神崎和也コンサルタントコラム

さぁ日繰り表をつけてみよう!

弊社にご相談に来られる企業で潤沢な資金をお持ちのところは
非常に少ないのが現状です。
っていうかお金が無いから相談に来られるんですよね。

でも、何時どれだけ足りないかを正確に把握している社長さんは少数派です。
勿論、月末の手形が落とせないとか、来月の銀行返済が出来ないとか
一か月以内に起こり得る目の前の危機は
何となく本能的に把握されていますが、
2ヶ月後の月末の現預金の残高を正確に把握している社長は
皆無と言っていいでしょう。

資金繰り表を見せてくださいといったら、
殆どの社長がが銀行から指定されたフォームで作成された
月単位の資金繰り表を見せてくれますが、
内容をご自身で説明できる方はむしろ少なく、
銀行に提出する為に経理に作成させた物が殆どです。

銀行が要求してくる資金繰り表はあくまでも、
返済原資が確保出来るのか否かをみる事がポイントです。

だから、売上は現金か手形かだけであり、
いつどこから入ってくるのかは解りませんし、
支出も買掛金の支払いと手形決済、人件費は
別にしているケースが散見されますが、
後は販管費と一まとめにしている事が多いです。
当然、何日に誰に払わなければならないかなんて一切考慮されていません。
そのくせ支払利息の欄がちゃっかり入れてあったりします。
月中に資金がどう動くのかが見えないし、月末時点での数値しか解りません。
要は、金融機関側が知りたい事だけを記入する表なので、
企業経営にはあまり有効なツールとは言えません。

ですので、弊社ではご依頼のあったクライアント様に対して先ず、
資金繰表を2-3カ月分日繰りで作成していただき、
正確な資金の流れを把握し、
それによって対処方法を決めるようにしています。

『売上も支払いも確定していないのに、
 そんな2カ月も先の事解るわけないやろ!』
と結構マジに切れられるお客さまもいらっしゃいますが、
現預金残高を気にしなくてもよい位資金が潤沢であれば
そんな面倒な事をする必要はありませんが、人間というのは不思議なもので、
お金を持っている人ほど残高を正確に把握しており、
お金のない人に限って正確な計算をせず現実から目を逸らす傾向にあります。

日繰り表とはどのようにつけるのかを下記にまとめましたので、
一度ご自分の会社のをつけてみてください。
最初は結構面倒ですが、慣れてしまえば簡単です。
年商10億を超える会社の社長でも、
毎日ご自分で1円単位まで作成されている方もいらっしゃるくらいです。

1.開始残高を確定する。(預金残高を正確に把握する。)

2.現時点で確定している入金(現金回収、手形期日入金、手形割引)と
 出金(現金支払、手形決済等)を全て入力。

3.小売、サービス業等の日毎に入金(売上)がある会社は
 予測値も含め日毎に入力する。
 製造業、卸売業等で売上が読みにくい場合でも、
 前年、前月を考慮し予測値を入力する。

4.人件費は給料日、その他の販管費も支払予定日に合わせて入力する。

5.入金、出金とも予想値が確定値に変わったらすぐに置き換える。

6.最低3カ月分、出来れば半年~1年分を作成する。

概ね、上記の作業を毎日実行すれば、
日々の現預金残高が簡単に把握できます。
勿論これで現預金の残高が全ての日に於いてマイナスにならなければ、
理論上は資金繰りが出来ている事になります。

その会社の事業規模によって、安心していられる残高は違ってきますが、
この日繰り表をしっかりとつける事によって、
社長の金銭感覚は研ぎ澄まされてきます。

もし、1日でもマイナス残高の日が出たとしたら、
その前後の入出金を調整するしかありません。
勿論、お金が足りない事が解ったとしてもお金が湧いてくる事はありませんが、
何時、いくら足りないのかが1週間前に判明するのか、
2か月前に予測できるのかでは、
その対処方法に大きな差が出るのは明らかです。

ここで最大のポイントは、慢性的にマイナスが続く場合の対処方法です。

一言でいえば、借りて廻そうとしては駄目です。
今返せないのに、これ以上借りて返せるはずがありません。
目先の借入を返済する為に、更なる借入を起こせば破滅の道を
一直線に進んでいく事になります。

借りて資金作るより、返さずに資金を捻出する方がずっと現実的です。
この辺のところは弊社代表洲山著『銀行にカネは返すな!』で
詳しく説明しておりますのでご一読ください。

恰好よくいえば、『キャッシュフロー経営』
古き良き日本語に置き換えれば『自転車操業』とも言えますが、
この日繰り表は『自転車操業』の補助輪と言えるでしょう。

天性の運動神経でアクロバティックな資金繰りを行い、
何年もS級S班並みの自転車操業をしている社長を知っていますが、
この日繰り表をしっかりつける事によって
誰でもが公園でのサイクリングレベルの資金繰りスキルは
身に付ける事が出来るようになります。

会社はいくら赤字でも資金繰りが廻っている間は潰れませんが、
資金が尽きればいくら損益計算書上が黒字でも、
ニキビのように簡単に潰れてしまいます。

どうせ日本の中小企業の70%は実質債務超過です。
今はやりのIFRS(国際財務報告基準)なんかを
基準にした日にゃ90%以上が債務超過になるでしょう。

取り敢えず生き延びましょう。

継続は力です。

ゾンビ企業と言われようと、
営業を継続していけばそのうちいい事があるかも知れません。

神風が吹くかもしれないじゃないですか!(多分吹かないですけど、、、)

喧嘩は負けたと言うまで本当の負けではありません。

死んで花実が咲くものか! 

最後まで頑張る! そんな社長を応援します。

便利な日繰り表のフォーマット(書式)は、
洲山のセミナー参加者に配布致します。
安全運転のためにぜひご参加ください。

 

関連記事

  1. 神崎和也コンサルタントコラム 『みんな』と『ふつう』 数字で見なけりゃわからない。
  2. 神崎和也コンサルタントコラム こんなCMに、、、大丈夫か、Power with heart
  3. 神崎和也コンサルタントコラム 私の読書法いや違う、選書法
  4. 神崎和也コンサルタントコラム Next to aisle
  5. 神崎和也コンサルタントコラム 歓迎光臨 マイナンバー
  6. 神崎和也コンサルタントコラム P生命保険 VS JRA 仁義なき戦い
  7. 神崎和也コンサルタントコラム 生活保護の闇に迫る、社会派コラム「どうせただやから、、、」
  8. 神崎和也コンサルタントコラム トマ・ピケティの「21世紀の資本」書評
PAGE TOP