石井博コンサルタントコラム

製造業の皆様、品質管理チェックシートを活用されていますか?

前回のメルマガでは、
生産管理体制の構築についてご説明させていただきました。

中日程、小日程を立案して作業の優先順位については
現場の方々に任せる、現場の方々の意見を反映した中日程、
小日程の立案が重要な旨 ご説明させていただきました。

今回のテーマは、
品質管理チェックシートの活用についてご説明させていただきます。

得意先の納期通りに生産計画を立案して、
現場に対しての作業指示をしても、品質に不備があり、
出荷検査時に不具合が発見され、出荷停止となった場合、
その不具合を手直しする必要が発生します。

そうなると、生産計画自体も絵に描いた餅になってしまいます。

そこで、現在、ご支援しているクライアント先では以前、
不具合が多く発生する工程にて、次工程に渡す際に、
自工程で品質100.0%保証をするという考えのもと、
品質管理チェックシートを活用することとしました。

現場責任者、不具合頻度が多い工程の作業者、
次工程の作業者、出荷検査担当者交えて、
どの様な不具合が多いのか、
どの部分に気をつけてモノづくりする必要があるのか、
過去のトラブルは、という様に不具合が発生しそうな
現象含め洗い出をしていただきました。

結果、以前は出荷検査時に約10.0%前後の手直しが
発生しておりましたが、
品質管理チェックシートを活用し始めてからは
手直し率がほぼ0(ゼロ)になったとのことです。

同社の様に手直しができる部品であれば、
工数は発生しますが良品とすることができます。

しかし、手直しができない様な部品であれば
不具合品はすべて廃棄となってしまします。

また、社内にて不具合品を流出防止できればまだ良いですが、
得意先に納品され、結果、ロットアウト、最悪、ライン補償となり、
取引停止、という様なこともあり得る話だと思います。

モノづくりにおいて、
100.0%良品を製造することは非常に厳しいことである、
と理解しておりますが、少しでも不良率を低減させることで、
製造原価が低減し、売上総利益(粗利益)が増加し、
結果、営業利益が増加するのではないでしょうか。

同社では自工程で製造する部品については、
100.0%保証して次工程に渡す気概で取り組んでいただいております。

また、更に、作業者のレベルアップをはかるために、
作業標準書を作成して、
誰が製造しても同レベルになる様な活動も開始しております。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、決めたことを、きちっと、ルール通り、実行しています…
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、作業者の方々は作業標準書通りに正確に作業をされてい…
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、なぜなぜ5回真意の追求を実施されていますか?
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?part2
  6. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場で『見える化』に取り組んでいますか?
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場グループ長の役割ってなに?
お問い合わせ

PAGE TOP