神崎和也コンサルタントコラム

マイナス金利の本質をズバッと斬る

『こら、マイナス金利で文句言うてる金融機関、ちょっとまつぼっくり!』

そもそも『マイナス金利』って、何?
私は、日本の新聞の偏向報道に惑わされないため、
仕方なく毎朝、WSJ(米)とエコノミスト(英)を
原文で読むようにしていますが、
今まで一度も『Minus interest 』という単語を
見たことはありません。

この期に及んでまたまた和製英語だったのですね。
WSJなんかを読んでいると『Negative interest rates』
と言う記述をしています。
Negative interest rates-charging banks to keep money
at the ECB-are theoretically possible,
there is a limit to their effectiveness.
(欧州中央銀行(ECB)に銀行が預ける資金から金利をとるかたちになる
マイナス金利の導入は、理論的には可能だが有効性は限られている。)
こんな感じで用いられていることが多いみたいですね。 

でも、一番最初に、『マイナス金利』ではなく、
せめて『ネガティブ金利』っていうふうに記述しておけばよかったのに、
日銀なのか、金融庁なのか、
はたまた大新聞の記者なのか定かではありませんが、
『どうせ国民はバカばかりだから、
ネガティブ インタレストというような難解な英語を
使っても理解できないだろう、
せいぜいマイナスやったらわからんこともないやろ。』
という上から目線で決めたのでしょうが、
こういう事ばかりしているから、
日本の英語教育が一向に進まない遠因になっている事を
もっと自覚してほしいものです。

ビジネスホテル、モーニングサービス、サラリーマン、
バイキング料理くらいなら昭和時代の勘違いで
済むかもしれませんが、一国の首相や中央銀行の総裁が
正しい言葉を使えない(使わない?)
なんて日本の恥です。

最近話題の『ベースアップ』もそうですね。
これなんか略して『ベア』になっていますが、
英語圏の人間が聞けば、もう何が何かわからない状態になっています。

正しくは、『base-pay increase』
日本の大学生が英語圏に留学して、
無意識にこんな訳の分からん和製英語を乱用すれば、
基本的な知性すら疑われかねません。 

新聞、雑誌で使用されているカタカナ英語は全て疑ってかかり、
原文を確認する作業を怠ってはいけないと思います。

さて、本題のマイナス金利です。
『2016年1月29日の金融政策決定会合で、
金融機関が日銀に預ける資金の金利を一部マイナスにする
「マイナス金利政策」が導入されました。

これは、欧州で採用されている、
階層毎にプラス・ゼロ・マイナス金利とする「階層構造方式」
を採用し、日銀当座預金の一部に-0.1%のマイナス金利を
適用するものとなっています。』 

そりゃもう世間は大騒ぎです。
ちょっと待てい!! 
日銀当座預金の一部にマイナス金利適用だって!
今まで当座預金に利息が付いてたって事かい、
こら聞き捨てならんなぁ!

一般の企業が銀行の当座預金口座を開くときは、
散々審査やなんやらでもったいをつけられ、
開らかせてやるっていう感じですので、
金利なんか付けてくれるはずも無い事は周知の事実です。

それなのに、それなのに、己ら(金融機関)は自分達だけ
国民の税金から高利をむさぼっていたのです。
どれだけ高利ですかって! 
マイナス金利導入前の、都市銀行10年定期の利率は、
ほぼ年0.03%で横並びでした。

これが、マイナス金利導入後の現在は、
年0.01%となっています。
それでは日銀当座預金の利率はと言えば、0.1%となっています。
右から左で10倍もの暴利を貪ってやがるのです。
それなのに、マイナス金利を理由にして、
収益の低下が見込まれると嘘をつき、ATM手数料や、
振込手数料、口座管理料なんかを
上げようと画策していますよね。

本当にこいつらのやることは、、、、
それとマイナス金利は一部適用って前述しましたが、
一部ってどれくらいか皆様ご存知ですか?

日銀HPによると2016年2月の補完当座預金口座残高(都市銀行)は、
941兆1,790億円となっております。

その内訳は聞いてベックリ! 
金利付与分   843兆5,900億円 86.4%
無金利分    122兆500億円  12.9%
マイナス金利分 6兆1,500億円  0.7%
マイナス金利、マイナス金利って大騒ぎして、わずか0.7%ですよ。

フ、ザ、ケ、ル、ナ!!!!

金利付与分に0.1%つくのだから単純計算で8,435億円
現在、都市銀行に分類されているのは、
みずほ、UFJ、SMBC、りそな、埼玉りそなの5行です。

2015年3月期の決算で三菱東京UFJ銀行の利益が
一兆円を超えたと話題になっていましたが、
この日銀補完当座預金からだけて一行あたり、
1,680億円もの利息(最終的には税金)を得ていて、
何を文句言うとんじゃい!!

マイナス金利で支払う金利はたったの61億円、
差し引いても1,618億円もの利息を日銀から貰っとるやんけ!
そもそも、当座預金の金利が、
10年物定期の10倍ってどういうこっちゃ!
責任者出てこい。

黒田総裁や阿部首相には世話になったから、
あんまり言いたくないけど、
こら銀行!舐めとったらあかんど!ええ加減にせい!

でも今回は、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、
事業再生コンサルタントみたいな雰囲気がそこはかとなく
感じられる文章になっている、
と自分にご褒美を上げたい気分です。
そやから、麻雀しに行こ。

 

関連記事

  1. 神崎和也コンサルタントコラム 『目標の立て方』は、かくあるべし
  2. 神崎和也コンサルタントコラム どうせやったら『どっからでもかかってこんかい!』
  3. 神崎和也コンサルタントコラム 私の読書法いや違う、選書法
  4. 神崎和也コンサルタントコラム 『国家経営における債務超過』解消法の考察
  5. 神崎和也コンサルタントコラム トマ・ピケティの「21世紀の資本」書評
  6. 神崎和也コンサルタントコラム 『私はおちゃめなクレーマー?』 その二
  7. 神崎和也コンサルタントコラム SMAP解散! それがなにか?を論評します
  8. 神崎和也コンサルタントコラム しっかりしてや『池井戸潤』
PAGE TOP