石井博コンサルタントコラム

製造業の皆様、生産計画(作業指示書)を現場に対して発行していますか?

前回のメルマガでは、小職がご支援しているクライアント先で
品質管理の方法として、工程ごとに限度見本を作成し、
かつ、さらなる品質向上の観点から工程ごとに
作業標準書(マニュアル)を作成いただき、
徐々にではありますが作業者の方々の品質に対する意識が
変わってきた旨ご報告させていただきました。

今回のメルマガのテーマは、工程ごとに『生産計画(作業指示書)』を
現場に対して発行しているか、
ということについてご説明させていただきます。

上述したクライアント先では、ご支援する以前は完成品になった後、
出荷検査にて出荷不可の完成品が約30.0%超存在しており、
その不具合品については、再度、バラして作り直しをする、
いわゆる手直しが多数発生しておりました。

手直しが発生する、ということはムダな作業が発生して、
本来、今、製造しなければならないモノが製造できないということです。

先ずは、その手直し率を改善・改革する観点から、
工程ごとに品質チェックシートを作成して、限度見本を作成して、
前回メルマガでご説明させていただいた作業標準書(マニュアル)を
作成して、結果、現在では完成品の出荷検査時での手直しが
ほぼ0(ゼロ)になりました。

そこで、次なる課題としては、
今、必要なモノを必要なだけ製造する体制を構築する、
ということで生産計画(作業指示書)の発行のご支援をしております。

以前は、前工程で製造されたモノ(数)がそのまま次工程に流れてきて、
次工程の作業者は流れてきた数すべてを製造する体制でした。

流れてきた数すべてを製造する、となると、本来今製造しなくても
よいモノも製造することから納期遅れ等も発生しておりました。

例えば、前工程から20個流れてきたが、納期から判断すると
10個は今製造して、次工程に渡す。残り10個は来週でもよい、
ということもあると思います。

上述したクラインと先では、工程ごとに得意先からの納期、
仕掛品の有無、購入部品の納期等を考慮して工程ごとに
生産計画を立案して作業指示書(今日、何を、何個製造するか)を
現場に対して指示する必要がある旨ご説明させていただき
現在、取り組んでいただいております。

現時点では、すべての工程に作業指示書を発行できておりませんが、
納期に左右されるAssy工程では、作業指示書を発行することで、
現場作業者の方々が今日、最低、何を、何個製造しなければならないかが
把握できるようになった、とのことで大いに役立っている様です。

徐々にではありますが納期遅れも解消傾向にあります。

今までとは違うやり方をするわけですから、
多少、時間は掛かるかもしれませんが
さらなる改善・改革を進めていただければと思います。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

   

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、品質管理チェックシートを活用されていますか?
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、決めたことは、きちっと、ルール通り実行していますか…
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場グループ長の役割ってなに?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?part3
  5. 石井博コンサルタントコラム クレーム・製造不良対策論
  6. 石井博コンサルタントコラム 『不良品削減ノウハウ』を考察します
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?part2
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、なぜなぜ5回真意の追求を実施されていますか?
PAGE TOP