石井博コンサルタントコラム

『製造業V字回復の軌跡(実力利益率20.0%超の優良企業へ)』

前回のメルマガでは、
部品別EBITDA(減価償却前営業利益)管理を導入するためには、
いかにリアルな段取り時間、
リアルな加工時間等を把握する必要があることから
作業報告書(作業日報)の精度向上をすることが重要である旨、
ご説明させていただきました。

あわせて、作業報告書(作業日報)には、少なくとも、作業時間、
工程ごとの従事作業者、投入数量・完成数量・不良数量、不良要因、
機械停止時間、機械停止要因等は記載していただく必要がある旨も
ご説明させていただきました。

今回のメルマガでは、
精度向上された作業報告書(作業日報)をどの様に活用して、
部品別EBITDA管理計表に展開するのか、
についてご説明させていただきたいと思います。

部品別EBITDA管理計表とは、端的に申し上げると、
部品別に損益計算書を作成する、といことです。

ではどの様にすれば、部品別EBITDA管理計表が作成できるのか、
先ずは、必要な資料として下記4点が必要になります。

(1)前月の部品別売上高一覧表
(2)前月の作業報告書(作業日報)
(3)直近残高試算表(損益計算書)
(4)直近(過去6ヶ月ぐらい)全従業員の給与明細

(1)前月の部品別売上高一覧表
前月に出荷した部品を売上高の高い順にABC分析をした一覧表をもとに、
売上高構成比(累計)80.0%内の部品を試算する対象部品とします。
一般的に、売上高構成比(累計)80.0%にて、全部品の20.0%をしめる、
と言われております。
いわゆるAランク部品を対象に部品別EBITDA管理計表を作成する、
ということです。

(2)前月の作業報告書(作業日報)
作業時間、工程ごとの従事作業者、投入数量・完成数量・不良数量、
不良要因、機械停止時間、機械停止要因等が記載されており、
誰が書いても同じ状態である作業報告書(作業日報9が望ましいと思います。
誰が書いても同じ作業報告書(作業日報)にならない場合は、
ルール化をして徹底させることが必要だと思います。

(3)直近残高試算表(損益計算書)
部品別EBITDA管理計表を試算するにあたり、
売上高、材料費、労務費については、
部品別売上高一覧表、部品構成マスターおよび作業報告書(作業日報)
からリアルな金額を算出することは可能ですが、
他の勘定科目(製造経費、一般管理費等)については、
リアルな金額を試算することが困難ですので、
直近の残高試算表を使用することとなります。

(4)直近(過去6ヶ月ぐらい)全従業員の給与明細
作業報告書(作業日報)にて記載された段取り時間、加工時間をもとに、
従事作業者の分当たり賃率を乗算(掛算)することで
労務費が算出できますが、
正社員、パート社員、派遣社員等、従事作業者により給与が相違するため、
従業員別の分当賃率一覧表を作成する必要があります。

上述しましたが、部品別EBITDA管理計表とは、
1ヶ月単位としてAランク部品の損益計算書を作成する、ということです。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

 

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、手待ちのムダを意識して改善・改革に取り組んでいます…
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、生産管理体制構築に経営資源を投下していますか?
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、内段取り・外段取りを実施していますか?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、設備管理は実施されていますか?
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、仕入予算を現場に落とし込んでいますか?
  6. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、設備管理は実施されていますか?
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、変化点管理をされていますか?
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?
PAGE TOP