石井博コンサルタントコラム

『トヨタの問題解決8ステップ』を解説します

前回のメルマガ含め都合8回
『トヨタの問題解決(著者:(株)OJTソリューションズ)』 という
興味深い書籍に記載されていたトヨタ従業員の方々が、
問題解決をするために8つのステップを踏んで問題解決を
している旨、ご報告させていただきました。

今回のメルマガは、その8つのSTEPをSTEPごとに
簡単にまとめてご報告させていただきます。

(1) STEP1:問題を明確にする
(2) STEP2:現状を把握する
(3) STEP3:目標を設定する
(4) STEP4:真因を考え抜く
(5) STEP5:対策計画を立てる
(6) STEP6:対策を実施する
(7) STEP7:効果を確認する
(8) STEP8:成果を定着させる

(1) STEP1:問題を明確にする
悩んでいること、困っていることを抽出して、
その問題に優先順位をつけて取り組むことが重要であり、
抽象論ではなく数字でとらえることが重要である。

データでしめすことにより胎落ちし易くなる。

(2) STEP2:現状を把握する
問題を発見したらブレイクダウン(分析)する必要があり、
経験、勘、度胸だけではなく数値にて裏付けされた
データをもとに要因分析をして現状把握をする。

(3) STEP3:目標を設定する
やること、手段を目標とせず、
少し背伸びをするような目標を立てることが重要である。

また、達成目標を決める場合は、
何を、いつまでに、どうする、というように数値で
具体的に決めることが重要である。

(4) STEP4:真因を考え抜く
目の前の要因に安易に飛びついて、
それらを解決したとしても、
それが真因でなければ、
目の前の原因を取り除いただけで、
また同じ問題に直面する。

真因を追及し抜本的な解決を図ることが重要である。

(5) STEP5:対策計画を立てる
真因を特定したら、どうすれば真因をなくすことができるか、
徹底的に考え抜くことが必要であり、
真因は1つにかぎらないので、
真因ごとにできるだけたくさんの対応策を洗い出すことが
重要である。

(6) STEP6:対策を実施する
対策を実施する場合は、スピーディーに実施することであり、
集中的に取り組む必要がある。

なぜ、スピーディーに集中的に取り組む必要が
あるのかというと、環境の変化によって真因やその対応策が
変化することが考えられるからである。

(7) STEP7:効果を確認する
効果を確認する場合、対策実行をズルズルと続けないことで、
期限を決めて効果を評価することが重要である。

対策の効果があらわれなかった場合は、
真因が間違っていることが考えられるため、
再度、STEP4に戻り、真因を考え抜くことが必要である。

(8) STEP8:成果を定着させる
成功のプロセスを仕組みとして定着させることで、
いつ、誰がやっても、同じ結果になる、いわゆる標準化する。

都合8回にわけて、トヨタ従業員の方々がどの様にして、
どの様な方法で問題解決に取り組んでいるのかを
ご報告させていただきました。

1つの問題解決の完了は、次なる問題解決のスタートであり、
標準のレベルを上げ続けることで組織力が向上し、
仕事の質や現場力をアップさせることにほかなりません。

問題解決には終わりはありません。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 予実管理は、してまっか?
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、作業報告書を改善・改革するために活用されていますか…
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、設備管理は実施されていますか?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、商品・部品別EBITDA管理計表を導入していますか…
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、作業日報(作業報告書)を活用していますか?
  6. 石井博コンサルタントコラム 作業報告書を改善・改革するために活用されていますか?
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、QCサークル(QC活動)を実施していますか?
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、VA・VE活動を実施し価値を向上させていますか?
お問い合わせ

PAGE TOP