石井博コンサルタントコラム

問題解決の8つのステップ(STEP4:真因を考え抜く)を解説します

前回のメルマガでは、

『トヨタの問題解決(著者:(株)OJTソリューションズ)』という
興味深い書籍に記載されていたトヨタ従業員の方々が、
問題解決をするための考え方には8つのステップがあり、
『STEP3:目標を設定する』ために気をつけなくてはいけない
ポイントが4つある旨、ご報告させていただきました。

今回のメルマガは、『STEP4:真因を考え抜く』です。

真因とは問題を発生させる真の要因のことであり、
目の前の要因に安易に飛びついてそれらを解決したとしても、
それが真因でなければ目の前の原因を取り除いただけで、
また同じ問題に直面するということです。

従って問題を発生させた真因を追求し、
抜本的な解決を図ることが重要です。

トヨタでは真因に迫るために、
『なぜ』を5回繰り返して要因を絞り込んでおります。

真因になりうる要因を絞り込むには、
『特性要因図』 を活用することをお勧めします。

『特性要因図』 を使って要因を出していくうえで、
最初にポイントになるのは要因を考えるための切り口(大骨)を
見つけるということです。

製造メーカーの場合によく使われる4M(Man(人)、
Machine(機械)、Material(材料)、Method(方法))や、
人・モノ・金・情報や、QCD(Quality(品質)、Cost(コスト)、
Delivery(納期))等を切り口(大骨)とすれば、
考え易いということです。

そこで重要になることは、
『STEP2:現状を把握する』で導き出した解決すべき課題を
当てはめなければならないということです。

次に真因かどうかを確認する作業に入りますが、
確認するためには3つのポイントがあります。

1.その要因に手を打てば、問題が解決され同じ成果が上げられ続けられるか。
2.もう一度、なぜを繰り返すと問題が拡散しないか。
3.因果関係が逆も成り立つか。

また、特定要因図で絞り込まれた推定要因は、
三現主義にもとづき事実との検証を行って、
真因をあぶり出すことが必要であり
この段階でも『なぜ』を活用することが有効です。

これならできそう、ではなく、
これをやらなければならない、
という視点から真因を見定めることが重要であり、
真因へとつながるプロセスを明確にする必要があります。

問題解決にあたる場合は、
関係者間にてその要因を導き出したプロセスを共有することが重要であり、
関係者が理解、納得していただければ
腹落ちして問題解決にあたれるということです。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、QCサークル(QC活動)を実施していますか?
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、変化点管理をされていますか?
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、VA・VE活動を実施し価値を向上させていますか?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、問題解決の8つのステップ
  5. 石井博コンサルタントコラム 部品別実力利益管理計表から何を読み取り、どの様に活用、改善・改革…
  6. 石井博コンサルタントコラム 品質安定に層別分析を活用しよう
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、品質管理活動に経営資源を投入していますか?
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場グループ長の役割ってなに?
お問い合わせ

PAGE TOP