレベルの20.0%から30.0%増しの目標を設定することが
 よい、のです。

また、達成目標を決める場合は、
何を、いつまでに、どうする、というように
数値で具体的に決める必要があるのです。
定量的な目標を決めないと、達成しているか否か正確に判断できないのです。
また、定性的な目標もできるだけ数値化することが重要であるのです。

定性的な目標は、『KPI(Key Perfomance Indicator)』 を活用することです。
KPIとは、目標を達成するための重要な業績指標のことです。
例えば、『ブランドイメージを高める』 という目標の場合、
ブランドイメージを測る指標として 『リピート率』、『広告出稿金額』
などを設定することで、ブランドイメージをある程度、
定量化することができるのです。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

   

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、商品・製品別EBITDA管理計表の活用具体例Par…
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、設備管理は実施されていますか?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場グループ長の役割ってなに?
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、人的要因による凡ミス(ポカミス)を撲滅する努力をさ…
  6. 石井博コンサルタントコラム 実力利益20%超の優良企業へ
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、運搬のムダを意識して改善・改革に取り組んでいますか…
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、決めたことは、きちっと、ルール通り実行していますか…
PAGE TOP