神崎和也コンサルタントコラム

資産家の実態とそれに群がる金融マン

『実録 r>g』
もう誰も覚えてはいないと思いますが、
前回のメルマガで予告した r>gの実体験を
書かせていただきます。

私の知り合いに生涯に2度も莫大な(私の主観)
遺産相続を受けた人がいます。齢75を超えるまで、
一度たりとも国民の3大義務の一つである『勤労』に従事せず、
ただひたすらstockから生み出されるreturnのみで
暮らしてきた人です。

彼の口座には毎月、○×△信託銀行から○○○円の
配当が振り込まれてきます。
この『○○○円』を正確に書けばもっとリアリティが
出るのでしょうが、少々差支えがありますので取り敢えず、
4,552ペリカとしておきましょう。

『ペリカ』と言ってピンとくる人!結構いるでしょうね。
カイジが地下帝国で食べる焼き鳥(1パック 7,000ペリカ)と
缶ビール(一本 5,000ペリカ)を見て、
思わずつばを飲み込んだ人も多いはずです。

この帝愛グループのペリカは、1円=10ペリカでしたが、
今回のメルマガのレートはこれとは違います。
(いくらかは言えませんが、、、)
兎に角、彼の口座には毎月4,552ペリカが振り込まれてきます。

具体的に言えば、毎月分配型投信であるJリート、
Jリートリサーチ、インフラプラス、オージー公社債ファンド等
の分配金ですが、
彼に金融リテラシーが備わっていた訳ではありません。

○×△信託銀行の支店長に言われるがままに盲印を押しただけです。
彼の住む介護付き老人ホームの料金は、
月額 812ペリカ(3食付)ですが、
それ以外に毎月1,100ペリカほどお小遣いに使っているみたいです。

それでも毎月2,500ペリカが普通預金に貯まっていく計算です。
勿論年金もありますが、
それは一度も引き出したことが無いそうですし、
(年金の)金額も知らないらしいです。

もう一度言いますが、
彼には金融リテラシーのひとかけらもありませんし、
気合、根性、努力、勤勉、辛抱、節約等の単語とは
全く無縁の暮らしを75年間続けてきました。

いや、続けてこれたというのが正確な表現でしょう。
ただ、そういう家庭に生まれただけです。

タケノコ生活という言葉がありますが、
剥くより成長が早い筍子を持っている人は強いのです。
よりによって2012年12月からの安倍黒コンビによる
アベノミクスにより、(前述したように)、
毎月 4,552ペリカも受け取りながら、
元本 約420,000ペリカが、462,000ペリカに増えています。

rは一体いくらになるのでしょう。
暇な人は計算してみてください。嫌な気分になること必定です。
最近の私は彼の消費行動を見るにつけ、
必死になって働くのがバカらしくなってきているのです。

盆暮れには、○×△信託銀行の支店長がお中元、
お歳暮をもって挨拶に来ます。

そして何とか投信を買い替えさそうと甘言を弄します。
そもそも、6年ほど前に売った投信を3年ほど前に
毎月分配型投信に買い替えさせた時に支店長の言った言葉が、
『○○様、これからの長い老後を安心して過ごすためにも、
この毎月分配型投信が最適です。××××』。

それで支店長が薦めたのが現在のJリート、
インフラプラス(ブラジルレアル)等の投信です。
どこが安定した投資やねん!
思いっきりリスクを取らしてるやんけ。

そもそも、投資信託っていう概念(コツコツ積み立てる)と
『毎月分配型』とい方式は全く相反する商品であり、
この手(毎月分配型)の商品はただただ信託銀行が
手数料を稼ぐためだけに作り出した商品だと断言できます。

そして、この○×△信託銀行の支店長が先月突然訪ねて
きたらしいです。
今までは必ず連絡があってから来ていたのですが、
身内の人間が同席したら、新しい商品に買い替えさせることが
出来ないから突然ノンアポで訪ねてきたみたいです。

老人ホームから連絡をもらい急いて駆けつけた知人(彼の息子)は、
かねてからの私のアドバイス通り、
支店長との会話をボイスレコーダーに取っていたのですが、
後でそれを聞かせてもらいさすがの私もビックリしました。

なんとその支店長は『○○様、現在ご購入いただいている商品は、
非常に配当がいいのですが、最近の世界情勢を見ると
今後大きく変動する可能性が高い商品です。

これからの事を考えると、今回ご紹介させていただく、
この商品に買い替えていただくことが財産を守る最善の方法です。
書類は全てこちらでご用意してまいりましたので、
ここに自著、捺印をいただければ、
後は全てこちらの方で処理しておきます。』と言いやがったのです。

勿論紙面の関係でかなり端折ってはいますが、
商品説明は全くしておらず、
ただただサインを求めるその強引な薦め方は酷いものです。

そもそも、3年前その支店長自身が安定的な収入とか何とか
言って売った商品を、リスクが高いから買い替えろって、
どの口が言うとんねん。

こら、MS信託銀行、大阪北部のT支店 M支店長、
お前の言葉は全て録音したぁるで。
これはどう考えてもコンプライアンス違反や!
でもやっぱり、ここまでせな支店長になれへんのかなぁ。
でも、M支店長の気持ちも少しわかるけどな。
毎日毎日自分で稼いだ訳でもないお金を持った老人たちに
呼びつけられ、機嫌を取り、偉そうに言われ、
自慢話を聞かされ、お世辞を言い、そらムカつくやろなぁ。

ちょっとくらい騙くらかしてでも自分の成績を上げようと
考えてもしゃぁないかもしれんな。
だって、平成25年国税庁の民間給与実態統計調査結果によると
サラリーマンの平均年収ってH10年からみて12%以上下がっている
(gは下がっている。)のに、
この老人たちは労せずして資産が増えていく(rは上がっていく。)
のを目の当たりにすると、
何でもかんでも買い換えさしたろって思うんやろな。

これこそ正に『実録 r>g』 ぢっと手を見る。俺は啄木か!

喜望大地特別企画クイズ大会
【 さて、文中の1ペリカって何円でしょう。 】
正解者3名様に、
『富士山経営特製ファイル』と
弊社のアイドル「みずたまりん」豪華サイン入り特製プロマイド
(3枚組)をプレゼントさせていただきます。 
どしどしご応募ください。
なお、正解者多数の場合は商品の発送をもって
発表に替えさせていただきます。

 

関連記事

  1. 神崎和也コンサルタントコラム 差押えがやってくる!さぁ大変や!どないしょう!!(給料編)
  2. 神崎和也コンサルタントコラム 『国家経営における債務超過』解消法の考察
  3. 神崎和也コンサルタントコラム 『どこまで借りるねん!』
  4. 神崎和也コンサルタントコラム 生活保護を憂うコラム=額に汗して勤労を!
  5. 神崎和也コンサルタントコラム 青山の騒動を斬る
  6. 神崎和也コンサルタントコラム もしも、○○が売れたなら、、、、、
  7. 神崎和也コンサルタントコラム どうせやったら『どっからでもかかってこんかい!』
  8. 神崎和也コンサルタントコラム シルバーデモクラシー!?
PAGE TOP