石井博コンサルタントコラム

問題解決の8つのステップ(STEP7:効果を確認する)

前回のメルマガでは、『トヨタの問題解決(著者:(株)OJTソリューションズ)』
という興味深い書籍に記載されていたトヨタ従業員の方々が、
問題解決をするための考え方には、8つのステップがあり、
『STEP6:対策を実施する』 ためには、
スピーディーに集中的に取り組む必要がある旨、
ご報告させていただきました。

今回のメルマガは、『STEP7:効果を確認する』 です。
対策を実施し、効果を確認する場合のポイントは、
対策実行をズルズルと続けないことで、
期限を決めて効果を評価することです。

対策の効果があらわれなかった場合は、
真因が間違っていると思われた方がよろしいと思います。
その場合は、再度、STEP4に戻り、
真因を考え抜くことをする必要があるのではないでしょうか。

対策の実行は期限内に一度区切りをつけて、効果に移る、
そして残された課題は、次期の問題テーマとする。
そうすることで、着実に問題を退治することができる。
ただし、その際には完全達成ができなかった要因を明確にし、
次に活かすことが重要である、のです。

また、結果がよくても、その場かぎりの対策になっていたり、
無茶な実行プロセスを踏んでいたりする場合も考えられるので、
トヨタでは、別の誰かが同じことをやっても、
同様の効果を得られなかったり、
続けられなかったりすれば、
それはプロセスに問題があると考えています。

誰がやっても同じ結果がでる様にすることが重要であり、
そのためには、『標準』をつくり、このやり方でやれば、
誰でも同じ結果になる、という『標準書』を
作成する必要がある、のです。

トヨタでは、必然的かつ継続的に結果が出せることによって
はじめて評価される文化があるのです。

『いつ、誰がやっても、同じようにできる』様なしくみを
つくることが大事である、ということです。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

   

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム QC7つ道具の「ヒストグラム」
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、変化点管理をされていますか?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、7つのムダを意識して生産活動をされていますか?
  5. 石井博コンサルタントコラム 問題解決8つのステップに学ぶ
  6. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場にてグループ長は作業に従事していませんか?
  7. 石井博コンサルタントコラム クレーム・製造不良対策論
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、商品・部品別EBITDA管理計表を導入していますか…
PAGE TOP