神崎和也コンサルタントコラム

人工透析は誰の為2

前回の内容だけでは済みません。
聖職者である医師がこんなえぐい事はしないとは思いますが、
もし、もしもですよ、病院が介護老人保健施設を
運営したとしましょう。

いったいどのくらいのお金が動くか計算して見ましょう?
単身の生活保護受給者で要介護5の患者、
(認知症であればいう事が無い。)を囲い込み、
本人の意思と関係なく、人工透析と胃瘻(PEG)を施せば、
一人当たり毎月、毎月ですよ、生活扶助(約7万円)
+住宅扶助(4万円)+医療費
(人工透析+胃瘻+その他で最低約60万円)
+介護保険料(約36万円) 合計約107万円
Wow! Fuck!

1ユニット9人として5ユニット45人の施設を経営すれば、
年間売上5億7,780万円の売上です。

正に医は算術!皆様のご近所の介護施設の経営母体を見て下さい。

大規模なところは、大体『医療法人〇〇会』となっているはずです。

てなバカな事を書いていると最近はオプジーボに続く高額医薬品
『キムリア』と言うアンパンみたいな血液ガン治療薬が
話題になっています。

一回の投与で3,347万円かかるそうです。

少なくとも私の命よりも高額なことは確かです。

キムリア以外にも、
リンパ腫治療薬「イエスカルタ」(1回約4,200万円)、
網膜疾患の治療薬「ラクスターナ」(両目1回ずつで約9,500万円)、
脊髄性筋萎縮症の遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」
(一回4億円以上)等が次の保険適用承認を待ち構えています。

なぜこんな高価な薬を健康保険で支払う必要があるのでしょう。

先週テレビを見ていたら、AT〇〇の会長が、
『キムリア等の高額医薬品は単価が高くても、対象となる患者が少ないから、
健康保険医療費全体に対する影響は軽微だ。』とかアホな事言い、
挙句に『こういうことを言っているから日本は医療後進国になってしまう。』
とのたまわっておりました。

じゃあ、お前の言う医療先進国のアメリカはどうなんだ!

公的保険でこれらの薬が使えるのか!

盲腸になっただけで200万円以上かかるアメリカより
よっぽど日本の方が医療先進国でしょう。

医薬品開発技術後進国ではあるかもしれませんが、、、、
問題はこんな高額医薬品が公的保険適用されることにあると考えます。

こんな高額医薬品は民間の医療保険でカバーするべきものであり、
公的保険でカバーすべきものではありません。

この辺にも日本医師会の陰謀が見え隠れします。

公的保険で使用する医薬品は全てジェネリックにする、
新薬を使いたければ追加費用が実費で掛かるくらいに
しなければ医療費の高騰は収まりません。

現場では寧ろ、自己負担の無い生活保護受給者には
安いジェネリックは使わない(医者が処方しない)、
自己負担が気になる低中所得者層がジェネリックを
選んでいるという逆転現象が起こっています。

これはおかしい。8個580円の『銀だこ』ですら、
ねぎマヨやてりやき味は680円になりますし、

ドミノビザでも吉野家、すき家でもトッピングを
増やせば値段が上がるのは小学生でも知ってます。

でもトッピング無料キャンペーンをすれば、
殆どの人が好き嫌いより損得で出来るだけ高い
トッピングを選ぶのは人の性です。

でも一番シンプルなソース味でも十分美味しいのは
皆知ってますし、普通はそれを選ぶものです。

これと何が違うというのでしょう。

公的保険で出す薬は全てジェネリックにする。

私は強く主張します。

決して沢井製薬の回し者ではありませんが、、、、、

こんな高額医薬品を認めてしまえば、
極々一部の悪徳医師が生活保護受給者に
積極的に投与しだすでしょう。

なにせ、彼らにはセカンドオピニオンとか
選択権はありませんから医者のやりたい放題です。

えっ!『人の命は地球より重いんだ!
神崎ってやつはなんて不謹慎な奴だ!』
とお叱りを受けるかもしれません。

でも、違うんです。

人の命も、ガマガエルの命も、
地球外生物から見れば全く同じはずです。

いや、個体数が少ないだけ、ガマガエルの方が
貴重だと考えるかもしれません。

勿論、こんな私でも自分の家族や親せき、
知り合いの命は大切だと思いますし、まぁ、
他の生物の生命より人の生命に重きを置く事に
異論をはさむ気はありませんが、
それはあくまでも人間の勝手な意見です。

昔々、『人の命は地球より重い。』と言って
テロリストに屈したバカな政治家がいました。

そんなはずはありません。

物理学的に言えば、宇宙空間における地球の重さは
ゼロ(質量は5,985,000,000,000兆トン・5?9,850京トン)
ですが、人間一人当たりの質量が、それより重い、
例えば6?トンあるとすれば、世界人口75億人として、
全体で450溝トン(太陽の2万5千倍の質量)になります。

多分、とんでもない事になるでしょう。

具体的に言えば、質量が太陽の約30倍を超えると
自己重力が中性子の核の縮退圧を凌駕
(重力の強さで中性子が潰れ始める)するため、
地球はあっという間に、
ブラックホールとなるでしょう。

アーメン。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 神崎和也コンサルタントコラム SMAP解散! それがなにか?を論評します
  2. 神崎和也コンサルタントコラム 借りてしまえばこっちのもの(ある借金社長の苦悩)
  3. 神崎和也コンサルタントコラム 歓迎光臨 マイナンバー
  4. 神崎和也コンサルタントコラム マイナス金利の本質をズバッと斬る
  5. 神崎和也コンサルタントコラム 資産家の実態とそれに群がる金融マン
  6. 神崎和也コンサルタントコラム トマ・ピケティの「21世紀の資本」書評
  7. 神崎和也コンサルタントコラム 国会の代議士のプロ根性を斬る
  8. 神崎和也コンサルタントコラム 生活保護を憂うコラム=額に汗して勤労を!
PAGE TOP