石井博コンサルタントコラム

QC7つ道具の「ヒストグラム」

ご支援している製造メーカー様で最近、
得意先からのクレームおよび工程内での不良等が多発しており、
再発防止に努めているが一向によくなる気配がない、
品質が安定しない、どうすればよいか、とのお問い合わせを受けました。

そこで、前回のメルマガは、『QC七つ道具』のうち、
一般的に多く活用されている『特性要因図』について
ご説明させていただきました。

『特性要因図』 は、考えられるすべての要因を1枚の用紙に書き出し
分類と体系をすることです。
この作業をすることで発想や、気づきが出やすくなります。
また、体系化することで全体の構造を俯瞰することができ、
重要な要因を推測することも可能になることをご説明させていただきました。

今回のメルマガでは、『QC七つ道具』 のうち、
『ヒストグラム』についてご説明させていただこうと思います。

『ヒストグラム』とは、
縦軸に度数、横軸に階級をとった統計グラフの一種で、
データの分析状況を視覚的に認識するために主に統計学や数学、
画像処理等で用いられるグラフです。

柱図表、度数分布図、柱状グラフともいいます。

また、『ヒストグラム』は、散らばりを表すのに用い、
項目の分布を感覚的に把握することができます。

また、異常値の発見、データの集中度合いがわかりやすいグラフです。

『ヒストグラム』は、『棒グラフ』と似ておりますが、『棒グラフ』は、
複数の項目を比較するために用います。
つまり、独立した項目を比較するためのグラフが 『棒グラフ』 であり、
縦軸と横軸の長方形の面積を表現しているのが
『ヒストグラム』ということです。

縦軸と横軸の面積を表現していることから、
横軸の項目でどの位置に集中しているか、
どの位置の横軸が少ないか等散らばり具合がわかる様になっております。

現場で品質改善をする場合のデータを見るときに、
データが1つしかないということはあまりないと思います。
いくつかのデータが集まっているのが普通だと思います。
この様な場合に、そのデータについて
次のような特性を知ることが不可欠です。

1.データの代表する値は何か
2.データのバラツキはどのくらいあるか
3.規格値に対してどのくらいの不良が含まれているか
4.工程の管理状況は良好か

上記の様な情報を得るために 『ヒストグラム』 を用いることが有効です。
小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

 

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 問題解決8つのステップに学ぶ
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場で『ムダどり』を意識していますか?
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、仕入予算を現場に落とし込んでいますか?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業V字回復シリーズ『目標を設定する』
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、問題解決の進め方が明確になっていますか?
  6. 石井博コンサルタントコラム 部品別実力利益(EBITDA)管理計表をどの様に作成していくのか…
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、作業日報(作業報告書)を活用していますか?
  8. 石井博コンサルタントコラム 予実管理は、してまっか?
PAGE TOP