石井博コンサルタントコラム

製造業の皆様、在庫管理をされていますか?

前回のメルマガでは、VA・VEの定義
『最低のコストで、必要な機能を確実に達成するため、
組織的に製品またはサービスの機能の研究を行う方法』
であり、価値を高めるための具体策をご説明させていただきました。

今回のメルマガのテーマは、在庫管理についてご説明させていただきます。

現在ご支援させていただいているクライアント先では、
月間AVの売上高に対して月末の棚卸高が5倍超計上されております。

在庫を持つことで、置場スペースが必要であること、
在庫を管理する人員が必要なこと、
それ以上に資金繰りに影響する旨を現場管理者の方々に
ご説明させていただき、
現在、在庫適正化PJとして在庫適正化に向けた活動をしております。

まずは、現状の在庫実態を把握する必要があることから、
縦軸に出荷対応日数、横軸に出荷日数として
在庫散布図をご作成いただきました。

出荷対応日数というのは、
今ある在庫であと何日分の出荷に対応できるか、ということです。

出荷対応日数=月末在庫量(製品ごとの月末在庫量)÷1日当たりの
平均出荷量(製品ごとの月間出荷量÷製品ごとの月間出荷日数)にて算出します。

出荷日数というのは、月間で何日(何回)出荷があったということです。

これは製品によって大きな違いが出るはずです。

出荷日数の最大値はその月の稼働日数になります。

上述したクライアント先で作成した在庫散布図を拝見すると、
月1回の納品頻度なのに100日分在庫が存在する
(要は100ヶ月分在庫が存在する)という製品や、
毎日出荷する製品の在庫がまったくない、
という様な状態でした。

必要なモノがなく必要ないモノがある、という様な
いわゆる在庫管理がまったくできていない状態でした。

在庫はいうまでもなく、
顧客への納品のために持つモノで、
顧客からの注文を受けた製品を約束通りに届けるために
準備しておくのが在庫であり、
そして、そのために存在するのが在庫管理です。

従って、在庫は結果ではなく計画的に持つモノだということを
認識することが重要です。

計画的に持つモノだという認識のもと、発注方法を検討して、
今後は不定期不定量発注方式に変更するために、
製品別に発注点、発注量を過去の出荷実績をもとに
安全在庫とリードタイムを考量して算出して
いただくこととしました。

日数で設定していただくこととしました。

『この製品は在庫が残り5日になったら10日分発注する』
という様なルールにしていく予定です。

次回、打ち合わせ時には製品別に安全在庫と
リードタイムを考慮して日数設定していただくことに
なっておりますので楽しみにしております。

結果は次回メルマガにてご報告させていただきます。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、在庫管理は実施されていますか?
  2. 石井博コンサルタントコラム 問題解決8つのステップに学ぶ
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、仕入予算を現場に落とし込んでいますか?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?part2
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、生産管理体制構築に経営資源を投下していますか?
  6. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、生産計画(作業指示書)を現場に対して発行しています…
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、運搬のムダを意識して改善・改革に取り組んでいますか…
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業V字回復の軌跡その1
お問い合わせ

PAGE TOP