石井博コンサルタントコラム

品質安定に層別分析を活用しよう

ご支援している製造メーカー様で最近、
得意先からのクレームおよび工程内での不良等が多発しており、
再発防止に努めているが一向によくなる気配がない、
品質が安定しない、どうすればよいか、
とのお問い合わせを受けました。

そこで、前回のメルマガは、『QC七つ道具』のうち、
『散布図』についてご説明させていただきました。

日本工業規格(JIS)では、『散布図』を
『2つの特性を横軸と縦軸として、観測値を打点して作るグラフ』と
定義されており、
改善すべき特性と要因を把握するために使用されております。

また、ある特性と他の特性との関係を調べたいとき、
1つの特性に対する2つの要因の関係を調べたいときに
使用することが多いことをご説明させていただきました。

今回のメルマガでは、『QC七つ道具』のうち、『層別』について
ご説明させていただこうと思います。

『層別』とは、たくさんのデータを、
ある特徴によって、いくつかのグループに分類することで、
問題点をより具体化することができます。

『層別』は、以前ご説明させていただきました
『パレート図』、『ヒストグラム』等の様なツールではなく、
やり方、考え方と申し上げた方が
ご理解し易いのではないかと思います。

製造メーカー様の現場では、一例ですが、
時間別、作業者別、作業方法別、工程別等の
『層別』にて使用されていることが多いです。

『層別』の活用方法としては、
データのバラツキ原因を調査し、データのバラツキを小さくし、
不適合品の発生を少なくするなど、
不適合品の原因究明や作業改善を行うために
活用することができます。

上述した『パレート図』、『ヒストグラム』等の
ツールと合わせて活用すれば効果的です。

『層別』を上手く活用すれば、
一見複雑にみえる問題でも、
よい解決方法が見つかるものですが、
『層別』するうえでデータが抜けてしまっている場合があります。

データ収集には多大な時間が必要なことを
肝に銘じることが重要ではないでしょうか。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

   

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、外注管理をされていますか?
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、問題解決の8つのステップ(STEP4:真因を考え抜…
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、設備管理は実施されていますか?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、外部資源の活用をされていますか?
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、問題解決の進め方が明確になっていますか?
  6. 石井博コンサルタントコラム QC7つ道具の「ヒストグラム」
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業V字回復シリーズ『目標を設定する』
  8. 石井博コンサルタントコラム 部品別実力利益管理計表から何を読み取り、どの様に活用、改善・改革…
PAGE TOP