石井博コンサルタントコラム

『不良品削減ノウハウ』を考察します

ご支援している製造メーカー様で最近、得意先からのクレームおよび
工程内での不良等が多発しており、
再発防止に努めているが一向によくなる気配がない、
品質が安定しない、どうすればよいか、とのお問い合わせを受けました。

そこで、前回のメルマガは、
『品質管理部の担当者として何をどの様に管理していく必要があるのか』
と題して、工程を安定化させるための統計的品質管理の手法である
Xバー-R管理図が多く用いられている旨、ご報告させていただきました。

今回のメルマガでは、現場作業員の方々が不良を削減するためには、
何をどの様にして見える化し、活用すれば改善・改革ができるか、
をご紹介させていただきたいと思います。

製造メーカー様では、『QC七つ道具』 と称するデータを分析する
グラフであったり、チェックシートであったりする
『ツール』 いわゆる『道具』を使用することが多いと思います。

『QC七つ道具』 とは、
(1)パレート図
(2)特性要因図
(3)グラフ(管理図含む)
(4)チェックシート
(5)ヒストグラム
(6)散布図
(7)層別

上記記載の 『QC七つ道具』 の中で、現場の方々にどの商品(部品)で、
どの様な不良が多いか、何を改善すればその商品(部品)の不良が
削減されるか、を把握していただき、改善・改革するために役立つ
ツールとしては、先ずパレート図があげられと思います。

パレート図とは、値が降順にプロットされた棒グラフとその累積構成比を
表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフです。
問題の原因を把握したいときのツールとして使用されます。

パレート図からは下記事項がわかると言われています。
1.どの不良内容がもっとも多く問題か、がわかる
2.不良内容の大きさの順位がわかる
3.ある不良内容が全体のどのくらいの構成になっているかがわかる
4.どの不良内容とどの不良内容を改善・改革すれば
 どの程度解決できるかがわかる
5.不良内容の大きさが目で見てわかる

今回は、パレート図だけしかご紹介できませんでしたが、
他の品質管理ツールも活用され、
不良率0.0%を目指すことを目標としていただき、
結果、高収益体質の企業に生まれ変われると思います。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

 

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、作業報告書を改善・改革するために活用されていますか…
  2. 石井博コンサルタントコラム 実力利益を増加させる奥義を解説する
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、問題解決の8つのステップ(STEP4:真因を考え抜…
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業問題解決の8つのステップ!STEP5:対策計画を立てる
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、問題解決の8つのステップ (STEP8:成果を定着…
  6. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場グループ長の役割とは?
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、7つのムダを意識して生産活動をされていますか?
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業V字回復の軌跡その1
PAGE TOP