神崎和也コンサルタントコラム

最近の若者にびっくりした話 その弐

もう皆さんはお忘れでしょうが、
前回書いた飛行機の中の非常識夫婦に続く、
驚愕女子の話をさせていただきます。

いやはや、驚愕は大げさかもしれませんが、
唖然、茫然、えっ嘘やろ!

いつまで続くねん。

本当にこの女の子の親の顔や、普段の食生活を知りたいと本気で思いました。

今まで62年間生きてきて、車中で見た中で最強の女子です。

22:24関空発、なんば行の空港急行の中での
心苛立ちまくりのエピソードです。

字数を稼ぐための豆知識ですが、
裕福な方や慣れていない方は結構あの鉄仮面特急
ラピートに乗られる方が多いのですが、
関空⇔難波間の所要時間はわずか7分しか変わりません。

が、特急料金が510円必要ですので、時給3,825円以上の生産性を
稼ぎ出せる上級国民向けの乗り物であり、
私のような一般人はいつも空港急行を利用しております。

ましてやこの時間帯では、22:24発の空港急行が難波に着くのが
23:10に対して、22:35発のラピートは23:14着です。

あまり意味がありません。

唯一の難点はタイミングが悪ければ座ることができない、
という事くらいです。(ラピートは全席指定)

そして事件はこの22:24発空港急行の中で発生したのです。

前述したようにそれは事件と呼べるほどセンセーショナルなものではなく、
ひょっとしたら、それに気が付いていたのは、
自分の事は棚に上げ、他人の所作には異常に厳しい私だけかもしれません。

私の前に座っていたのは、18-22歳、大学生風の女子でした。
大きなトランクを引きずっていたので
最初は東アジア方面の方かなっと思ったのですが、
ぶつぶつ唱えている呪文を聞くと、どうやら日本人みたいです。

こいつです、この女が日本の品格を貶めてくれたのです。

今時、日本に観光に来られる東アジアの人でも車内で、
大声で喋ったり、携帯で喚いたりする人はあまりいません。

しかし、この女はハンズフリーにした状態で
関空から難波までずっーと話し続けていたのです。

それも小声で喋ったり、可愛く囁いたりといった、
周りに対する気遣いは一切なく、
ごく普通の声量で聞くに堪えない世間話を
(誰がどうした、週末はどこに)
延々と46分間話続けていました。

それだけではありません。
その間中、これまたずーっとスマホで、LINEかメールを打ち続けています。

まわりのインド人もビックリ!

いや、中国人も韓国人も、そして日本人もビックリです。

周りは一切目に入っておりません。

なんせ、46分間で彼女の彼氏の名前、いつも行くお店、音楽の趣味、
好きな食べ物、夏休みの予定等が半径5m以内の人たち全てに筒抜けです。

ナノレベルの放送局と言ってもいいでしょう。

もう一度言います。

46分間、彼女の会話としなやかな指捌きが止まることはありませんでした。

彼女の頭の左上に掲示してある社内マナー啓発のポスターから
涙がしたたり落ちていたのを、私は確かに見ました。

あー親の顔が見てみたい。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. 神崎和也コンサルタントコラム 資産家の実態とそれに群がる金融マン
  2. 神崎和也コンサルタントコラム 人工透析は誰の為2
  3. 神崎和也コンサルタントコラム 『セブンカフェで見極めるカイゼン能力』を考察
  4. 神崎和也コンサルタントコラム 『メルカリ』で、儲かってまっか?
  5. 神崎和也コンサルタントコラム 参議院議員年収3,380万円に値する活動を願って
  6. 神崎和也コンサルタントコラム かぼちゃの馬車事件
  7. 神崎和也コンサルタントコラム 『みんな』と『ふつう』 数字で見なけりゃわからない。
  8. 神崎和也コンサルタントコラム 計算が合わないぞ?翼くん
PAGE TOP