石井博コンサルタントコラム

製造業の皆様、現場でムダ取りを意識していますか

トヨタ生産方式では、
ムダは『顧客にとって価値のある作業や業務(付加価値)以外の全てのもの』と
定義しており、このムダを無くすことが重要な取り組みです。

代表的なムダは7つあります。

1.つくりすぎのムダ
2.手持ちのムダ
3.運搬のムダ
4.加工そのもののムダ
5.在庫のムダ
6.動作のムダ
7.不良をつくるムダ

ムダは見えなければ(認識されなければ)排除することができません。

そのために『5S』が重要である、ということです。

基本は『5S』ということですね。

『5S』についても以前メルマガでご説明させていただきました。

トヨタ生産方式では、品質向上、原価低減を目的とせず、
ムダを排除するプロセスを重視しているように思います。

ムダを排除すれば、結果、品質向上、原価低減が
達成できると考えられております。

ムダを排除するプロセスを重視しているとは、
『人に光を当てる経営』をしていることにつながります。

『人に光を当てる経営』とは、次工程お客様主義を貫き、
自工程では不良をつくらない、不良を流出させない、
という現場の方々の意識が重要で、結果、ムダが排除できるということです。

ご支援させていただいているクライント先様も、
売上高構成比の上位商品は、機械加工後、人海戦術にて箱詰め、
梱包作業をされております。

完成品になるまで数工程掛っております。

機械加工に携わっているオペレーターの方々には、
源流管理の重要性、次工程お客様主義、
次工程では不良をつくらない、不良を流出させない、
という意識を持っていただき仕事、作業に取り組んで
いただけるようなご支援を心掛けております。

製造現場では、いかに時間当たりの出来高を上げるか、
いかに不良率を低減させるかが重要なことです。

トヨタ自動車のような大企業だから、
優秀な人材が沢山従事しているから、改善・改革ができるのではなく、
我々、中堅中小零細企業であっても
現場の方々の意識によってムダは排除できるのではないでしょうか。

現場の方々に、何故、時間当りの出来高を上げる必要があるのか、
不良率を低減させる必要があるのか、
をご理解いただくように努めることも経営者(社長)の
仕事の一つではないでしょうか。

我々、中堅中小零細企業の現場にそのまま
トヨタ生産方式である『JIT(Just In Time)』や
『自働化』を導入したとしても上手くいかないことが多いようです。

これは上述しましたが、
現場の方々の意識が従前と変わっていないことが要因の一つです。

モノづくりは、人づくりと言われているように、
目的意識を高めて仕事、作業に従事していただきたいものです。

小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 石井博コンサルタントコラム 部品別実力利益(EBITDA)管理計表をどの様に作成していくのか…
  2. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、QCサークル(QC活動)を実施していますか?
  3. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、現場グループ長の役割ってなに?
  4. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、つくりすぎのムダを意識して生産活動をされていますか…
  5. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、仕入予算を現場に落とし込んでいますか?
  6. 石井博コンサルタントコラム 実力利益20%超の優良企業へ
  7. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、会議は建設的ですか?part2
  8. 石井博コンサルタントコラム 製造業の皆様、商品・製品別EBITDA管理計表の活用具体例
お問い合わせ

PAGE TOP